IS01回線の更新月ラッシュ!9月更新月の人はIS01回線をこう使え!

 

9月よりIS01回線が更新月に入る人が大勢いることだと思う

IS01

更新月ということで、解約orMNPに必要な解約金9975円がかからない貴重な1ヶ月が始まる

ここでは解約金がかからないIS01回線を少しでもお得に利用する方法を考えていきたい

 

ポイントをもらおう

auでMNP予約番号を発行しようとすると、まれに引き止め策として10000ポイントを無償で貰うことが出来る

前回の記事でauの引き止めポイントについて紹介しているので参考にして欲しい

au、MNP引き止めポイント(1万円分)の貰い方

IS01回線をお持ちの方はぜひ解約orMNPをする前に、この引き止めポイントを獲得しておきたい

ポイントは機種変更の他にもauショッピングモール、ヤフー、楽天などでも使うことが出来るので、1万円分の買い物が可能だ

 

 

機種変をしておこう

IS01回線を解約する前に、auの他のスマートフォンへの機種変更をしてみてはどうだろうか

auでは現在EVO3DやIS11T、IS12Tといった機種が機種変更一括0円~4800円で投げ売られている

スマートフォンとしては格安な部類であろう。一括購入&機種変更であるため2年縛りが再度かかるわけではないので安心して欲しい

ヨドバシカメラやヤマダ電機などの家電量販店ではこれらの機種が主に休日に安くなるので狙ってみてほしい

※訂正:更新月の機種変更は誰でも割も更新されてしまうため、機種変更した後に解約をしようとすると解約金がかかります。そのため機種変更をしようとする場合は更新月の前月までに済ましておいてほしい

※再訂正:機種変更による誰でも割再設定は現在ではおこなっていないとのこと(157で確認、9月11日時点)

※誰でも割解約予約をしている場合は再設定になりますのでお気をつけ下さい

 

 

MNP先はdocomo

もしMNPをしようとするならばdocomoがオススメだ

docomoでは現在35000円~40000円近いキャッシュバックを受け取れる。また最新端末もMNPならば多少は安く買うことも可能だ

9月中ならば家族セット割の期間内でもあるので、メイン回線でdocomoを持っている場合は、メイン回線で機種変更・IS01回線でMNPを行い21000円分の還元を受けるのも手だ

MNPと家族セット割を使用したdocomo最新スマートフォン端末の安い買い方は以下で紹介しているので参考にして欲しい

docomo、Xperia SXを家族セット割で一括0円に近い価格で買う方法

 

ここではdocomoへMNPしてキャッシュバックを受けとる際にかかる費用を計算してみたい

docomoへ端末目的ではなくキャッシュバック目的でMNPをする場合、オススメなのはHW-02C、HW-01D(キッズケータイ)といった機種だ

この機種はキッズケータイという性質上、他のキャッシュバック付きスマートフォンと違いコンテンツを付けることができないので、非常にわかりやすい契約ができる

ここではHW-02Cのキャッシュバックを受け、解約するまでの流れとそれにかかる費用を計算してみた

まず案件はHW-02C、HW-01Dの平均的な相場である40000円キャッシュバック、契約内容は2年契約のタイプシンプルバリューで考えてみよう

docomoのブラックリスト入りを回避するには6ヶ月以上の回線維持・支払い実績が必要である

そのため、ここでは契約7ヶ月目で解約した場合の費用を計算している

 

MNP手数料 2100円
新規契約事務手数料 3150円
タイプシンプルバリュー×7ヶ月 5460円
eビリング×7ヶ月 ▲735円
解約金 9975円
ユニバーサル料×7ヶ月 21円
合計 19971円

 

※au側のIS01回線の解約金はかからないが、MNPするために2100円の予約番号発行手数料がかかる

※タイプシンプルバリューは780円。eビリングをつけることで毎月105円値引きされる

 

キャッシュバックを受けとるには以上のような費用がかかる

およそ20000円の費用がかかるものの、40000円のキャッシュバックを受け取る事ができるので、結果的には20000円の黒字を出すことが出来る

もちろん7ヶ月目に解約をせずに、auやSoftBankで美味しい案件があればMNP弾として使用するのも手だ

 

 

1万円分のポイントゲット→激安機種変更でスマホゲット→解約orMNPで現金ゲット

以上の一連の流れがIS01回線を最もお得に使用できるやり方かと思われる

ぜひこの方法を利用し、最後までこのIS01祭りを楽しんでもらいたい

 


PAGE TOP