SoftBank、MNP特典として「バンバンのりかえ割」を開始 「スマホタダ割」から名称変更

 

SoftBankは18日からMNP特典として「バンバンのりかえ割」キャンペーンを開始する。

http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2013/20130716_03/

2年間の基本料無料キャンペーンを含む3つの特典が選べるようになっている。

これまでもSoftBankでは「のりかえ割」「スマホタダ割」とMNP特典としてキャンペーンを実施していたが、今回の「バンバンのりかえ割」も名称を変更しただけでほぼ同じ内容と捉えて問題はないだろう。

スマホタダ割時代と比べると選択可能な特典が増えている一方で、ポイント特典内容が改悪されているのが気になるところだろう。ポイント特典としては2年間で4800ポイントの減少となっている。

 

スマホタダ割

  • ホワイトプラン基本使用料2年間0円
  • SoftBankポイント28800pt付与

バンバンのりかえ割

  • ホワイトプラン基本使用料2年間0円
  • SoftBankポイント24000pt付与
  • SoftBank Health Care月額基本使用料2年間0円+ホワイトプラン基本使用料1年間0円

 

適用条件は相変わらず。
S!ベーシックとフラットプランは必須になっている。
また今回も前回のスマホタダ割で改悪されたフィーチャーフォンには適用できず、スマートフォン端末のみがキャンペーン対象だ。

 

微妙に改悪されただけでほとんど同じような内容を名称変更してキャンペーン化&新たに宣伝するというSoftBankらしさのでているやり方だろう。回線を寝かす人にはこれまでどおり全く関係の無くなったMNP特典である。

18日から始まるSoftBank Health Careサービスは元々月額525円のサービス。しかしこちらは解除料として7500円かかるというスマテレの悪夢再来となっている。販売条件にこちらがあるようならお断りしておいたほうがいいサービスの1つだ。

 

同時に発表された18日からのキャンペーンを以下に。

MNP限定、4G機種限定、8日間以内なら返品可能というキャンペーンを開始とのこと。MNPで乗り換えているのに返品とはかなり思い切ったキャンペーンである。MNP先のキャリアとの連携をとらないといけないわけだが、他社のキャンペーンのために手間をかけさせられるというのも酷な話だ。

またSoftBankショップでスマホやケータイを見せるだけでインスタントカレーが貰えるガチ乞食仕様のキャンペーン、「バリバリつなガレー」も始まるようだ。提示する端末はSoftBank以外の端末でも可能。
1人1個なのか端末の台数分貰えるのかそこら辺の詳細はわからないものの、本気を出したらカレータワーが作れる可能性もあるだろう。ぜひ在庫を枯らしてネット上にupしていただきたい。


PAGE TOP