Xperia Z3 SO-01Gが端末購入サポート付きでMNP一括0円化 投げ売り開始も持ち逃げ防止は万全

 

安く欲しかった人には予想以上に早いフラグシップのMNP一括0円化じゃないですかね。それ以上を求める人には注意が必要になっていますが。

 

2月20日からdocomoの特価機種の追加を含めて施策周りで大きめの動きがある様子。単純にMNPして端末代を安く入手したい人には朗報、収支をプラスに持って行きたい人はちょっと施策を確認してからという風になっている。

特価機種にはdocomoのAndroidの中でも最も人気のあるXperia Z3 SO-01G。docomoのXperia Zシリーズは投げ売りされない、なんて思っていたものの結局Xperia Z2を除いてほぼ一括0円売りが広範囲に出されてしまっている。

ドコモオンラインショップ:Xperia Z3 SO-01G

 

Xperia Z3、端末購入サポート

20日からはXperia Z3 SO-01GにMNP限定で割引が増額する。従来の形だとMNP限定ダイレクト割という割引が適用されての投げ売りであったが、今回はそのダイレクト割の原資に「端末購入サポート」が適用される事でその様相が異なる。割引適用後の一括価格や月サポの料金自体はこれまでのダイレクト割とほぼ同様のものにはなっているが、契約後の回線の「処遇」を巡る多くの縛りが「端末購入サポート」では新たに新設される事になった。

 

「端末購入サポート」の縛りは6ヶ月。6ヶ月内に以下の行動を起こすと違約金が発生してしまう。

1. 機種変更を行った場合
2. FOMAへ契約変更を行った場合
3. 回線の解約、電話番号保管を行った場合
4. ドコモの指定パケットパックの廃止・廃止予約、ドコモの指定パケットパック以外への変更・変更予約を行った場合

尚、「6ヶ月」は契約の「翌月」から起算されるため実質的に8ヶ月近くこの「端末購入サポート」に縛られてしまうことになる。

https://www.mydocomo.com/onlineshop/campaign/campaign_detail.html

これらの行動を契約した回線で6ヶ月以内に実施してしまうと、端末によって異なる違約金(割引額に応じた)が発生してしまう。端末によって違ってくるものの、現在対象の機種ではほぼ30,000円という解除料が設定されている。

割引付きの契約に対して追加の違約金支払いを乗せるというのは、ある程度理解出来る縛りのかけ方ではあるだろう。そうする事で本当に欲しい人へ安い案件が届く事になるかもしれない。ただしこの縛りは6ヶ月以内に解約する不届き者のみならず、6ヶ月以内での機種変更に対しても同じ違約金を設定しているため、割りと一般人にも影響しやすいキツめの縛りとなっている。

一昔前まで半年も使えないような不具合スマホを売っていたというのに、こんな施策しちゃうんですねぇ・・・。

 

20日よりこの「端末購入サポート」はXperia Z3 SO-01GとXperia Z3 Compact SO-02Gの2機種のみ?、それもダイレクト割対象のMNP限定でかかる割引となっている。それ以外のMNP限定ダイレクト割機種は対象外であるため、解除料を避けたい場合にはそれらの機種を契約したほうがいいということになる。

解除料及び月々サポートなどは以下に。

 

Xperia Z3 SO-01G

  • MNP限定ダイレクト割価格:19,440円
  • 月々サポート:▲810円
  • 端末購入サポート解除金:▲33,696円

 

Xperia Z3 Compact SO-02G

  • MNP限定ダイレクト割価格:9,072円
  • 月々サポート:▲378円
  • 端末購入サポート解除金:▲29,808円

 

機種変更しただけで30,000円以上の解除料が取られることも馬鹿らしいものの、SO-02Gの月々サポートも笑える低さに。ただ月サポがあるおかげで20日から増額となった家族まとめて割の対象にもなる。MNP1台あたり20000円の増額(&シェア15特典)となるため、ある程度解除料の足しや維持費の足しになるだけのキャッシュバック増額は行われるようだ。

 

ぱっと見思いつくのは余剰月サポ回線を多めに用意して、月サポの低いこの回線の出費をなるだけ減らす方法が一つ。ファミリー割の枠が20回線に増える6月以降にも端末購入サポートの存在が残っているようならば、家族に月サポデータ回線を渡して余剰月サポを重ねることで維持費を10000円以下にして活動することも出来るのではないだろうか。

余剰月サポがなくてもU25を使えれば月サポ回線が少なくても維持費は少なくなりそう。

短期的な対応策としては端末購入サポート外のダイレクト割、Xperia A2 SO-04Fなどの案件へ妥協してMNPすることか。そもそも在庫がどれだけあるかわからないが、どうしても今月中にdocomoへ行きたい場合には良いかもしれない。あとは家族まとめて割が増額したのでiPhone 6だろうか。多少探す手間があっても一番楽な選択に今後なってくるかもしれない。

 

SoftBankでさえ一括購入割引適用後の機種変更にはお咎め無しというのにdocomoは・・・なんて愚痴も言いたくなるものの、シェア移行済みで極端に大きな利益を狙わなければ楽しめる状態ではまだあるだろうか。


PAGE TOP