SoftBank版iPhone5非学割MNP一括案件に動き&6月より「のりかえサポート」で公式21000円値引き開始

 

これまで頑なに非学割でのMNP購入を一括なら15000円、分割なら45000円キャッシュバック前後で維持してきたSoftBank版iPhone5MNP一括案件。

au版iPhone5がMNP一括0~10000円前後で投げ売りされ、かつ毎月の維持費も3円で済むことから、SoftBank版iPhone5案件は最近注目度を欠いていた。

ところがここ数週間ドスパラやキタムラを中心に土日案件においてSoftBank版iPhone5の値崩れが始まっている。更にはこの月末にかけて平日でも広い範囲で非学割10000円以下のSoftBank版iPhone5案件が見られるようになったので紹介したい。

特に大きな変化が見られるのはカメラのキタムラさんだろう。

ブログで紹介されている店舗の殆どで非学割におけるMNP一括9800円ゴミ無し案件が確認できる。

http://blog.kitamura.jp/13/4298/2013/05/9800_4416492.html(一例)

また一部店舗においては非学割・ゴミ無しでのMNP一括0円での販売を行なっている店舗もブログから確認することができる(こちらは土日)。(ブログ記事削除済み)

au版iPhone5の一括0円案件が日に日に少なくなり条件面でも厳しいものが多くなってきた中で、カメラのキタムラを中心としたSoftBank版iPhone5一括案件は中々に魅力的な存在だろう。

某西寄りのキタムラ店で聞いた所これらのMNP一括0円を行なっている店は、これまでのiPhone5販売実績が少ない店舗で行われているセールとのことだ。

カメラのキタムラ以外では、ドスパラや一部併売店でも一括1万円以下の案件確認ができている。ただし併売店ではまだまだばらつきが出ている状態だ。

 

また量販店、特に都心から少し離れた家電量販店でもゴミ無しのiPhone5案件が出てきているのがTwitter上から確認できている。

前回のiPhone4S同様月末のみのCPであることも考えられるが、これまで注目して来なかった人もこれからはSoftBank版iPhone5案件を注視しておくのもいいかもしれない。

 

SoftBank版においてネックとなるのは維持費がau版と異なり高額になる点だろうか。iPhone5契約のまま寝かせようとすると2段階制のパケット料金が。
みまもりケータイへの持ち込み機種変更(みまもり化)でかなりの維持費節約は可能になるが、この行為自体やりすぎると「総合判断」(いわゆるBL)のフラグが立ってしまうため実行する際は覚悟の上・自己責任で行なって欲しい。

 

SoftBank、iPhone5に「のりかえサポート」キャンペーンを開始

 

また、6月よりSoftBankは公式値下げキャンペーン「のりかえサポート」を始めると発表している。

他社からの乗り換えでiPhone 5を購入した場合に本体価格を2万1,000円割引する

とのことだ。

http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/info/2013/20130527_01/

このキャンペーンがインセンティブ増に繋がり案件にさらなる変化が出るのかはまだ未知数ではあるが、是非期待したいところだろう(au同様割り振りを変えただけである可能性は大きいが・・・)。

iPhone4SのMNP一括特価販売がiPhone5発売後からしばらく経って始まったことを考えると、今回のSoftBankは非常に早い段階で動いてきたという印象を受ける。

この動きが在庫整理なのか、auLTE表記問題を睨んだ刈り取りか、はたまた焦りからくるものなのか。6月からのSoftBankが見せるiPhoneの値動きに注目したい。

(このキャンペーンでauのiPhone5投げ売りも継続かな)


PAGE TOP