純新規一括0円!EMOBILE「GL07S」が端末代タダ+2130円でネットし放題 白ロム+格安MVNO SIMよりお得な案件が復活

 

6月末に抱き合わせ無しの純新規一括0円で登場したEMOBILEGL07S案件。

EMOBILEのGL07Sは通常MNPでも21000円引きが平均的で、たまにMNP一括0円でやっている店舗がチラホラと現れるだけであった。それが6月末に、突如として純新規一括0円という案件が一部店舗で出てきていた。

7月に切り替わった時点でこれらの案件は消滅し、新規においては抱き合わせ付きで0円もしくは2台目だけ0円といった案件に劣化してしまい、購入に値する案件はMNP一括0円程度のものしか出てきていなかった。

ところが7月もあと2日というこの最中、待ちに待った純新規GL07S案件が再び復活してくれたようだ。パケット通信料やスマートフォンを安く手に入れたい方は非常にお得な案件なので、短期間ではあるもののぜひ狙ってみて欲しいと思う。

 

 

白ロム+MVNOを用意するよりお得

 

このGL07Sの純新規一括案件の何がお得かと言うと、そこそこ高性能なスマートフォンがタダで手に入るだけではなく、毎月2130円でネット使い放題&音声契約付きの回線が利用可能という点にある。
運用費に関しては一括購入の場合月額割引が本体代分の料金と相殺されないため、パケット料金からダイレクトに割り引かれ以下のような計算になる。

LTE電話プラン 980円
LTEスマホ割 ▲980円
データ定額5 3880円
月額割引 ▲1750円
合計 2130円

 

端末代が一括0円とタダ、ネットもLTE対応の高速通信回線を利用可能で2130円ということで、格安スマホ運用の定番と化している白ロム+MVNO SIMを一揃えするよりもお得であろう。似たようなスペックの白ロムスマートフォンになると安くても2万円前後かかり、それを980円で200kbpsもいかない低速回線で持つよりもGL07Sを0円で購入しLTEの高速回線を2130円で利用した方が快適さでは敵わないはずだ。(しかも音声契約もついてくる。)

前回の記事でMVNOよりやすい830円回線の紹介をさせてもらったが、こちらはMNPという若干一般の人には敷居の高い方法であった。だがこちらは純新規契約のため、免許証などの本人確認書類とクレジットカードさえあれば、MNPのような複雑な手続きをしなくても簡単に契約出来てしまう。契約の手間はMVNO SIMを開通させるのとほとんど変わらないはずだ。

安くスマートフォンを持ちたいと考えている方で白ロムの購入から始めようと考えている方は、こちらのGL07S契約も一つの選択肢にいれておいてもらいたい。なお最低維持費はLTE電話プランのみの運用で980円とか。

 

注意点

 

契約時の注意点

この案件を契約する際の注意点としては店によって大きなばらつきが出ているところだ。
純新規に限らずMNPにおいても案件に2万円前後のばらつきがあり、購入店舗を見定めないと購入金額に大きな差が出てしまうことだろう。

他にも純新規で提供する変わりに抱き合わせで別のEMOBILE回線を契約する必要が出てくる店がそこそこ出てきている。そうした場合は2130円の運用費が値上っていたりする場合があるので注意が必要だ。

また運用費が2130円になるにはデータ定額5という契約プランになるのだが、別の契約プランで3000円台に跳ね上がるものが存在している。そちらだと解約金も高く、維持費的にもそれほど美味しくないので避けたほうがいいだろう。

6月末に観測した限りでは純新規一括0円案件は関東・関西どちらでも行われており、関東では中央線沿いのショップで案件が集中していた。7月末の現時点ではケータイショップNO.1さんだけが告知をしているが、数日前には携帯の王様グループが新規9800円で出すなどいい動きを見せていたので、お近くにお店がある方はそちらを覗いてみるのもいいだろう。
またTwitterアカウントを持っていないEMOBILEショップも一つの狙い目かと思われる。

 

GL07Sの注意点

GL07Sは性能的に言えばGALAXY NEXUSにファーウェイ独自のチューニングを施し変な個性を持ってしまった端末、と言うような感じだ。操作性に問題はなくスクロールでの引っ掛かりも気にならないレベルであるし、端末の軽さとサイズ感は片手持ちで扱うにはちょうど良い出来だ。滑りやすい加工がされてるので取り扱いには注意したい。
性能的には最新モデル級とはならないまでも、安定してAndroidが使えるレベルではあるので、下手に安い型落ち白ロムを買うよりも満足はできるはずだ。

このGL07Sの唯一の注意点としては、アップデートが地雷と言うことだ。
ネット上でもアップデート後の不具合が報告されているが、自分のGL07Sもアップデート後は頻繁にパケ詰まりからの復帰不可能問題に直面し、準文鎮端末と化してしまっている。SoftBank3Gが使えるようになった2度目のアップデートでこの症状が回復している人もいるようであるが、自分の準文鎮化したGL07Sにおいては回復の兆しは見えなかった。なぜ未だにアップデートをEMOBILEが配信しているのかは謎であるが、この辺りGL07Sを利用しようとしている人は注意が必要だろう。

 

 

純新規での一括0円案件が再び出てきたということで今回紹介させてもらったが、条件等はこちらでは確認していないため購入する際はしっかり条件確認をしてからにしてもらいたい。EMOBILE案件は内容が店舗によって大きく異なるため、上のほうのプランで契約不可であったり、余計な契約やコンテンツを付けられるようなら避けたほうがいいかもしれない。

docomoの純正月サポ回線を持っている人には今回の案件はそれほど魅力は無いかもしれないが、MNPなどめんどくさいと思っている方には端末も無料になって2130円で電話付きネット定額回線が手に入るのはいいのではないかと思う。特に中高生に適当に持たせるスマホ&回線としては十二分な性能を持っているため、進学・進級するまでは適当にこちらのセットを渡しておくのもいいだろう。

大学生や社会人になるタイミングでdocomoへとMNPすれば完璧だ。


PAGE TOP