一度MNP後、出戻りで同じアドレスのキャリアメール(@ezweb,@docomo)を使うための猶予期間

 

未だに携帯各社のキャリアメールに縛られている人は多いと思う

MNPなどで携帯を変えたいが、メールアドレス変更の連絡などを古い友人に送るのが億劫であるという人は私に限らずいると思う

わざわざGmailのアドレスを教えるほど連絡を取りあっているわけでもないし。。。と

そんな人のために、今回はキャリアメールアドレスを出戻りで再所得するための期間をお教えしたい

尚今回はauとdocomoの再取得期間について紹介している。SoftBankについては調べていないのであしからず

 

auの場合

auの場合@ezwebアドレスを出戻りで再取得するには90日以内に同じ電話番号でMNPで転入する必要がある

これについてはau側が公式に期間を発表している

au出戻り

 

docomoの場合

docomoの場合@docomoアドレスを出戻りで再所得するための猶予期間は公表されていない

私の経験になるが、55日での再転入は再取得可、73日での再転入では取得不可であった

このことからおそらく2ヶ月、60日以内に同じ電話番号でMNP再転入が期間として有力だ

※正確な期限については公表されいないため、仮に出戻りで転入する場合はなるべく早く転入して欲しい

 

※出戻りによりキャリアメールアドレスは再取得できるが、その間に他の人にメールアドレスを取られた場合は使えなくなるので注意

※出戻りに使うMNPの踏み台は日本通信やプリペイド携帯がいいだろう

 

この方法を使えば、auやdocomoのMNPによる恩恵を、キャリアメールに縛られたメイン回線に与えることが出来る

ご存知のように現在MNPによる転入には機種変更とは比べ物にならない優遇措置がなされている

キャッシュバックはもちろん、端末代が一括0円であったり、毎月割・月々サポートがMNPのみ増額されている

特に毎月割・月々サポートの増額を今回紹介した方法でメイン回線につけることが出来れば

メイン回線でパケットを開放し持ち運び端末を減らしたり、電話代を気にする必要がないほどの無料通話分を得られるのだ

ぜひこのキャリアメールアドレスの出戻り再取得方法を利用して、メイン回線の強化を図ってもらいたい


PAGE TOP