docomo、2013春モデルであるARROWS X F-02Eをまさかのご愛顧割機種に Xperia GX SO-04Dも

 

docomoが休ませてくれない。

4月の大幅値上げにより、多くのプロ契約者が冬眠の準備を始めていた中、その眠りを叩き起こす驚きのご愛顧機種追加施策を打ち出してきた。

4月5日から新たにご愛顧機種として2台のスマートフォンが追加される。一つはXperia GX SO-04D、そしてもうひとつは2013年春モデルラインナップの一つ、発売からわずか43日のARROWS X F-02Eとなった。

 

今回のご愛顧/ダイレクト割による新たな価格は以下のようになる。
注目のアローズは一括価格79800円からの4万円近い大幅値下げでの提供となる。

f04e

ARROWS X F-02E
新規29400/機種変更39480円

Xperia GX SO-04D

Xperia GX SO-04D
新規19320円/機種変更29400円

SH-06D

AQUOS Phone SH-06D
新規14280円/機種変更24360円

 

 

「ご愛顧入りだ!」といってもARROWS X F-02Eの機種変更価格は4万円近い設定となっている。月々サポートがない状態でのこの価格設定は一般・プロ共に中々厳しい価格設定になるだろう。Smarket(スマーケット)買い取り額は記事執筆時で43000円と高額を維持していることから、うまく案件を見つけることができればチャンスが出てくるかもしれない。
MNP一括0円案件は同価格で設定されているGALAXY S3αでみられているため、おそらくARROWS X F-02Eでも同様に出てくるものと思われる。3月案件を逃してdocomoに枠のある人はこちらの機種に一括0円でMNPしてしまうのもいいだろう。今後しばらくは2月3月のような大きな祭りは来ないものと思われる。40000円台で買取可能な機種が0円で手に入る可能性も少ないため、ここで妥協してしまってもいいものと思われる。

Xperia GXについても高額買取(スマーケット:24000円)を現状維持しているため、案件によっては気温とは正反対に寒くなってしまった4月を乗り切るには十分な成果をだしてくれる可能性がある。機種変更価格が若干安めなので量販店のセールなどを期待したいところだ。こちらはMNP一括0円はもちろん、キャッシュバックを狙える設定額なので機種目的で購入する人には非常に安い費用で買えることとなるだろう。

また、同時に誰にも見向きされそうにないSH-06Dのダイレクト/ご愛顧割価格が値下げされている。もはや需要があるのかどうかわからないが、エヴァスマホもどきを持ちたいというのならば安くなったことなので購入してもいいだろう。リアカバーのみ交換すればそれらしく見えるだろう。

 

 

何ともおかしなタイミングでご愛顧値下げをしてきたdocomo。特に発売わずか43日のARROWS Xをこの早さで値下げしてきたのはその意図を掴みきれないところだ。新年度ということで新生活を送り始める学生・社会人に対して、入学・入社祝いのご祝儀価格で最新スマートフォンを提供してくれるというあたたかい気持ちが隠されているのかもしれない(適当)。

 

ご愛顧割対象端末は月々サポートが消えているのでご注意願いたい。


PAGE TOP