最近のdocomoさんと7月からのdocomoさんについて

 

個人的にはL‐05E発売ぐらいしか盛り上がりのなかった6月のdocomo。

記事にして紹介するほどの大きいネタはなかったのだが小ネタが溜まってきたのでここらで一旦放出。

過去のdocomoの動きに比べるとあまりにもお寒い内容となってしまうが・・・。

21日からインセ増額も

6月に入って全く息をしなくなっていた我らがdocomo。地方ではそこそこ妥協出来る案件はあるようだが、関東管轄のdocomoでは全くと言っていいほどの無風状態(突発的な機種変更案件はあったが)。docomoは18日の株主総会を乗り越えたあと21日からインセンティブを増額しているとのことだったのだが、関東管轄のdocomo案件に目立った変化はなく、docomo案件を掴もうとするならば北や南への遠征必須な状況となっている。
今後は関東での契約は諦めて複数回線の空きを作った上での遠征がプロとしての活動方法となるだろうか。

 

 

 

カムバッククーポンの条件が変更

ネット&某ピンク色のユニホームの店員情報ではカムバッククーポンに利用開始期間に制限が出てきているとか。
既に手元にドコモインフォへいける解約回線がないため、6月最終日発射予定の回線において確認後改めて紹介したい。

 

 

7月からは復活の兆し?

6月は低調に終わったdocomoであるがPCサテライト秦野店さんが既に7月からのdocomo案件について一部つぶやいている。それによるとdocomoは7月から少し盛り返しそうな雰囲気が感じられる。

このつぶやきによれば7月から機種変更で安い機種(ご愛顧割増額?orご愛顧追加機種?)がでてきて、MNPでも「最大」との表記があるものの30000円という額のキャッシュバックや値引きが行われるという。まだまだ情報は少ないものの、関東圏においてMNPで30000円近い値引きなどは千葉の一部店舗を除いてほとんど存在していないため、わずかながら期待したいところだ。

一方でこのようなつぶやきもあるが・・・信頼度ではPCサテライトさんのほうが上だろうか。

 

6月からdocomo関連では閑古鳥が鳴いていたが、7月からは少し話題が出てきそうな要素が確認できている。現状携帯契約業界はiPhone5のワントップ頼みなので、今後のdocomo復活を願うばかりだ。


PAGE TOP