MVNO

やっぱり楽天モバイルは神だった 実質0円スマホ&3000円AQUOS&4.4万ハイエンドGalaxy

スマホ系のキャンペーンではやっぱりトップクラスですわ・・・

BIGLOBE辺りが結構対抗色強めてますが、その前に契約すべきなのはやっぱり楽天モバイルになるんだよなぁ・・・

 

 

というわけで楽天モバイルの新キャンペーン始まってます。

前回に比べるとポイントの総額は減ってるものの、同時に事務手数料0円なんかの施策が行われたために、前回とほとんど差異はない感じです。

むしろスマホ向けのポイントが増えたことで実質的な価格にはなるものの、0円で契約できる機種なんかが出てきたりしてるんでスマホ本体も一緒に契約したいのなら、ラインナップは少ないものの楽天モバイルの今回のキャンペーンは必ず見ておきたいところです。

まあとにかくおトクなスマホ系キャンペーンがまだまだ楽天モバイルで実施されることになるんで、今回はその話題です。

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT V 2.0契約でポイント最大28,000円分が貰える

楽天モバイルのキャンペーンについて早速確認していきますが、次のような内容になります。

内容

  • 楽天モバイル UN-LIMIT Vの回線/スマホとのセットを契約するとポイント還元
  • 回線/SIMのみの契約で条件を満たせば8,000ポイントが貰える
  • 従来のキャンペーンよりもポイント自体は減少
  • ただし事務手数料の3,300円が今回のキャンペーンで0円に。そのためポイントは大きく減っていない
  • さらにスマホとセットで契約20,000ポイント追加、15,000ポイント追加
  • 合計で最大28,000ポイント貰える
  • しかも今回契約が必要な楽天モバイル UN-LIMIT Vの回線は維持費がかからない
  • 1年間、基本料が無料になるキャンペーン
  • キャンペーン対象は先着300万名
  • 楽天エリアでのデータ通信は無制限
  • 楽天エリア外はau回線にローミング接続
  • auエリアは5GB/月
  • auエリアのデータ量を使い切ったら通信速度は1Mbps
  • 楽天Linkを使えば通話料無料
  • 契約解除料?もちろん三木谷さまはタダですよ
  • au回線使ってるんでもちろん通信速度は爆速、楽天エリアもTwitter見る限り爆速
  • eSIMにも対応しておりiPhoneやPixelでも運用が出来る
  • 楽天市場でポイント2倍の特典もあり

 

従来の1年間0円で使えるキャンペーンなんかも一緒に並べてますが、そちらの維持費0円の特典を使いながらポイントをガッツリ貰うことができるのが今回のキャンペーンとなっています。

SIMだけの契約、回線だけの契約といったものでは、8,000ポイントが貰えて1年間0円で使える、というものになります。

ポイント金額自体はこの前に行われていたキャンペーンよりも少なくなっているものの、今回のキャンペーンの契約からは事務手数料としてかかる3,300円が0円化したため、その支払い負担が発生しない分ポイントが減ってるだけです。

むしろ今回からは完全に初期費用が0円になったことで契約しやすくなったというか、1年間はガチの0円回線へと進化してます。

条件はいつも通りで、Rakuten Linkからの通話10秒とSMSの利用が必須です。これはポイント獲得のために忘れないようにしましょう。

契約条件

  • 新規・MNP、MVNO楽天モバイル回線からの乗り換えが対象
  • 申し込み回線が到着後に楽天Linkで通話を10秒以上、SMS発信を1回以上行うこと(翌月末までに)
  • 一人1回まで、初の楽天モバイル回線の契約
  • 回線の開通を翌月末までに

同じ条件かつスマホと一緒の契約なら最大28,000ポイントにアップ。

 

個人的にオススメなのは以下の機種

  • AQUOS sense3 lite
  • OPPO A5 2020
  • Xperia Ace
  • Galaxy S10

この辺りのスマホは価格とポイントを考慮したいわゆる「実質価格」というものが「コスパの良い」ものになってるんでオススメしたいです。

実際には価格分の支払いというものが発生するものの、ポイントが後日還元されるために実質的な価格といったところは0円とかの高コスパ機種というのが実現しているわけです。

具体的に実質価格を見てみるとこんな感じ

  • AQUOS sense3 lite:実質2,980円
  • OPPO A5 2020:実質マイナス980円
  • Xperia Ace:実質9,980円
  • Galaxy S10:実質43,980円

0円スマホ、3,000円以下のスマホ、1万円以下のスマホ、4万円ちょっとのスマホと、いい感じの実質価格が揃っており、しかもどれもスマホとしてこれらの価格で買えればマジでコスパ良いと感じられる機種になってるんで、もしこれらのスマホに興味があるのだったら楽天モバイル経由での契約をオススメします。

 

各スマホの特徴は次の通り

  • AQUOS sense3 lite:スナドラ630、防水・防塵、おサイフケータイ、5.5インチのコンパクト。万人向けかつスタンダードに役立つ実質3,000円のスマホ
  • OPPO A5 2020:スナドラ665、5,000mAh、デュアルSIM。実質0円なのに性能は意外と高い良コスパスマホ。独自OSでバッテリー消費も抑えられた上に容量も多い
  • Xperia Ace:スナドラ630、防水・防塵、おサイフケータイ、5インチコンパクト。最後の18:9Xperia。これまでコスパの悪さが目立っていたがようやく実質1万円に
  • Galaxy S10:スナドラ855、防水・防塵、おサイフケータイ。大画面でベゼルレス、そして圧倒的な高性能さ。低価格モデルばかりの中で、メインで楽天回線を使うのに適した実質4万円スマホ

これらの機種で自分の使い方に合うものがあれば、回線もセットとは言っても維持費0円で済ませることができるため、買っていいのではないかと思います。

この中ではXperia Aceが他のキャリア販売含めてもようやく特価価格になってくれていて、やっと納得いくコスパの良さで買えるようになったのが嬉しいかなってところです。今までコスパ悪かったんで、ようやくの買い時が来たのかなと。5インチで18:9なコンパクトモデルなんで、Rakuten Miniは小さすぎるって人にはいいはずです。

 

まあやっぱり楽天モバイルでは神キャンペーン続きますね。

スマホと一緒に契約、回線だけで契約、どちらでも契約する側に不利な内容というのはまずないです。

デメリットなく契約できるメリットだらけのキャンペーンなんで、まだ楽天モバイルを契約していない名義が家族にあるようなら、またここで一つ契約してみるのも良いでしょう。

特に今回は事務手数料が0円になって初期費用無料となったことで、前よりも気軽に契約できるようになったのはデカイです。

1年間0円の回線と一緒に高額なポイントを貰えるこのキャンペーン、ぜひ注目を

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です