docomo、6機種のデビュー割増額 MNPキャッシュバック施策も今月まで?でこれが最後の買いどきか

 

もはや何度目の価格改定かわからなくなっており、若干飽きた感がでてきているが・・・。

 

 

docomoは3日よりダイレクト割の割引額を変更、新規購入時に適用されるデビュー割が一部端末において増額され、これまでよりも安く買えるようになった。

対象端末は今後MNP時にキャッシュバック増額やオプション条件緩和などの動きが見られるかもしれない。

デビュー割増額対象となったのはSC-03Eを含む6機種。FOMA端末が軒並み9240円という価格設定になった他、Xi端末ではHW-01Eも9240円とガツンと投げ売り価格に落とされた。

 

変更後の価格は以下の通り。対象機種は5000円ほど値下がりしている。

SC-03E

GALAXY S III α SC-03E
新規14280円

L02E

Optimus LIFE L-02E
新規14280円

hw01e

Ascend HW-01E
新規9240円

SH10D

AQUOS PHONE sv SH-10D
新規9240円

F12d

らくらくスマートフォン F-12D
新規14280円

SH-06D

AQUOS PHONE SH-06D
新規9240円

 

SC-03Eの値下げが今回の注目点か。新規一括0円を求めていた人にはいいかもしれない。

 

 

 

 

docomoは7日以降MNPにおけるキャッシュバック額をこれまでの規模よりさらに減額する予定、さらに6月からはキャッシュバック自体が無くなる?との噂があるので、枠のある人はこのGW中がオトクに買える最後に近いチャンスとなる可能性が高い。

今回のSC-03Eの値下げによりMNPによる購入で全体的にCB5000円増額や一括0円が復活しているものの、GW以降または6月以降は買い時と呼べるタイミングが無くなってしまうことも考えられる。

最終的な判断は個々に任せるものとなるが、docomo音声枠が余っているようならば早めに枠を埋めてしまっても後悔はしないはずだ。



Post A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です