「iPhone 6/6 Plus MNP一括0円」もどきを契約する4つの方法

 

SIMフリーiPhone 6の盛り上がりとは対照的に、当日在庫が余裕で手に入ってしまいかつての盛り上がりが感じられないキャリア版iPhone。

在庫を大量に確保できたのか、あるいは売れなくなったのか。理由はどうあれ今後キャリア版の価値が今以上に上がるということは無さそうだ。早々の投げ売りという未来も充分有り得るだろう。というわけで定価養分するならSIMフリー版で、キャリア版は一括0円待ちがiPhone 6/6 Plusに対する姿勢となるかもしれない。

ただそうは言っても、世の人々のiPhone自慢を見てたら早く買いたい、それも出来れば安く買いたいという想いが強くなった人もいることだろう。そういった場合を想定して、ここではiPhone 6/6 PlusをMNP一括0円に近い金額で購入する方法について幾つかその手法を見ていきたい。

ドコモオンラインショップ:iPhone 6

下取り+キャンペーン併用MNP

この一つ前の記事の中でも触れているが、MNP向け下取りプログラムを中心とした幾つかのキャンペーンを併用して直接iPhone 6/6 PlusへとMNPすることで、一括0円に近い値を出すことが出来る。

特に直接値引きしてくれて、キャンペーンも揃っているdocomo。一部ユーザーに20,000円分もの値引きクーポンを配っているauでは、MNP+諸条件を満たすことで6~7万円引きが可能であるため、16GBのモデルならば0円も夢ではない。

詳細は既に書いたので前の記事で。

公式キャッシュバックと化したiPhone向け下取りキャンペーンまとめ【docomo・au・SoftBank】

メリットとしては純粋にiPhone 6/ 6 Plusのキャンペーン特典を受けられるため、通信料への月々サポート適用であったりauにかえる割 PlusがそのままMaxで割引される。iPhone 6/ 6 PlusをMNP一括0円に近い値で契約しつつ、通信料の節約効果も絶大になるところか。

デメリットはやはり全てのキャンペーン施策の適用が難しいということ。過去にdocomoを使っていない人やクーポンが送られてきていないという人は、その時点で10,000円以上の割引が適用できなくなるため、条件が非常に限られてくるものになる。

 

下取り+他機種キャッシュバックMNP

もう一つ下取りを使った方法としては、MNPキャッシュバックの多い一括0円のスマートフォンの契約と下取りキャンペーンを併用するという方法。

他機種のキャッシュバックをiPhone 6/6 Plus契約費用へと充てて、機種変更や白ロム購入で本体を調達するというもの。

下取りキャンペーンの利用について方法は2種類。MNP時に下取り端末を提出してキャッシュバックを増額させるか、機種変更時にキャッシュバックと共についてきたスマートフォンを提出して値引きに使うか、というものがある。(あるいはこの両方を短期間の間に行えれば・・・出来るかどうか調べてないので不明ですが。)

去年のiPhone 5sでは後者の方法がキャリアショップで実質的な一括0円契約方法として、発売から2週間ほどで登場していた。今回のiPhone 6/6 Plusでは在庫が揃っていそうなので、同様の施策がどこかのショップでは行われているかもしれない。

auショップに現れた「iPhone 5s MNP一括0円」案件の契約方法がテクニカルすぎた件

下取りキャンペーンを使っての他機種MNPを行う場合は、キャッシュバックも下取り額も多いiPhone 5cが一番の候補となるだろう。

メリットは先ほどの施策重ねよりは簡単に出来るということ。

デメリットはMNP一括で契約した場合の特典、月サポ額などが受けられなくなってしまうということだろう。通常のMNP一括0円よりも毎月の利用額は高くなってしまう可能性がある。

 

複数台MNP

iPhone 6/6 Plusを確実にMNP一括0円、あるいは機種変更でも一括0円で契約できそうなのが、複数台まとめての契約。

ただし複数台と言ってもiPhone 6/6 Plusはその内の1台のみというのが現状になる。先程の他機種のMNPキャッシュバックを契約代金に充てる方法とほぼ同じやり方となる。下取りなどは利用せず複数契約した他機種のキャッシュバックを減らすことで、iPhone 6/6 Plusの一括0円を実現する方法となる。

 

メリットは確実に一括0円になる可能性が高いこと。MNPの場合はMNP特典を最大限利用できる。

デメリットは複数のMNPが必要、それもキャッシュバックが大きい型落ち機種とのセットになるため、iPhone 6/6 Plus以外に入手したスマートフォンの活用が主にモチベーションの面で見出し辛いというところだろうか。

 

他機種キャッシュバック+売却

一番簡単というかシンプルな理解でいいのが、MNPキャッシュバックの高い機種へのMNPを行い、更にMNPした端末を中古白ロム買い取り店へ持ち込み、その2つの益からiPhone 6/6 Plusの購入費用を出そうというもの。

下取り施策ではしょぼしょぼな下取り額がついてしまうAndroidも、白ロム買い取り店ならばそこそこの金額が付いている。キャッシュバックと合わせれば総額で70,000円以上の現金が手元に入ってくることもあり、16GBならば一括0円級での契約が出来るだろう。

下取り+他機種キャッシュバックと同じように、機種変更か白ロムでiPhone 6/6 Plusを購入するため、MNP独自のキャンペーンなどは適用外となる。

メリットは機種の買い取りとキャッシュバック次第では、iPhone 6/6 Plusの定価以上の金額を手にすることが出来、アクセサリー購入などへ使っても余る可能性もある。

デメリットは高額買い取り店はどこも色々怪しさのある店ばかりということ。キャッシュバック条件によっては額面上の利益が出ないというところだろうか。後はMNP一括をした時と比べて、割引が減るのは共通のデメリット。

iPhone 5s/c(au&SoftBank)にのりかえるなら、iPhone5へMNPしてからのほうが圧倒的にお得すぎる件

 

とりあえずMNPを使ってiPhone 6/6 Plusを一括0円のようにして契約する方法としては、以上のような内容が実現可能性が高いだろうか。個別の内容については1年前に書いたこととあまり変化がないため、そちらをiPhone 6/6 Plusに当てはめて貰う感じで。

機種変更で一括0円やSIMフリー機を0円級で欲しい!となると、SIMフリー機を何台も中国人に流して利益を得る、なんていう工夫ゼロのお仕事レベルの作業が必要になってくる。これに関しては各局ニュース番組で話題になったと思うのでそちらを参考に。


PAGE TOP