docomo、「スマートフォンforジュニア」SH-05Eを発表 まさかのWi-Fi非搭載で誰得機種に

 

docomoがジュニア層向けのスマートフォン、スマートフォン for ジュニア SH-05Eを発表した。

同時に対応プランである「Xiパケ・ホーダイ for ジュニア」も発表されている。

http://www.nttdocomo.co.jp/charge/packet/xi_pake_hodai_junior/index.html

 

まず「Xiパケ・ホーダイ for ジュニア」の概要を簡単に説明しておこう。

「Xiパケ・ホーダイ for ジュニア」は月額2980円でパケットが使い放題のプランだが、月に500MBの通信を行うと通信制限がかせられ、128kbpsの速度規制が入る。

対応機種であるSH-05E以外の機種にSIMを差して通信した場合、月額4935円へと上限が変わるので注意して欲しい。

 

「Xiパケ・ホーダイ for ジュニア」が使えるのが、「スマートフォンforジュニア」SH-05Eである。

こちらが色々とツッコミがある。以下に紹介しておこう。

 

・Google Play非対応

・Wi-Fi非搭載

(・500MB制限)

 

なんとこの機種、Wi-Fi非搭載で500MB制限のかかる「Xiパケ・ホーダイ for ジュニア」での通信しかできない誰得な仕様となっている。

SH-05E

さらにGoogle Play非対応で、おそらくこの機種がターゲットとしている年代が大好きなゲーム用途に全く適していない仕様に拍車をかけている。

 

ジュニアスマホという発想まではいい線を行っていたdocomoであるが、Wi-Fi非搭載という斜め上の発想が全てを台無しにしてしまったようだ。

SH-05Eには今後のキャッシュバック機種として注目をしていこう。


PAGE TOP