AQUOS Xx 304SHがMNP一括0円&キャッシュバック端末へ

 

欲しい人向けな感じで。

8月1日よりSoftBankのAndroidスマホ、AQUOS Xx 304SHが月月割減額に伴いMNP一括0円施策の仲間入りの模様。条件次第ではキャッシュバックも余裕で付きそうな雰囲気になっている。

304SH陥落によってこれで現在発売されているSoftBankスマートフォンの中でMNP一括0円化を経験していないものは無くなっただろうか。iPhone 5sが4月以降はMNPによる投げ売りから外れているぐらいで、後のスマートフォンは全て0円売り対象となってしまった。

月月割は1,485円

MNP一括0円での契約が広く可能になってはいるものの、その代償として月月割が2,880円から1,485円へとほぼ半減している。そのため月々の維持費が安い、ということにはならなそうである。

一応8月31日までならばホワイトプランでの契約が可能となるため、スマ放題と共に目安となる維持費を出してみた。

  ホワイトプラン スマ放題
旧通話基本料 1008円 2916円
ISPサービス 324円
フラット 6156円 5400円(データ標準)
月月割 ▲1485円
バンバンのりかえ割 ▲1008円
合計(本体代一括購入時) 4995円 7155円 

今のところスマ放題での契約時に「データ定額パック・標準」を条件にしている案件ばかりなので、それに準じて計算している。そうするとスマ放題ではバンバンのりかえ割が効かないためにMNPですら7,155円・・・。ホワイトプランで4,995円とこちらも十分高いがそれ以上の料金がかかってしまう。フラットで運用するにしろ2段階、みまもりと切り替えるにしろ、8月中はホワイトプランもしくはデータ定額パック・小容量で契約できるところを探したいところだろう。

 

最初からキャッシュバックありっぽい?

少ない併売店のつぶやきや家電量販店の状況を見るに、最初からMNP一括0円だけではなくキャッシュバックもついて来る様子が伺える。最低でも1万円CBぐらいはオプションのみで行けるだろう。

 

SoftBankの場合、スマ放題のデータ定額パックの容量に応じてインセンティブが違うようで、高額キャッシュバックの条件には5GB・5,000円以上のプランへの契約が必要になる場合がある。そのため条件の確認時にはデータ定額パックの容量までしっかり確認を。

また2台同時契約時にキャッシュバックが増える家族まるごと割施策が実施中ではあるが、キャッシュバックが増える代わりに6ヶ月以内(3ヶ月)の解約に対して1万円の契約解除料が上乗せになるためそこも要注意を。

 

スマ放題やら総合やら買いにくい条件が揃ってしまっているSoftBankではあるが、302SHの外観の安っぽさを克服し、タッチパネルも改善されたと言われている304SHは多少の費用がかかろうが契約価値のあるスマホではないだろうか。相変わらずの意味不明なボリュームキーの位置であるが、充電箇所は改良されている。狭額ディスプレイ機としては性能も見た目も今ある中では上位かと思われる。キャッシュバック次第では契約費用と数カ月分の維持費もペイ出来る可能性もあり、割と注目していきたい機種だろう。

ついでに303SHのキャッシュバックも爆発しているような・・・。SoftBankさんMNPキツいんでしょうか。


PAGE TOP