【悲報】docomo、MNPキャッシュバックが完全終了

 

1年以上続いていた「負け組」docomoのMNPキャッシュバック施策であるが、ついにこの6月に完全終了となってしまった。

かねてより各併売店での告知があったように、6月に入りTwitter上で確認できるdocomo案件は皆無。最もキャッシュバック額が高いキャリアはSoftBankという事態になっている。

6月からは各社基本料無料キャンペーンをそれぞれ開始しており、キャッシュバック時代が終わりその原資を基本料無料特典へと回していく形になりそうだ。

テレウェーブさんのブログでは5月中に6月からのキャッシュバック減少規模を予告しており、その額2万円以上とのことだった。

6/1(土)~ドコモへのMNP2万円以上値上がりになります!!お急ぎください

実際に現在出てきている案件を見てみるとその値上がり具合はすさまじいものがある。


ダイレクト割機種の中で最も人気の高かったSC-03E。5月にはMNP一括0円+キャッシュバック1.5~2万円が関東の相場であったが、6月に出てきた案件はなんとMNP一括0円どころか5250円!しかもコンテンツ10個付き。
6月に入りダイレクト割の割引額が減り、5000円ほど値上がりしたことも関係してくるが、5月と比べるとおよそ3万円近い「値上げ」となっている。

 

6月からのdocomoはau、SoftBankに合わせるように基本料無料キャンペーン「お乗りかえXiスマホ割」を新たに展開。
docomo、3円維持(?)キャンペーン「お乗りかえXiスマホ割」を6月から開始
MNP加入者に対しては月々サポートの増額による実質0円施策と基本料780円を1年間無料にする通信費削減特典で勝負する方向へ転換するようだ。

ドコモ、他社からの乗り換え値引きを利用料割引に統一

今後は3社共通でキャッシュバックという現ナマ特典よりも高い高いと言われる通信費への還元という形で利用者へ訴えていく形にシフトしていくことが見て取れる6月になっている。

 

 

一時代を築きあげた携帯契約界隈は、今回のdocomo終焉と共に暫くは静かになっていくことだろう。
現状まだまだauとSoftBankでiPhone5が投げ売りされてはいるため、そこそこの盛り上がりは維持していける。ただ今後はよほど大きな動きが出ない限り、CB付き案件復活はならないかもしれない。

今後この状況が変化するとしたらdocomoからiPhone、もしくは社長交代がおきて方針転換といった事象になるか。
わりとdocomoからiPhoneも、auかdocomoの社長あたりが何となく責任をとってどうにかなっちゃうことも昨今の携帯界隈の流れを見るとありそうではあるので、7月以降に動きがあるのを期待したいところだ。


PAGE TOP