iPhone8前にdocomoがiPhone7、Xperia XZ Premium、Galaxy S8+など多くの機種を値下げ

iPhone 8の発表・発売を前に9月からdocomoがスマホを中心に数多くの端末に値下げをしています。

iPhone 8は予想ではiPhone 7よりも高くなる、なんて話も出てきているので、興味はあるけれども高くて買えないなんて人も出てくるでしょう。

今回の値下げ機種は目新しさという意味ではiPhone 8には劣るかもしれませんが、安さという点ではiPhone 8よりも魅力があるのは間違いないため、安さを購入動機の上の方に置いている人にとってはこの値下げはiPhone 8発表並みに注目する価値があると思います。

9月より安くなった各機種について、ここではまとめておきます。

iPhone

iPhone 7

iPhone 7 MNP 新規 FOMAからXi XiからXi(機種変更)
32GB 15552円(一括) 15552円 15552円(一括) 15552円
128GB 27216円(一括) 27216円 27216円(一括) 27216円
256GB 29160円(一括) 29160円 38880円(一括) 38880円

iPhone 7 Plus

iPhone 7 Plus MNP 新規 FOMAからXi XiからXi(機種変更)
32GB 29160円(一括) 29160円 29160円(一括) 29160円
128GB 40824円(一括) 40824円 40824円(一括) 40824円
256GB 42768円(一括) 42768円 52488円(一括) 52488円

iPhoneではiPhone 7が複数の契約方法で値下げ、もしくは契約方式が変わっています。

これまで端末購入サポートによる一括契約はFOMAからの契約変更のみでしたが、それがMNPにも拡大。分割負担もなく一括の安価な価格で契約できるようになりました。

さらにXiからXiという最も利用者が多いであろう機種変更での価格が値下がり。32GBモデルならば機種変更でも15552円と特価スマホ級の価格が実現しています。

MNPでの一括契約が実現した早さも驚きですが、機種変更で15552円からという特価化の早さにも驚かされます。

iPhone 8が控える中で今iPhone 7を契約する理由というのは中々見出しにくいものかと思いましたが、この価格の安さは十分に契約する価値があるでしょう。

噂されるiPhone 8の価格がこれまでよりも1万円以上高くなるという噂も出ている中で、このiPhone 7の9月からの価格は安く買えるiPhoneとして新型とは違った魅力を感じさせてくれる特価でしょう。

>>iPhone 7:ドコモオンラインショップ<<

>>iPhone 7 Plus:ドコモオンラインショップ<<

Android

Androidは2つの形で値下げが実行。

月々サポート増額による実質価格の値下げと、

端末購入サポート適用による低価格な一括化です。

基本的に新しい機種は実質値下げ、古い機種は端サポ入りという形で値下げが多くの機種で実施されています。

月々サポート増額による値下げ機種

Xperia XZ Premium SO-04J 39528円
Galaxy S8+ SC-03J 58968円
Xperia XZs SO-03J 25920円
AQUOS R SH-03J 25920円

月サポ増額で値下げが行われるのは主に春モデルが中心に。

特にこれまで値下げの情報がなかったXperia XZ PremiumとGalaxy S8+は、本命のAndroidスマホを探している人にはおススメです。

価格は値下げ後といってもそこまで安くはないものの、別記事でも書いてある通りS835の性能が半端ないのでAndroid史上最高に快適な動作での利用ができます。

iPhone 8に関心がない、金をかけてでもちゃんとしたスマホを手にしたいならこの2つがおススメとなります。

>>Xperia XZ Premium SO-04J:ドコモオンラインショップ<<

>>Galaxy S8+ SC-03J:ドコモオンラインショップ<<

>>Xperia XZs SO-03J:ドコモオンラインショップ<<

>>AQUOS R SH-03J:ドコモオンラインショップ<<

端末購入サポートによる一括特価機種

Xperia X compact SO-02J 15552円(一括)
V20 Pro L-01J 15552円(一括)
arrows NX F-01J 15552円(一括)
Disney Mobile on docomo DM-01J 15552円(一括)

端末購入サポートによる一括特価となったスマホは冬モデルが中心。

といってもいくつか発熱しやすい機種も混ざっているため、安定感の高いスマホとなると9月以前に端末購入サポートになっているXperia X compactか今回の中ではV20ぐらいしかおススメとは言えなくなります。

性能や安定感といった使い勝手に関わる部分で評価にばらつきのある機種が揃ってしまっているため、安価な機種が多くなったといっても実質的な選択肢は上記2機種ぐらいでしょう。

>>Xperia X Compact SO-02J:ドコモオンラインショップ<<

>>V20 PRO L-01J:ドコモオンラインショップ<<

iPhone 7のMNPと共に、端末購入サポートのスマホはdカード GOLDと組み合わせると通信費のほぼ全額から10%のdポイント還元を受けられるので、こちらを契約する際にはdカード GOLDも用意しておくことをおススメします。

docomoのスマホ料金を安くする方法 【dカード GOLD活用編】 | すまコジ

 

ガラケー

ガラケーは2機種。

元々8月末までだった月サポ増額が9月も延長して実質0円での契約が出来ます。

AQUOSケータイ SH-01J 実質0円
P-smartケータイ P-01J 実質0円

実質0円なのでほぼ料金面の負担が変わらないのに新しい機種へと変更できるので、ガラケーファンは最新モデルへ無料で機種変更できるこのチャンスを活かしましょう。

LINEやWi-Fiに対応し大容量バッテリーというこれまでのガラケーにはない機能が詰まっているので、取り替え必至の特価案件です。

>>AQUOS ケータイ SH-01J:ドコモオンラインショップ<<

>>P-smartケータイ P-01J:ドコモオンラインショップ<<

ルーター

モバイルWi-Fiルーターも地味に値下げが2機種。

Wi-Fi STATION N-01J 実質0円
Wi-Fi STATION HW-01H 実質0円

これで今docomoで販売されているモバイルWi-Fiルーターは全て実質0円での契約が可能になりました。

買取価格によっては月サポ目的で契約しても良いですが、シンプルプランなどの代替が増えてきた中であえてルーターを契約するのはそこまで賢い方法ではないでしょう。

本当にルーターを欲しい・使いたい人向けの値下げです。

>>Wi-Fi STATION N-01J:ドコモオンラインショップ<<

>>Wi-Fi STATION HW-01H:ドコモオンラインショップ<<

 

狙い目は何と言ってもiPhone 7。この安価な価格が機種変更でも実現されるのは魅力です。絶対に発売直後のiPhone 8にはないメリットとなるので、安いiPhoneを狙うのならばこの9月からとなるでしょう。

あとはAndroidのハイエンド級のS835搭載機種も安いわけではないものの値下がりしたので気になっていた人にはチャンスが。

iPhone 8にこだわっていないようならば9月のdocomoの特価機種は機種変更におススメしやすいものになっています。


PAGE TOP