au、同一名義での同時契約数を利用者登録込みで3回線までに制限?4回線目契約には要支払い実績とか

 

よーわかりません。

21日からauの契約ルールに変更が入ったようで。これまで利用者登録可能な人材を集めておけば、同一名義でも5回線同時に開通可能であったauの契約ルール。これがどうやら今後は利用者登録可能な人材を何人集めても、同一名義では同時に3回線までとの開通制限が設けられるようだ。

ソロで活動しており利用者登録を利用していた個人で大回転スタイルの人には、今回の変更点は回線戦略の見直しやライトなプレイスタイルへの方向転換などが求められる・・・かもしれない。

 

4,5回線目開通には所有回線の支払い実績必須

いつも通り併売店さんのTwitterより情報を拝借。

 

 

 

お店によって微妙に言っている内容にズレが有るためややこしくなっているが、dモバイルさんの呟きから読み解いてみると、これまでは3回線目以降の所持に関しては既存回線の支払い実績が2ヶ月分必要であった。だが利用者登録をすることでこの支払い実績をスルーして3,4,5回線目まで一気に埋めることが可能であった。21日からの変更ではこの利用者登録を利用した突破可能回線数は3回線目のみの1回線だけが対象、4、5回線契約には既存回線の支払い実績が厳格に必要になった、ということのようだ。

果たしてこの説明で伝わっているのかわからないが、要は4回線同時契約は今後1名義だけでは利用者登録を利用しても不可能、ということらしい。

ソロかつ利用者登録を使っていない回線運用をしている場合はこれまでとルールは変わらず。ソロでも利用者登録を使っていた人の場合は契約可能上限が5→3となるため、今後は家族を連れて行かないと5回線同時には契約できず、というような感じっすかね。家族を代表して動いている人は年間の回転数がソロと同じ程度にしかならなそう、ということになりそうな。

 

ただしこの内容も実装前かつTwitterからの情報を読み取っているだけなので、詳細についてはauサポや実装後の情報を見といてください。21日以降に4台以上行く予約をした人はお店の人と確認したほうがいいかと。

docomoの90日ルールが緩和された一方で、au側がdocomoのようなルールを厳密に制限してきたのがなんとも。支払い実績が2回で次の契約が可能になるのはまだ良心的なほうか。この変更で増えすぎたプレイヤーに対して機会の平準化・標準化が多少はされる・・・かも。


PAGE TOP