iPhone5の定価が40,320円に値下げ 在庫処分加速で買取価格への影響は・・・

 

ついに発表されたiPhone5s/c。docomoの取り扱い開始、auの800MHzLTEに対応、中国移動でも秋ごろ発売有力と、広く普及する要因を揃えた新しいiPhone5になりそうだ。製品の話題だけでなく、各キャリアの販売施策でも今後の携帯業界の話題をしばらくはリードしていくことだろう。

といっても今回この場で扱う話題は新型ではなく旧型のiPhone5についてだ。それもiPhone5の価格のお話。一時の買取価格50000円という狂騒も今は昔。多すぎる供給量と5s/5cという競合商品を前にして、流石のiPhone5も今や43000円前後という買取価格まで落ちてしまった。

現在iPhone5の在庫を大量に抱えている人にとって、この買取相場の変動は気が気でない状況であろう。iOS7周りのロック機能や中国での販売方式といったなんらかの要因がプラスに働き、相場が戻ってくることを期待している人もいることだろう。

だがそんな相場上昇を望む方々にとっては残念かもしれない、相場が下がりかねないニュースがau(およびSoftBank)から舞い込んできた(普通にiPhone5を安く買いたい人にはいいニュースなのだが・・・)。なんと毎月割(月月割)が現在の2140円から減額されるという。毎月割が下がるということは、「実質0円」で販売されているiPhone5においては定価が下がるということであって・・・。

 

13日から5s発売に備えた施策の一つとして、auとSoftBankはiPhone5の定価を値下げする。毎月割が2140円から1680円へと下がり、これまでの定価51360円から40320円までその定価を下げてきた(iPhone5 16GB)。機種変更でも一括でこの価格で購入が可能だ。

この機種変更でも一括40320円で買えてしまうというのは、iPhoneの白ロム相場に大きな影響を与えるだろう。このiPhone5値下げの少し前にHTCの最新モデルHTC J Oneの値下げが行われており、一時的に定価が買取価格よりも安いという状況が生まれていた。もちろんそうした状況が長続きすることはなく、定価機種変更で大回転という大量の在庫刈り取りが行われ、44000円という高額買取を維持し続けていたHTC J Oneも今や38000円ほどと定価を下回る買取価格をつけられている。

 

iPhone5相場は下がる?

 

同じ状況がiPhone5においても十分考えられる。海外からの需要が5s/cを前に不明確ことや、プレイヤーの増加で買取価格が上昇した瞬間に多くのiPhone5が白ロム買取店に持ち込まれる可能性が高い。こうしたリスクとも言える事態を避けるためにも、買取店は定価以下へとその買い取り額を下げる可能性がある。特にこの週末はiPhone5に3万円以上のキャッシュバックがついてくる史上最高に狂った案件が始まるため、相当数のiPhone5の白ロムが生まれることが予想される。

EVO3D祭り再来!MNP一括0円のHTC J One HTL22に5万円近いキャッシュバックがのる事態に iPhone5にも3万円

また中国最大手のキャリア、中国移動でもiPhone5s/cの取り扱いが予想されることも影響を与えるだろう。日本で買取されるiPhoneは主に中国方面へと流れていたが、最大手でのiPhone取り扱い開始(9月20日には間に合わないそうだが)はそうした状況をある意味不要にさせる変化だろう。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130912/504182/

 

iPhone5相場は上がる?

 

一方で好転する要因っぽい情報も入っている。久々に蔵zouさんが面白いつぶやきを行っていた。中国でのiPhone5s/cの価格を伝えている。この高い価格では今後も一定のiPhone5需要があるかもしれない。

 

 

また日本でのiPhone5もキャリアの在庫限りとなっているようで、しばらくすれば希少価値が出てくる・・・かもしれない。

http://news.mynavi.jp/news/2013/09/11/281/

 

 

買取が下がるだ上がるだ日和見予想で申し訳ないのだが、最終判断は今回提示した要因から各自が下して欲しい。とりあえず機種変更でHTC J One同様に購入しやすい値段になることは確かだ。

SoftBankとau共にオンラインショップから購入可能。SoftBankの場合は2段階制のパケットプランでも機種変更可能なようだ。

ソフトバンクオンラインショップ

量販での機種変更はフラット縛りの可能性もあるため、それを避けるためにもオンラインショップでの購入も一つの手だ。どうせSoftBankは最短1ヶ月に1回(クレカ払い時)しか機種変更出来ないので。auの場合は毎日機種変更も可能なので、オンラインショップは利用しない方がいいだろう。タイムロスは避けたい案件故に。

iPhone相場によってはこの値下がりで大きな祭りになるかもしれないが・・・果たしてどうなるだろうか。ぜひとも日本の供給力に大陸需要が耐えていただきたいところである。


PAGE TOP