SoftBank、新料金プラン「スマ放題」 メリットとデメリットについて

 

カケホとデジラ」に続いてはSoftBankの通話定額「スマ放題」を。

元々SoftBankの場合はプランを攻略するにしても要実践なところがあるので、とりあえず基本的なところだけを調べてみた。

SoftBankの新プランはあまり需要無さそうですが・・・。

スマ放題

SoftBankの通話定額型の新料金プランもdocomoとauと料金設定に変わりはない。スマートフォンと3Gケータイで基本料金が異なっているが、その料金は他社と同じくスマホが2,700円、ケータイが2,200円となっている。

メリット:通話定額

3社横並びのプランになってしまったため、特にメリットらしいものを挙げるのが難しいところだが、まぁauよりは通話品質は良いのではないだろうか。

デメリット:S!ベーシックパック必須

デメリットと言っていいのか分からないが、SoftBankの場合はスマ放題+S!ベーシックパックという形が基本形となり、S!ベーシックパックを外しての運用は出来ないようだ。基本料金は3,000円と考えたほうがいいだろう。

また留守番電話が有料化して月300円のオプションに。電話をメインに使う人は実質3,300円が基本料金となる。

他にはホワイトプランで適用していた各種キャンペーンが引き継ぎ不可となるため、人によってはキャンペーン分の割引額が消えてしまい大幅な値上げになってしまう場合がある。

 

データ定額プラン

SoftBankのデータプランはdocomoを倣う形で選択肢が用意されている。10GBのみauと料金を合わせてきている。選択するデータ量によってスマ放題と同時に用意された複数のキャンペーンが適用出来るかどうかが決まるものも多い。

メリット:データ未加入で契約可能

メリットと言える部分はデータ定額パックを外しての契約が出来る点だろうか。スマートフォン契約、iPhone契約でもスマ放題とS!ベーシックパックのみでの契約が出来るようになっている。これまでパケット定額プランの解除が不可能であったSoftBankにしては幾分軟化した態度と言えるだろう。(ただしiPad向けタブレットプランはデータ定額パックが必須)

デメリット:S!ベ必須で青天井の危険性

デメリットは高額な月月割を2段階定額で残せないということだろうか。契約変更を除いてスマ放題のみに目を向けると、運用方法がフラットかカケホだけという単純な2択しかなさそうだ。S!ベーシックパックが必須なため、データ定額パックに未加入状態で通信が発生してしまうと青天井で通信費がかかってしまうので、本当に注意しておかないと大変なことに。

容量や料金はdocomoとauのいいとこ取りをしているが、回線の品質的にyoutubeや画像表示に制限をかけているという話もあり、同じ容量しか選べないのでは優位性は低いだろう。

 

各種施策

ここではスマ放題に関する施策として出て来たサービスの一部について幾つかまとめてみた。

データくりこし

データくりこしサービスは、データ定額パックにおいて5GB以上のプランを契約した場合、その月に余ったデータ量を翌月に繰り越せるというサービスになっている。3キャリアで並ぶこととなった通話定額型のプランの中では、個人でデータ量の繰り越しを用意しているのはSoftBankだけとなる。

家族データシェア

docomoが示したシェアという道をSoftBankも用意している。ただこちらはメインでこのサービスを扱うというわけではないようで、あくまでも選択肢の一部としてスマ放題でもデータシェアが可能になる、という位置付けのようだ。

500円のシェアオプション使用料で代表回線のデータ定額パック(10GB以降のプラン)を子回線でも利用できるようになっている。このデータシェア利用時のみWi-Fiルータープラン(1,400円)というものを利用できるようだ。

家族おトク割

家族おトク割では家族割の回線内のデータ定額パックの合計が10GBを超えている場合、全ての家族回線から容量に応じた割引を2年間に渡り提供する。需要の高い2GBが割引無し、5GBでようやく300円と、10GB以上の大容量プランが1,000円以上の割引になっているのに比べるとショボさはあるが、大容量のデータを使ってしまう家族には有り難いものになるかもしれない。

その他25歳以下への割引が行われるU25ボーナス、スマ放題加入キャンペーンとしてデータ量の増額キャンペーンが2種類用意されている。

メリット:どれかは適用できそう

関連したサービスが多いため、うまく複数の施策を組み合わせられて自分の使い方にピッタリ合うようであれば、docomoやauの通話定額型プランよりもお得な運用が可能になることだろう。

デメリット:併用不可

ただメインとして利用したくなるサービス、データくりこし・家族おトク割・家族データシェアは、併用が出来ない規約内容になっているため、スマ放題関連サービスの全ての恩恵を受けることは出来なくなっている。これら3つはデータ量の扱いと割引というキャリア選択の核となりうる部分に関するサービスであるため、併用不可能というのはなまじ内容が良いだけに残念な対応に感じる。

 

その他

  • ホワイトプランの受け付けは8月末で終了となる。既にMNP案件もホワイトプランではなくスマ放題で受け付けするところがほぼ全てであるため、今後はこのスマ放題が完全なメインプランとなりそうだ。MNPにおいてキャッシュバックがされる場合、10GB以上のプラン契約でCB増額なんていう施策も出て来ている。契約するデータ量によってインセンティブが違うとなると、特価案件を見つけても今後はデータ定額パックの詳細までしっかり問い合わせることが必要になるだろう。

 

契約変更の可否によるが、新料金プランでの最低維持を試行するとしたら月月割を使ってのフラット維持か、3Gケータイの2,200円+300円運用ぐらいしか現状無いだろうか。

契約変更の余地が無く、スマ放題のみでの運用が必要になってくると、寝かすなどという運用方法は今後SoftBankにおいては廃れていきそうな気配が。よほど欲しい機種が0円になったとかでない限りはむやみに契約しないほうがいいかもしれない。まだ確認はしていないものの、特に以下の文言には契約変更の不可能性を示す下りが記されており、スマ放題で契約した場合は別の形態のプランへの変更が出来なくなるかもしれないので要注意を。

更新月以外の請求月に、他の料金プランへ変更された場合、またはソフトバンク携帯電話を解約された場合、契約解除料として9,500円をお支払いいただきます(翌請求月に加算)。なお、更新月に他の料金プランへ変更された場合、またはソフトバンク携帯電話を解約された場合、専用2年契約による割引は前請求月までの適用となり、更新月は割引の適用がされません。

「スマ放題専用2年契約」との記載があるため、契約変更で契約解除料がかかる可能性は高いような・・・。


PAGE TOP