docomoから半年ぶりにダイレクト/ご愛顧割機種が追加 L-01F,L-05E,F-06E,SH-07E,N-06Eが対象

 

docomoの料金プランなんて書いてる場合じゃなかった。

2013年10月4日のSH-06Eを最後に追加機種の出てこなかったdocomoの安売り施策ダイレクト割/ご愛顧割に、実に半年ぶりとなる新顔が追加されるようだ。

ダイレクト割/ご愛顧割の開始は4月12日土曜日から。今のところは4機種がその対象のようだ。

 

ダイレクト割/ご愛顧割の追加情報についてはご出産を経て現場復帰してくださったお馴染みのお店

12日からのダイレクト割/ご愛顧割機種の機種情報・価格情報を既に公表している。

対象となるのは以下の4機種。

SH07E_O

AQUOS PHONE si SH-07E

L01F_I

LG G2 L-01F

F06E_Black_XL

ARROWS NX F-06E

N06E_P

MEDIAS X N-06E

L05E_White_XL

Optimus it L-05E

 

価格は共通

新規
14,040円

機種変更
19,440円

 

小型のSH-07E、ハイスペックなL-01F、大画面のF-06E、よくわからないN-06E等、幅広い選択肢に溢れたラインナップと言えるだろう。どれも2万円以下で機種変更可能なスマートフォンとしては非常に満足のいく性能を持った機種かと思うので、自分用にしても何にしてもこの機会にご愛顧適用回線を潰してもいいのではないだろうか。

ダイレクト割/ご愛顧割の対象機種となったスマートフォンは、本体価格が安くなる代わりに月々サポートが一切付かないため、通信料からの割引が期待できない。場合によっては毎月の料金が非常に高額になってしまうこともあるので、安いと言ってもその点は注意が必要になる。また機種変更の場合は3ヶ月以上機種変更していない回線が必要になるのでそちらもご注意を。

ダイレクト割/ご愛顧割対象機種はこれまで、割引対象になったあとは暫く白ロムの買い取りも販売相場も低くなりやすい。もし対象機種が手元にあるが既に使ってないようであれば、12日までに何処かで売り抜けておいたほうが損をしなくて済むかもしれない。

 

諸々含めて良さそうなのはL-01FかF-06Eだろうか。過去のように追加ご愛顧があってもこの辺りの機種なら後悔も無いかと思われる。新プラン前の久々のご愛顧祭りということで、各自溜まっていたご愛顧回線が放出されることだろう。複数台MNPキャンペーンで弾が無い場合もありそうだが。

追記:対象機種にL-05Eを追加、SH-06Eの既存ご愛顧も値下げとして追加


PAGE TOP