タブレットセット割・スマホまとめて割・・・SoftBankのiPad向けキャンペーンの維持費とかまとめ

 

au版同様こちらではSoftBankのiPad向けキャンペーンについていくつかまとめている。

キャンペーン内容は特にauと変わらないのだが、

追加契約をさせられるスマホファミリー割や下取りなどの個人的にどうでも良いと思った施策に関しては完全に無視させて貰っているのであしからず。

iPad Airの価格と月月割もau版と変わらず。運用費計算に利用した価格と月月割はiPad Air 16GB。それ以外は以下の表から抜き出して欲しい。

 

iPad Air 16GB 32GB 64GB 128GB
本体価格 65,520円
(2,730円×24ヶ月)
75,600円
(3,150円×24ヶ月)
85,680円
(3,570円×24ヶ月)
95,760円
(3,990円×24ヶ月)
月月割 58,800円
(2,450円×24ヶ月)
59,280円
(2,470円×24ヶ月)
60,240円
(2,510円×24ヶ月)
61,080円
(2,545円×24ヶ月)

 

タブレットセット割

 

  • 4G/4G LTE対応スマホのフラット定額加入回線が親回線として適用可能
  • 14年5月までは7GBまでのデータ通信量が利用可能。6月からは2GB
  • タブレット側に月月割適用はなし

auのデータシェア対抗キャンペーン。こちらはデータ通信量をスマートフォンとタブレットで分け合うことはしていない。それぞれ単体で7GBまで使える。ただしauに合わせて14年6月からはタブレット側の通信量が2GBに下がるので注意して欲しい。通信量のシェアが出来ずに2GB制限はau側と比べると使い勝手が悪いか。au同様月月割は使えないため、プラスXi割のような際限のない安さは追求できない。

タブレットセット割 1050円
S!ベーシック 315円
合計(一括購入時) 1365円
分割購入代金(24ヶ月分) 2730円
合計(分割購入時) 4095円

 

スマホまとめて割

 

  • 親回線にフラット定額の加入が必要
  • 親回線には3Gケータイ、要はガラケーも対象
  • 月月割は適用。ゼロから定額は利用料金から値引き

基本使用料が0円のゼロから定額と月月割による値引きが利用可能なベーシックデータ定額という2つの異なるプランが選択できるのがスマホまとめて割。au同様に親回線にフラット定額が必要となる。スマホBB割はベーシックデータ定額にのみ適用可能。

 

ゼロから定額

SoftBank回線所有者にとってはお馴染みであるゼロから定額キャンペーン。auに比べてiPad系の新規一括案件が出やすいSoftBankでは、格安で入手・格安で維持するためには外せないプランだ。SoftBankのゼロから定額の場合は、基本使用料こそ0円になるがSoftBank Wi-Fiスポットの月額料金が490円かかるため、厳密な0円維持とはならない。月月割も対象外になるため、最低でもこの490円という料金がかかることは覚悟しておいてもらいたい。

今後はiPad Airの発売で第4世代iPadの新規一括での投げ売りが見込まれる。現に9月の終わりにはティーガイア系のSoftBankショップで一括9,800円で売られており、年末年始の目玉として期待できるだろう。モデル自体は型落ちにはなるが、このキャンペーンの適用により490円維持が可能になるため、SoftBankでフラット回線を開放している人は案件の登場を注視しておきたいところだ。

ゼロから定額
+(スマホまとめて割適用) 0円~4935円
S!ベーシック 0円~315円
SoftBank Wi-Fiスポット 490円
月月割(通信時) ▲2450円
合計(一括購入時) 490円~3290円
分割購入代金(24ヶ月分) 2730円
合計(分割購入時) 3220円~6020円

 

ベーシックデータ定額

auのスマホセット割とほぼ同じ内容のプラン。料金がauよりも70円ほど安くなっている。タブレットセット割よりも高いが、2年間データ通信量が7GBになるのは魅力的かもしれない。本来のベーシックデータ定額の5460円から1050円の値引きとなっている。

こちらもau同様にタブレットセット割のほうがベーシックデータ定額のスマホまとめて割よりも1,000円ほど通信費が安くなっている。単純にコストを下げたい場合はタブレットセット割を選んだほうが懸命だろう。ただしタブレットセット割はauのデータシェアと異なり、通信量をスマホ側と合算できない。そのため14年6月からのタブレットセット割によるタブレット側の通信量は2GBと極端に低くなってしまうので注意が必要だ。SoftBankのプランではあえてスマホまとめて割を選択することで通信量の規制を避けるというやり方も手法として考えておいたほうがいいかもしれない。

基本使用料(ベーシックデータ定額プラン) 5460円
スマホまとめて割 ▲1050円
S!ベーシックパック 315円
月月割 ▲2450円
合計(一括購入時) 2275円
分割購入代金(24ヶ月分) 2730円
合計(分割購入時) 5005円

 

本命のキャンペーンはやはりauと同じく基本使用料が1,050円で始まるタブレットセット割になるだろうか。データ通信量の問題もあるが、フラット定額で利用する場合は最も安い形になるだろう。

SoftBank版のiPadの特徴の1つに、一括案件が登場しやすいというのがある。auのiPadがほとんど案件に恵まれない中で、SoftBank版は案件が出やすい傾向にある。これから年末年始のセールが開催されることと思うが、その中で旧型のiPadをゼロから定額で所持するというのもいいのではないだろうか。今年初めにも新規一括案件が出ていたので、来年も期待したいところだ。

ビックカメラのiPad案件が復活 iPad第三世代がスパボ一括9800円


PAGE TOP