iPhone 7/7 Plus、値下げのまとめ【docomo/au/SoftBank/機種変更】

iPhone 8だかX Editionだかの新型iPhoneに向けて各キャリアiPhone 7の価格を変更してきています。

在庫処分にはまだ早いとは思いますが、主軸の機種という扱いから安い価格で購入できる廉価モデル的な位置づけへと変更されてきているのがわかります。

ここではそれら各キャリアで価格が変更になったiPhone 7や7 Plusといった機種の価格をまとめておきます。

どのキャリアも大分安くなっているので特に機種変更をしたかった人にはオススメな低価格スマホ・iPhoneとなります。

iPhone 7/7 Plus 機種変更

iPhone 7 docomo au SoftBank
32GB 82296円
(実質15552円)
64800円
(実質16200円)
87840円
(実質20520円)
128GB 93960円
(実質27216円)
76320円
(実質27720円)
99360円
(実質32040円)
256GB 105624円
(実質29160円)
77820円
(実質28680円)
111240円
(実質43920円)
iPhone 7 Plus docomo au SoftBank
32GB 96552円
(実質29160円)
78480円
(実質29880円)
99840円
(実質34200円)
128GB 108216円
(実質40824円)
90240円
(実質41640円)
113400円
(実質46080円)
256GB 119810円
(実質42768円)
91440円
(実質42840円)
125280円
(実質57960円)

docomo

実質15552円からの機種変更契約が可能です。FOMAからであれば一括も可能に。

9月1日から値下がりして以降、かなりの数の台数が売れているということで在庫のないタイミングも出てきています。

iPhone 7がこの安さ、それにニュースでは新型iPhoneが高くなるという話題も出てきているということで、性能や機能で不備が見当たらないiPhone 7のほうを安く契約する、というユーザーが多くいるようです。

今docomoのスマホを契約しようとした時にも、Android以上に安い上に性能も良いというものになっているので、こちらは機種変更向けの安価な特価機種としてオススメな内容となっています。

au

実質16200円からの価格が安いのはもちろんなのですが、それに加えてiPhoneの端末価格自体も安くなっています。

このため一括で購入、または2年未満での機種変更をした時でも支払いの負担がdocomoなんかに比べて安くなります。

docomoは2年間使うことを前提としていますが、auならば2年に満たないところで次の機種が安くなってもある程度軽い残債支払いで済むことになります。

実質価格だけでなく端末価格の安さも見逃せない内容になっています。

SoftBank

他の2キャリアと比べると機種変更の値下げというものはまだ本格的に始まっていない模様です。

今の価格でも十分に安いものの、他の2社を見た後だと物足りない価格かもしれません。

機種変更ではdocomoとauユーザーなら32GBなんかはお買い得な価格になっているので、機種変更で価格の安さを大事に考えている人は狙い目です。

 

iPhone 7/7 Plus MNP

iPhone 7 docomo au SoftBank
32GB 15552円 64800円
(実質10800円)
87840円
(実質10800円)
128GB 27216円 76320円
(実質22320円)
99360円
(実質22320円)
256GB 29160円 77820円
(実質23280円)
111240円
(実質34200円)
iPhone 7 Plus docomo au SoftBank
32GB 29160円 78480円
(実質24480円)
99840円
(実質24480円)
128GB 40824円 90240円
(実質36240円)
113400円
(実質36360円)
256GB 42768円 91440円
(実質37440円)
125280円
(実質48240円)

docomo

docomoでは端末購入サポートによって一括価格になっています。

そのため2年間使わなくてもこの価格ということになります(ただし端末購入サポートの縛りが14ヶ月継続)。

月々サポートがないので維持費が高くなるものの、dカード GOLDと組み合わせることで維持費全額がポイント還元されるので、docomoにMNP予定の場合はそちらも用意しておくと毎月の料金も安く出来ます。

au

auは実質ながら10800円のMNP価格。

一括も当然安いので、分割でも一括でもお得に運用できるかと思います。

SoftBank

こちらも実質10800円。

一括は安くないもののその分高額な割引が得られる契約となっています。ちょっと厳しいですが端末を一括で買ってしまえば格安な維持費で2年間利用できることになります。

なお一部では一括購入割引かのりかえサポート的なものを実施し、一括0円でキャッシュバック付きの販売を行っているところもあります。その場合には月月割がなくなるので維持費は高めです。

おとくケータイ.net

 

新型iPhoneの登場を控えて各キャリアMNPはもちろんのこと、機種変更でも特価機種級の安さでの販売が始まりました。

下手に性能が良くない特価機種を購入するよりも、こちらのiPhone 7のほうが安い上に後悔することもない機種性能ですので、低価格帯のスマホを購入したかった人にとっては性能も求められる機種として買いやすいのではないでしょうか。

新型iPhoneの影響でiPhone 7の値下げを待っていた人にとってはその読み通りの大幅値下げが実行されているキャリアもあるので、在庫が多いうちに契約しておくと良いでしょう。

>>ドコモオンラインショップ<<

>>auオンラインショップ<<

>>SoftBankオンラインショップ<<

 

機種変更では頭金に注意

もしもこのiPhone 7の機種変更を行おうとしている場合、必ず頭金の無いショップで購入するようにしてください。

せっかくここまで安くなったiPhone 7も、頭金のあるショップで契約してしまうとその安さが台無しになってしまいます。

頭金次第では1万円以上の値上がりになってしまうので、頭金のないところでの契約が今回の安さで機種変更出来る絶対条件です。

この頭金がないところでの契約というのは今なかなかに難しいものになっており、頭金がないけれども代わりにオプションへの加入を求められたり、アクセサリー類の購入を求められたりするところもあり、頭金が一切ないというショップは少なくなってきています。

そこで長らくこのサイトでオススメしているのはオンラインショップの利用です。

キャリアのオンラインショップはケータイショップなんかと違って代理店に運用を任せるものではなく、公式に運営されているものとなっていますから、頭金などの不誠実な追加支払いなんてものを求めてきません。

騙し的な契約がはびこるスマホ契約の中にあって唯一安心して契約できるところがオンラインショップとなっているので、今回の価格の安さのまま安全に機種変更しようという場合にはオンラインショップ経由で行うことをオススメします。

弱点はこうした頭金がないというオンラインショップのメリットが広がり過ぎてしまっているため、在庫がよく切れてしまうという点です。まだiPhone 7は在庫がどんどん復活していきますが、新型発売以降は在庫なしの機種が増えていくかもしれません。

とにかく機種変更では頭金の無い各キャリアのオンラインショップを利用しましょう。

>>ドコモオンラインショップ<<

>>auオンラインショップ<<

>>SoftBankオンラインショップ<<


PAGE TOP