SoftBank「スマホタダ割」が延長&内容変更 「フラット契約必須」「ガラケー排除」に

 

SoftBankが各種キャンペーンの延長を発表している。スマホタダ割やスマホ紹介割などの現在主要なキャンペーンが軒並み延長されている。

http://mb.softbank.jp/mb/news/contents/201301301501100000/

またその中で一部のキャンペーンが内容変更となっているので紹介したい。

 

まずこちらのモバワン川越店さんのつぶやきから

 

 

このようにスマホタダ割の「改悪」について知らせてくれている。

細かな概要はこちらのPDFファイルで読んでほしい
http://www.softbankmobile.co.jp/ja/design_set/data/news/info/2013/20130131_01/pdf/20130131_01.pdf

これによると確かに以下のような一文が記されており、2段階パケットでのスマホタダ割契約は不可能になってしまった。

3.加入条件
・MNP を利用して新規契約すること
・「ホワイトプラン」「S!ベーシックパック」、フラット型のパケット定額サービスに加入すること

 

対象者の項目にもフィーチャーフォン、いわゆるガラケーが無くなりiPhoneとAndroidスマートフォンのみがスマホタダ割の対象に変更されている。

これまで2段階制のパケットプランでスマホタダ割を適用させることで、のりかえ割のように1年間基本料無料を受けて月300円~3円ほどの運用が可能であったのだが今回の改定でそういった格安運用は厳しくなりそうだ。

銀SIM化、あるいはスマホ用の緑SIM化によるパケホ外しも今回のフラット契約のみの改定により不可能になった可能性が非常に高い。

今後はMNPによる転入には、スマホタダ割ではなく株主優待券を使うのが最も適した方法だろう。

Yahoo!オークション:SoftBank 株主優待

まだまだオークションには株主優待が出回っているので、この改定が周知される前に仕入れておくことをオススメしたい。

 

ただ気になるのは先程と同じくモバワン川越店さんのつぶやきからこのようなものがある点だ。

 

 

キャッシュバックや値引きが今の水準から下がるようであれば、かなりSoftBankと契約する旨味は減ってしまう。今後のSoftBankの動向を見ながら株主優待を仕入れるかどうかを決めてほしい。


PAGE TOP