docomoのiPhone5cが収穫時期に MNP一括0円+複数台でCB付き案件開始

 

千葉方面の一部の店舗を除き、MNP一括価格が安定していなかったdocomoのiPhone 5c。プラスiPhone割などの条件で一時はMNP一括0円もすぐそこというレベルにまでなっていたがそこからまさかの値上がりを見せ、SoftBankやauがキャッシュバック付きでばら撒いている中で0円落ちは一部の店舗・一部の週末のみといった動きをしていた。

ようやくこの3連休から再びdocomoのiPhone 5cは値下げ方向へ舵を切るらしく、auやSoftBankに遅れることおよそ2ヶ月でやっと単体MNP一括0円がかなり広範囲で確認できるようになってきた。

たとえdocomo回線と言えど今更iPhone 5cがMNP一括0円になってもあまり心には響かない案件ではあるものの、現在のdocomoの状況を考えるにそれでもマシな案件の部類に入るのでお伝えしておきたい。

 

今回のiPhone 5c案件、単体ではほとんど魅力がない内容ではあるが、現在docomoが展開している家族キャッシュバックキャンペーンと合わせると、この時期にしては充分妥協可能な案件にはなりそうである。

2台以上同時で1万円キャッシュバック増額、3台以上で2万円のキャッシュバック増額が行われるdocomoのキャッシュバックキャンペーン。これと併用することでiPhone 5cもそこそこ魅力的なMNP案件になってくれる。3台同時にiPhone 5cへMNPすることができれば一括0円+20,000円分のキャッシュバックが1台につき貰えるという案件がこの週末に多く生まれている。

この案件、店舗や地域によってかなり条件にばらつきはあるものの、3台で一括0円+30,000円~60,000円キャッシュバックという内容は見つけやすいものになっている。一応九州の方でも同様の案件状況であるというのは蔵zouさんが報告してくれているので、全国的な広がりを持つ投げ売りになっていそうだ。

 

 

ご存知の通り・・・かどうかはわからないが、docomoでは12月から0円機種(ダイレクト割機種)へのキャッシュバックを取り止めている状況にある。MNP一括0円に更にキャッシュバックがついてくるというのは12月に入ってからはジョイネットなどのどうかしている併売店以外では全くと言っていいほど出てこなかった。

docomoが月サポの無いダイレクト割機種に対するキャッシュバックを終了

今月のdocomoは慢性的なMNP案件不足であったため、たとえiPhone 5c・たとえ3台同時であろうと、大寒波が襲ったこの12月のキノコ王国においては暖かすぎる配給内容であると言えよう。docomoの枠が埋まっている場合も、充分な契約期間を経ている回線についてはauやSoftBankが今月は十分過ぎる内容であるため、逃がし先に困ることは無いはずだ。あとはdocomoへ3回線転入できる回線さえ確保できれば、この12月の最悪な状況の中での活路になってくれるのではないだろうか。

 

3円維持あるいは3,255円運用で

iPhone 5c回線も3台同時に契約しても維持費はほとんど気にならないレベルのものだ。MNPの契約ゆえドコモへスイッチ割の対象となるため、オプションやパケット定額プランを外すことで3円維持が可能だ。3円維持期間は1年のみであるが、それでも維持費を気にしなくて済む状況ができるのは案件的に安心できるのではないだろうか。

フラット定額プランで利用した場合も、iPhone 5c 16GBの場合月々サポートが2,520円(プレミア購入時)なので月3,255円で運用可能となる(キャンペーン中で1年間だけさらに525円毎月値引き)。


PAGE TOP