iPhone4S 16GBの買取価格がついに定価超え! 買取価格38000円を超えるところも

 

ついに携帯白ロム買取店のiPhone4S買取価格が定価超えを果たした。

香港・大陸需要と円安効果が重なり、ここ数日上昇中であったiPhone相場であるが、ついに37000円~38000円の値をつける買取ショップが出てきている。

これによりSoftBank版のiPhone4Sの定価を買取価格が超えた形になった。

 

SoftBank版iPhone4Sの定価は現在35520円となっている。

既に数日前に買取価格は36500円と定価超えをしていたが、ほとんどの買取店ではiOSのバージョンが6.0以降のものは買取価格が1000円マイナスされていた。

現在SoftBankのiPhone4Sで市場に流れているほとんどがiOS6.0以降のものなので、これまでの買取価格では定価超えまであと20円足らない状況であった。

 

1月15日に発表された各携帯白ロム買取店のiPhone4Sの買取額では、37000円超えの価格をつける店舗が出始め、これによりiOS6.0による1000円引きをされてもSoftBank版のiPhone定価額をめでたく超えることとなった。

 

一部店舗を紹介しておこう。

トゥインクルモバイルさんは37000円(タイトルの価格と本文内・HP上の価格が異なる。本文・HP上は37000円)

http://blog.livedoor.jp/twinklemobile/archives/22349631.html

ケータイマップさんは38000円

http://www.keitai-map.jp/

どちらもiOS6.0以降は1000円のマイナス査定となるので注意してほしい。

 

15日には経済再生担当大臣の甘利氏の発言により、円安傾向は一時ストップしたものの、中国の春節が迫っていることからiPhone4S自体の大陸価格も上昇しており、しばらくは37000円前後の買取価格は維持できるものと思われる。

iPhone4Sの在庫を持っている人はぜひとも手放すタイミングを見極めて欲しい。


PAGE TOP