アアアッIS04を修理し続けた結果、LTE機種へと無料交換された件

 

どこかのサイトのような煽りタイトルになって申し訳ないが、本来のタイトル予定だった「au交換対応機種にLTE機種を確認」ではなんのこっちゃわからない可能性があったのでこういったタイトルをつけさせてもらった。

 

昨年10月に機種変更で購入したIS04を6度目の修理に出したところ、auから別機種への無償交換を提案された。修理からの無償交換自体は今までも行われていたため珍しいことではないだろうが、今回はLTE対応端末への交換も可能になっていたため報告しておきたい。

 

auでは非公式ながらこれまでも不具合の多い機種を修理に出すと、別機種への無償交換を行っていた。検索をすれば他の人のそうした報告を見ることができるだろう。

これまで確認した交換機種としてはISW12HTを筆頭に、IS12SISW13HTといった3G対応の人気機種が確認できていた。(状況によっては店側から機種が指定される案内と自由に好きな機種を選んでいいという案内で分かれるが、これらの異なる案内が行われる法則性はわかっていない。)

auではここ最近になって一部LTE対応端末の安売りが続いており、交換機種としてLTE端末が含まれるかどうかを確認するための調査目的も含め、風呂場専用機と化していたIS04をここ数ヶ月修理に出していた。

数々の不具合がネット上に報告されており、既に伝説の域に達しているIS04の酷さについては詳しい説明は不要だろう。まだご存知で無い方はIS04に関連する検索ワードを見れば、あるいは「アアアッ」と検索すればその恐ろしさを知ってもらえるかと思う。当方が使っていたIS04は、風呂場で5分ほど利用すると何度修理に出しても再起動が頻発する不具合が起こっており、それに関する修理も今までの流れの中で行っている。
詳細な店員とのやりとりは省くが、いつも通りauショップで修理依頼を行い前回同様の不具合が発生した旨を伝えると、今回は修理対応ではなく交換対応を示された。

今回店舗側から提案された機種はIS12M、IS1W13HTが2100円での交換対応、また今回初めてLTE機種であるPTL21 VEGAへの交換が可能ということを確認することができた。3150円の手数料で交換対応ができるとのことだった。

我が家最後のIS04ということで、3G機種への交換は最初から考えていなかったのだが、LTE機種への交換という魅力的な提案をうけたために今回は交換させてもらった。

在りし日のIS04化粧箱とVEGA

在りし日のIS04化粧箱とVEGA

 

こうした修理の繰り返しからの交換はauが初期に発売していたスマートフォンでよく見られる対応になっている。
過去に自分が交換対応を経験したスマートフォンで言えばIS04A01ISW11Fといった機種が不具合報告も多く実際に不具合を理由に交換案内をうけた機種である。

IS04はフリーズ、再起動ループ、データ消滅など、富士通(&東芝)端末の基礎を築き上げた問題作だ。
A01は再起動ループ、電源立ち上げの遅さなど電源周りに問題が確認できている。
ISW11Fはフリーズ、再起動、データ消滅、発熱とてんこ盛りで突っ込みどころが多数ある。

 

ようやくIS04発売から2年が経過したものの、まだまだこれらau初期スマートフォンを割賦購入し、2年間の支払いに縛られ不具合に悩まされながら使い続けている人もいるものと思われる。機種変更などが金銭的に難しい場合は、データのバックアップを十分にした上でこうした修理申し込みをしてみるのもいいかもしれない。単純な修理で問題が解決する可能性もあるかもしれないし、今回のように修理しても同様の不具合が発生する場合は交換対応がauの場合望めるため、修理に出して損になることは少ないと思われる。

 

なお、今回及び過去の交換対応された機種は全て購入時に加入していた安心ケータイサポートを利用した無償修理を繰り返した場合である。メーカー補償のみが残っている機種の交換対応については未確認である。


PAGE TOP