動くau 「あの機種」販売前にiPhone 5sやGALAXY S5など7機種の定価を値下げ 夏モデルを中心に準投げ売り

 

 

というわけで再解禁のようで。

3月からの総務省激おこ騒動によって4月以降限定的にしか出てこなかったiPhone 5sの安売りが、ようやく再開されることになりそうだ。

9月1日からau版のiPhone 5sで販売価格に変更が入り、これまでの定価70,200円(16GB)から55,080円へと1.5万円ほどの定価値下げが行われている。これによりMNPでは一括0円に近い金額で契約することが出来、機種変更でもポイントなどを使えばある程度の低価格で契約することが出来そうだ。

その他にも夏モデルAndroidスマートフォンの定価がまとめて一気に下がっている。流石にHTC J Butterfly HTL23は含まれていないが、GALAXY S5やAQUOS、TORQUEなどの機種が5万円前後となり、機種変更やMNPでの投げ売りが一部で期待できる価格になっている。

 

iPhone 5sは一括55,080円から

まずはiPhone 5sの9月1日からの定価について。

それぞれの容量別料金の変動はこのようになっている。

 

iPhone 5s一括価格

  • 16GB:70,200円→55,080円
  • 32GB:79,920円→61,560円
  • 64GB:90,720円→68,040円

 

毎月割も定価変更によって割引の金額も変動が入っている。

 

毎月割

16GB

  • MNP・新規:33,480円(1,395円×24ヶ月)
  • 機変:51,840円(2,160円×24ヶ月)

 

32GB

  • MNP・新規:28,080円(1,170円×24ヶ月)
  • 機変:47,520円(1,980円×24ヶ月)

 

64GB

  • MNP・新規:23,760円(990円×24ヶ月)
  • 機変:43,200円(1,800円×24ヶ月)

 

MNPではauショップがフライング気味に2台同時でMNP一括0円といった案件を出してきている。月初で月曜日でこれということを考慮すれば、中旬の週末になれば単体0円やキャッシュバック付きの案件が出てくる可能性もあるだろう。iPhone 5sの投げ売りは総務省さんに伝わり易い案件であるため、一定の自粛はこれまで通りされるかもしれないが・・・。

機種変更でも契約しやすい価格にはなってきたと思われるので、自分用に欲しかった人には今更ながらのプチ投げ売りということになりそう。特に16GBでの毎月割は月2,160円と定価値下げがされたにも関わらず高い。毎月割目的での定価機種変、本体は処分といった方法も通信費節約には効果的な可能性がある(iPhone 6のほうが有効かもしれないが)。

iPhone 5sの買い取り価格は現時点で16GBが48,000円前後。今の相場ならば機種変更で在庫が無くなるようなことはなさそう・・・?購入ポイントなど含めて算出すると動く人もいそうですが。

ちなみにiPhone 5cの価格変更は現時点では見られていない。16GBの一括価格は同じ価格、32GBになると一括価格はiPhone 5cのほうが高くなる逆転状態になっている。

 

Android6機種が定価値下げ開始

2014年夏モデルで最後に登場した「本命」HTC J butterfly HTL23、そしてこれから登場予定のあのスマホことiPhone 6の販売集中に向けて、ということだろうか。本命以外のAndroidスマホはHTL23同様の2014年夏モデルでも定価が下げられ、一括契約しやすい価格になってきている。

一応確認できる機種としてはHTL23以外の夏モデルスマホ6機種が定価に変更が入っている。一部機種が一括48,600円となっているため、機種変更でも契約しやすい価格に近づいただろうか。MNPではisai FL、Xperia ZL、GALAXY S5辺りが単体一括0円~になりそうなのがレクサスプランニングさんより読めそうだ。

それぞれの定価はこのようになっている。

  • GALAXY S5 SCL23 :48,600円  (毎月割 MNP675円 機変1,125円)
  • AQUOS SERIE SHL25 :48,600円  (毎月割 MNP1,125円 機変1,125円)
  • isai FL LGL24 :48,600円  (毎月割 MNP450円 機変1,125円)
  • URBANO L03 :43,200円  (毎月割 MNP900円 機変900円)
  • Xperia ZL2 SOL25 :54,000円  (毎月割 MNP675円 機変1,125円)
  • TORQUE G01 :54,000円  (毎月割 MNP1,125円 機変1,125円)

 

isai FL LGL24の毎月割450円って完全に現金のおまけ用じゃないですか・・・。

わずかながら9月1日よりTORQUEやGALAXY S5といった機種のMNP案件が増えている。こちらはiPhone 5sよりもキャッシュバックが期待できるレベルのようだ。auにかえる割が8月で終了したということで、その分の予算が値下げやキャッシュバックに回ってきたということだろうか。

定価が最低でも48,600円ということで、若干機種変更には高いと感じるところではあるが、もしも家族でauを使っておりそのどちらもが6ヶ月以上機種変更をしていないようならば、家族でauセット割を9月15日までならば適用すること可能だ。この家族でauセット割を使えば、それぞれの機種から10,000円の割引を更に行うことが出来るため、GALAXYやAQUOSの最新端末でも38,000円ほどで機種変更をすることが可能になる。38,000円からならばスペック比を考えれば結構安い一括価格になるのではないだろうか。

iPhone 6の発売日を考えれば家族auセット割の延長の可能性は低いため、iPhone 6に特に拘りが無ければこのキャンペーン期間中に家族と揃って機種変更をすると、低価格で最新端末を契約することが出来るだろう。もちろん一名義でもいいっすけど。

 

auはとりあえず9月1日から動いており、既存在庫処分への一歩を踏み出しているようだ。遅かれ早かれSoftBankなども追随するのは明らかなため、9月も中旬頃まではまた楽しそうな販売状況になるのでは。


PAGE TOP