【iPhone X/8の予約術】オンラインショップからの契約でもiPhoneは当日に入手できる

来るべきiPhone 8、iPhone X発売に向けて、予約方法の確認をしていきましょう。

予約方法次第ではオンラインショップからので契約であっても当日に入手することができます。

iPhone 8予約はこちらから。

https://www.mydocomo.com/onlineshop/home/index.html

http://onlineshop.au.com/top/CSfTop.jsp

https://www.softbank.jp/online-shop/

今回はiPhone X/8の予約術として過去の予約の方法や傾向からiPhone X/8の予約に使えそうな情報をまとめておきます。

こちらと全く同じ手順で進むわけではないですが、準備するものや大体の登録事項を知っておくことで素早い契約が可能になってくるはずです。

 

iPhone 8の予約・購入準備:必要な情報

まずはiPhone 8の予約・契約をする際に必要な登録事項についてです。これらの内容を準備しておくと予約登録を行うのがスムーズになり、購入時にも滞りなく手続きを進めることが出来ます。

後述しますが各キャリア例外なくiPhoneを早期購入するには予約のスピードというものが大事になってきますので、iPhoneの予約前に必要な情報をまとめておくことは大事になってきます。特に家族分も一緒に契約しようかなんて考えているようであれば、自分の予約分以上に事前に準備をしておかないと不備が出る項目もあるので、確認しておくようにしましょう。

それでは各キャリアで準備しておきたいものを挙げておきます。

 

docomo dアカウント/パスワード(dアカウント所有の場合)
ネットワーク暗証番号(docomo回線の場合)
Eメールアドレス
機種/容量/カラー
契約者氏名、連絡先電話番号(新規MNPの場合)
au auIDとパスワード
メールアドレス
(以下主に新規MNP)
契約者氏名
連絡先電話番号
パスワード(予約確認用)
MNPする電話番号
機種/容量/カラー
SoftBank SoftBankの電話番号
(以下主に新規MNP)
契約者氏名
生年月日
日中連絡先
メールアドレス
機種/容量/カラー

予約段階ではまずそこまで多くの情報は必要ありません。SoftBankなんかは機種変更であれば電話番号だけでも予約が可能という簡単さです。

docomoやauのようにキャリアIDで予約できる場合にはそちらのID/Passを確認し、登録情報も満たしておくようにしましょう。

 

購入手続きにおいて必要なのは一般的な個人情報とクレジットカードや代引きなどの支払い方法の選択です。

また受け取り方法も自宅やキャリアショップで選べるため、到着する日時によって受け取り場所を決めるといいでしょう。仕事帰りにキャリアショップで受け取る、なんて方法を採ることができます。ドコモオンラインショップであればさらにコンビニ受け取りも指定でき、24時間対応することとなります。

一括/分割での支払いも考える必要があるため、その辺り予算の都合などもしっかりと考えておいてください。

追加で準備しておきたいもの、dカード GOLDや引き止めポイント

上記は予約と購入における必要最低限用意しておくべき内容ですが、これ以外にも必須ではないものの用意しておきたいものがあるので、そちらも触れておきましょう。

docomo:dカード GOLD

まずdocomoではiPhone 8の予約や購入を行う前にdカード GOLDを用意しておくと便利です。

dカード GOLDを用意する理由は2つです。

  • docomoの通信料から10%還元
  • dカード GOLD補償による最大10万円補償

この2つは新型iPhone契約と重ねて受け取りたいポイントです。

docomoの通信料から10%還元するという特典はその言葉通りの内容です。月々サポート適用後、端末分割代を除いた金額ではありますが、dカード GOLDを持っていると毎月のスマホ代から10%もの高額な割合がdポイントとして還元される特典があります。

ポイントはdocomo回線とdカード GOLDを持っている限りは還元され続けるので、dカード GOLDを保有すればするほど他の未保有のdocomoユーザーよりも毎月の実質的な負担額は安くてお得になります。

またdカード GOLDにはスマホを補償する機能が用意されており、最大10万円まで同一機種購入の負担をしてくれます。修理や交換という形ではなく、同一機種の買い替えという形で10万円分をdカード GOLDの支払いから割り引くという形です。

これがあれば極端な話ではあるものの、Apple Careやdocomoのケータイ補償オプションへ非加入にしてもいいかもしれません。どちらも500円以上毎月負担のかかるオプションですから、今までスマホを壊すようなことがなかった人は補償はdカード GOLD付帯の機能に任せて、オプション代を節約するのが良いでしょう。

他にもdカード GOLDの特典は多数ありますので、その内容は以下の記事で。

docomoのスマホ料金を安くする方法 【dカード GOLD活用編】 | すまコジ

とにかくこのクレジットカードがあればお得ですし節約も出来るということで、docomoでiPhone 8を予約するつもりがある人ならば絶対に用意しておくべきでしょう。キャリアの扱うクレカの中では一番特典が濃いです。

 

au/SoftBank:引き止めポイント

auとSoftBankの関連するクレジットカードではdカード GOLDほどの効果は見込めないため、他のものを準備したほうがコスパは良いです。

auとSoftBankは機種変更でしか使えないかつ一部のユーザーに限られるものの、『MNP引き止めポイント』を手に入れておくとiPhone 8を発売直後にも関わらず格安に購入することが出来てしまいます。

MNP引き止めポイントは他社へのMNPを検討していると157のオペレーターに伝えることで、MNPを考え直してほしいという提案があります。その提案の中に自キャリアで使える機種変更向けのポイントを渡してくれることがよくあります。

auなら15000円相当のポイント、SoftBankなら30000円相当のポイントが今の相場では期待できるので、MNPするつもりはなくてもMNPする旨を伝えることによってiPhoneを大幅に値引きできる即効性のあるポイントを得ることが出来ます。

これを得ることが出来れば発売当日から高額な値下げを加えての機種変更をすることが出来るので、auとSoftBankユーザーは試してみた方が絶対に良いでしょう。大して面倒ではなく電話一本で貰えるかどうかを占えるので、やっておいて損はありません。

 

準備が済んだらiPhone 8の予約を

これらの契約に必要な情報の準備が出来たら、次はiPhone 8の予約を行っていきましょう。

iPhone 8の予約に関してまだ詳細な情報は発表されてはいないものの、iPhone 7を始めとしてこれまでのiPhoneと予約の方法と変わってこないかと思うので、過去の予約の傾向からiPhone 8の予約についての説明をしていきましょう。

 

iPhone 8の予約は発売の1週間前、発表後の金曜日から行われることが多く、日本時間で16時からの予約となります。

各キャリアの公式サイトより、先ほど挙げた予約に必要な情報を入力することで簡単に予約をすることが出来ます。

この予約は、店頭やオンラインショップで当日にiPhoneを手に入れるためには最も大事なポイントとなります。その理由は、この予約の早さが在庫確保の早さに直結するからです。

どのキャリアもユーザーに在庫を回す優先度としては予約順という基準を設けています。

このため予約を早く行えばそれだけiPhone 8を速く手に入れることができ、そのために事前に準備しておくものや予約の時間というものをしっかりと確認しておくことが大事になってきます。

発売日当日に入手するためには、まず予約を16時ごろに素早く行うことが求められます。

 

在庫を確保したら購入手続きへ、オンラインショップ購入ならこちらも素早く行いたい

iPhone 8の在庫確保は予約を行った順となるため、予約さえ早ければ最速で当日には契約することが出来るようになります。

店頭契約だと予約後は在庫が確保されるまで手続きはなく、在庫が確保されたら店頭へ出向いて契約の手続きを行うという流れになります。

 

一方でオンラインショップで契約することを選んだ場合、その手続きが早まることになります。オンラインショップで契約する場合、予約して発売日前に在庫が確保された場合、購入手続きを発売2日前に行う必要があります。

店頭契約と比べてちょっと早いタイミングで購入手続きをする必要があり、この購入手続きをした時間によっても配送日時が変わります。

ドコモオンラインショップの例で言うと、ドコモオンラインショップの商品発送の第一便が11時~12時の間に来るため、もしもiPhone X/8の在庫が発売前に確保できていたとしても、この最初の便に間に合うように購入手続きをしていないと当日自宅などへの配送がされず翌日に回されてしまう可能性があります。

このためにオンラインショップで素早く在庫を確保できた場合でも、そこからさらに素早く購入手続きを行わないと発売日当日ではなく翌日の配送になってしまいますので注意してください。当日にこだわらない場合は問題ないですが、とにかく早く欲しいという場合にはなるべく午前中に各オンラインショップで購入手続きをする必要があります。

 

こう見ると店頭契約の方が魅力的かもしれませんが、購入手続きで急がなければならないというデメリット以外ではオンラインショップのほうがメリットは沢山あるため、そこのデメリットのためだけにオンラインショップを使わないというのはもったいない選択でしょう。

 

iPhone当日入手、または早期入手には予約と購入手続きが決め手になる

ここまでの内容をまとめると、

iPhone 8の在庫確保は予約順で各キャリア行われ、

在庫確保がされた早い内に購入手続きを行うことで最短で当日配送で手に入れることができます

そのためにも予約に必要なものや購入手続きを行う際に必要なものというものを準備しておくように

ということになります。

 

ある程度準備をした上で予約開始日の16時に動けるようにしておけば比較的早くiPhone 8の在庫を押さえることができるはずです(新色を狙わなければ)。そして在庫が確保出来たらこちらも昼前には手続きを行うことによって手元に届くのが早くなる可能性が高いです。

予約から購入までの流れとしては難しいところもほとんどないため、意識するのはどれだけ早く予約や手続きができるかという点になります。

こちらはスピード勝負にはなりますが、そこをうまくこなせばオンラインショップからでもiPhone X/8を当日に入手することが出来ます。

 

オンラインショップを勧めている訳は、結果的に安全な契約ができるから

ここまでの予約の話の流れでは、各キャリアのオンラインショップでの契約を前提に話を進めていますが、そちらの詳しい理由については以下の記事でまとめてあります。

iPhone 8/iPhone Xの契約から頭金がかかるって知ってた? | すまコジ

要はオンラインショップでの契約に比べて、キャリアショップや家電量販店、併売店といった店頭契約はiPhoneに頭金やオプションをがっつりとつけてくるので契約にかかる総額が高くなってしまいます。

いくら購入手続きの場面で急がなくても良くなるといっても、店頭契約ではキャリアやショップによって1万円近くオンラインショップよりも高くなってしまうのは、早期入手と天秤にかけても釣り合わない内容でしょう。

オンラインショップを使っての契約を勧めるのは、結果的にこうしたお得さがあり契約内容も確認できるので安心して購入できるというのが大きいです。

iPhone X/8の価格次第ではあるものの頭金がついて結局高い支払いをしなければいけなくなる可能性がある店頭と、値上がり無しで契約できるオンラインショップではオンラインショップの方が圧倒的に便利なのは間違いないでしょう。こうした理由からiPhone X/8の予約と契約指定のショップとしてはオンラインショップを勧めています。

ドコモオンラインショップ

auオンラインショップ

SoftBankオンラインショップ


PAGE TOP