2014年学割 docomo・au・SoftBankのまとめ

 

主要通信事業者となるdocomo・au・SoftBankが学割の要項を既に発表している。申し込み受付時期はどこも2014年1月からになるが、2013年度中に3キャリアがその内容を発表するのは珍しい早さでのことだろう。

まだ学割の基本的な内容しか発表されてはいないため、受付開始までにさらなる追加施策・連動施策があるものと思われるが、ここでは比較・・・とまではいかないが各キャリアそれぞれの学割内容を大雑把にまとめてみようと思う。

現在発表されている学割内容については以下の通り。

報道発表資料 : 学生のお客様とご家族を対象としたキャンペーン「ドコモの学割2014」を実施

〈お知らせ〉 学生のお客さまとご家族を対象にしたauの「学割」キャンペーン実施について | 2013年

学生・お子さまとその家族の基本使用料が3年間無料! 「ホワイト学割with家族2014」を実施

学割内容 docomo au SoftBank
学生
基本料無料期間
3年間 3年間 3年間
対象購入方法 新規・機種変更・MNP 新規・MNP 新規・MNP
家族
基本料無料期間
1年 MNP:3年
新規:1年
MNP:3年
新規:1年

 

その他事項

12月27日までの判明分

docomo

  • 「dビデオ」「dアニメストア」「dヒッツ」から2つ以上を契約する事で、3ヶ月間の間、速度制限がかかる通信量が1GB分増加される。
  • 2013年6月以降に契約の既存契約者のみ機種変更で学割適用可能。

追記分

  • 春の学生スマホ割を同時展開。対象は22歳以下あるいは応援学割2012以降が適用されている既存契約者。月々サポート対応のAndroidスマートフォンを契約した際に月々サポートを10,080円分(420円×24ヶ月)増額する。iPhoneは対象外。「はじめてスマホ割」「ありがとう10年スマホ割」と併用可能。併用時は最大30,240円の月々サポート増額となる。

au

  • 特になし

追記分

  • 学割適用者には2014年12月までauスマートパスが無料に。
  • U25家族セット割を開始。学割関係なく25歳以下のau利用者が本人とその家族合わせて2台以上購入した場合、それぞれのスマートフォンの本体価格から10,500円を値引きする施策。ただしiPhoneへの機種変更では5,250円のみ。機種変更で適用する場合は前回機種変更時から6ヶ月が経過していることが必要になる。MNPではキャッシュバックの増額が期待できる施策になるだろう。

SoftBank

  • 特になし

追記分

  • 「学生家族まるごと割」を開始。「ホワイト学割with家族2014」適用者と同時に家族がスマートフォンを購入する場合、それぞれのスマートフォンの本体代金から最大10,500円を値引きする。「家族」が「iPhone」へ機種変更する場合のみ割引きは5,250円止まりとなる。

 

12月26日にdocomoの学割が発表された事で、年内で3キャリア全ての学割の要項がプレスリリース上で確認できる状態になっている。

一応まだプレスリリース段階のため、キャンペーン間際で様々な施策が追加されると信じて今後は上記の特筆事項欄に追記をしていく予定ではある。あまりにも発表時の学割キャンペーン内容が例年に比べて酷すぎるため、これで終わりではないと信じたいのだが・・・。

docomoの学割内容が今年のものと比べると驚くほどに劣化しており、これもiPhone効果()かと悲しくなるばかりだ。今年はパケット定額プランの料金を1,050円引きしており一人勝ちの学割施策だなんてお伝えしたが、

2013年学割比較 docomoが一人勝ち、auは機種変更に適用不可、SoftBankは抱き合わせ販売

来年のものは(現時点の発表で)基本料無料特典ぐらいしか目立ったものはなく、それ以外の特典として挙げられるのが、「dビデオ」「dアニメストア」「dヒッツ」の内2つのコンテンツ加入で3ヶ月間速度規制がかかる通信量に1GB分の余裕が生まれるというもの。恐ろしくどうでもいい特典であるが、この特典が現時点では学割特典として前面に出てきているというところに、来年の学割へのがっかり感を強く感じてしまうところだろう。

またdocomoのみ学割に機種変更を適用対象として設けているが、これが2013年6月1日以降に新規契約した既存回線のみの対象になっており、単純に6ヶ月以上契約している回線については他2キャリア同様に機種変更での学割適用ができなくなっている。今年はauのみが機種変更への学割を非適用にしていたが、来年は実質的に3キャリア全てが機種変更からの学割適用ができなくなっていると考えていいだろう。

おそらくは受付開始と同時に特定条件下で値下げ施策などが発生するものと思われるが、現時点では基本料金が3年間無料である事以外は3キャリア似通った内容になっている。

 

今年の学割期間中にiPhone 5が学割適用でMNP一括0円になったため、来年の学割期間中にもいよいよiPhone 5sの学割MNP一括0円が始まる事が予想される。既に一部の地域や一部の店舗において軽めの条件でSoftBankやauのiPhone 5sが一括0円ではあるが、これが広い範囲で観測できるようになる日も近くなりそうなところが唯一の楽しみだろうか。


PAGE TOP