ドコモプレミアクラブの改定内容が発表される 全体的に改悪傾向

docomoからドコモプレミアクラブ改定についての発表が出ている。

http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/130626_00.html

今回の改定により、一部docomoユーザーにおいてはかなりの獲得ポイント数の変更やポイント獲得のための支出増加という事態になりそうだ。

とりあえず目についた影響力が大きい改定部分を以下で紹介しておこうと思う。

・上位ステージの条件に有料オプション必須に

これまで継続利用年度あるいは月々の支払い料金によってステージが決められていたが、改定後はオプションパック群への加入が必須となる。このオプションへの加入を行わない場合、たとえ15年以上docomoを利用している長期ユーザーであろうと、1stステージへもいけないベーシックステージと呼ばれる最も低い会員ステージ(1000円ごとにわずか5ポイント)となってしまう。

 

・ポイント付与を100円単位から1000円単位へ

これまで100円単位で行われていたポイント付与が、今後は1000円単位となる。先の上位ステージに必須な有料オプションに入らない場合、10年以上のユーザーでさえ100円4ポイントから1000円5ポイント(=100円あたり0.5ポイント!)となってしまう。
またこの改定により寝かせ回線や月サポ回線において、ポイント獲得は絶望的になるだろう。

 

・プレミアクラブ3年間無償保証サービスが有料化

これまでプレミアクラブ会員になっていれば無料で受けられていた端末の3年間無償補修サービスが、「ケータイ補償サービス」あるいは「あんしんパック」と統合された。これにより実質的に補修サービスが有料化している。

docomoプレミアクラブ

 

影響としては上位ステージの特典を適用させるためには、有料オプションへの加入が必須という点が大きいだろう。
スマートフォン利用者はあんしんパックまたはおすすめパック加入が必須なため、月額525円または630円の支払いがなければポイントは増額にならない。このオプション分の費用をポイントで賄おうと思った場合、10年以上利用者で13000円以上の支払いが無いと獲得ポイント数が条件となるオプション分の費用(525円)より下回ってしまう。

条件となるオプションに入らない場合先に書いたように10年ユーザーは100円あたりの獲得ポイントが8分の1となるため、長期ユーザーかつオプション未加入な状態を維持している中高年層などはポイント数が大きく減ることとなるだろう。若い利用者は親を含めた家族回線のオプション見直しや利用料金の確認をし、今後の方針を決めておいてもいいかもしれない。

 

個人的にはauが見せたスマパス加入なしで毎月割減額以上の無駄オプション強制術と感じるが・・・。今回の改定はこうした動きに無関心な長期利用者の完全養分化、月サポなどの活用術を知るプロ排除を目指してのものといったところか。

なおDCMX GOLD会員になれば、そこそこのポイント数は獲得できるようにはなっている。年会費は10500円。年会費こそ高いものの一気に最上位ステージに上がれるブーストを備えているため、うまく使いこなせるようならば持っておいて損は無いかもしれない。


PAGE TOP