SoftBank

SoftBankの今のスマホ価格って強烈じゃない?3万円台でミドルハイ、5~8万円台に高性能スマホが揃ってて買いやすいと思うんだけど

 

SoftBank褒めると叱られそうな気もするけど・・・。

これは余裕で褒められる内容でしょう。

 

 

SoftBankのスマホ価格が頑張っています。いや、頑張っているという以上に普通に評価することができるレベルで頑張ってます。

最近だとG8X ThinQをとんでもない安さで販売したSoftBankですが、他のスマホに目を向けてみても結構人気の高いiPhoneとかが安い価格で売られており、「あれ?普通に良くね???」って感じられるものになってます。

一部の機種はまだまだ他キャリアに比べるとクソ高い、トクするサポート使うこと前提じゃんって価格なんですが、今回取り上げてる機種の価格はマジでアンチも納得な適正価格(よりもお買い得)。

なーんかG8X ThinQに引き続いてSoftBankのスマホの価格を安いよーって紹介するとは思わなかったですけど、まあいい感じの価格なんでチェックしてみてください。

 

時期的に学割と合わせると3キャリアの中でも最強なんでは?

 

SoftBankのスマホの定価が値下げやらなんやらで低めの価格で充実ラインナップに

SoftBankのスマホに関しては10月の分離プラン完全導入以降、ちょっと前まで値下げされていた機種が全て値下げ終了で価格が高騰化。

それまでハイエンドでも結構な安値で買えていたのにそれが完全に終了してしまった状態が最近まで続いていました。

まあ型落ちスマホですら販売当初の10万円を超える価格とかになってたんで、様子見で値下げ関連を自粛していたようですが、この2019年12月辺りから再びSoftBankのスマホで安い機種というのが出てくるようになりました。

これがまず普通にお得な価格にまで値下げが実現されているのでSoftBankスマホの中において狙い目となっています。

それとは他に単純に性能と比較してみても定価が安く設定されていて買いやすい、なんていうお買い得機種というのも出てくるようになったので、そちらも今のSoftBankでは狙う価値が十分にあります。

というわけでそうした値下げやら定価が低く設定されている買いやすい機種についてをラインナップとしてまとめてみました。

 

Google Pixel3aが36,720円、スナドラ855の2画面スマホが55,440円、iPhone 8が63,360円

 

今SoftBankで価格が安い機種としてオススメできるのは次の機種。

低価格で高性能機種 価格
Google Pixel3a 36,720円
G8X ThinQ 55,440円
iPhone 8 63,360円
コスパに優れるハイエンド↓
Google Pixel4 87,840円
iPhone 11 89,280円

一応マジで安いものとコスパ的に優れた安さがあるものの2種類に分けてます。

 

いやーこのラインナップでこの価格はやっぱり今のSoftBankを褒めるべきじゃないっすか?

Google Pixel3aの36,720円、iPhone 8の63,360円、G8X ThinQの55,440円っていうのはどれも見事な安さでしょう。

性能も価格も両方で満足できる契約がここまで幅広い価格で揃ってるってのは中々ですよ。

特にGoogle Pixel3aは3万円台で買えるという安さ。

スナドラ670なんで最近のミドルレンジによく使われてるスナドラ630よりもキビキビ動き、ゲームとかもある程度できるものになってるんで性能も地味に良いスマホです。

防滴・おサイフ・指紋認証と揃っている機能もまあまあしっかりしてるため、これが3万円台で買えるようになっているのは今のSoftBankの良いところです。

スマホの購入価格を大きく抑えられた上で普通に性能が良いスマホをゲットできるってのは褒めていいでしょう、これは。

 

そしてもう一つ忘れちゃいけないのがG8X ThinQ!

2019年の終わりに現れたコスパ最強スマホは、安売りスマホを語る上で絶対に外せない存在です。

Google Pixel3aでも充分に安いし性能もよくて満足できるわけですが、それを超えてしまう可能性があるのがG8X ThinQ。

価格は55,440円とさすがにPixelよりは高いものの、スペックを見るとなんとスナドラ855搭載・・・。2019年発売スマホの中で最高レベルの性能を持つSoCを使ったスマホが5万円台という驚異の安さ。

メーカーのLGが「SoftBankがこの価格で売るとは思わなかった」と言うぐらいのあり得ない安い価格をつけているのがG8X ThinQです。

性能だけじゃなく機能もほぼ全部入りなんで、間違いなく2019年のコスパ最強スマホになっている機種です。

このG8X ThinQの存在によって最近のSoftBankの価格付けに関しては褒めるしかないでしょう。鬼安過ぎる!

 

あとはまあ上記の2つに比べるとそこまで熱量込めて説明することはできないものの、普通に欲しかった人には安い機種が3つ。

SoftBankに多いiPhoneユーザーで、7とか6sとかのホームボタンがある機種を使っている人ならiPhone 8も買い替えの対象になってくると思います。

そうした中でiPhone 8の価格が6万円台ってのは従来のiPhoneユーザーにとっても買い替えしやすい価格でしょう。

10万円とか超えるような価格じゃないってのは抵抗感も少ないと思います。

まあdocomoとかはもうそんな価格で長いこと売ってるんであんまインパクトはないんですが、SoftBankでもようやくってことで。

 

他の2つは8万円台で買える数少ない最新ハイスペックモデルということで選びました。

G8X ThinQとかいう相場ブレイカーの存在を一旦無視すれば、iPhone 11とGoogle Pixel4のコスパもそのスペックを考えれば8万円台で価格が抑えられているのは非常に優秀です。

まあSIMフリーモデルとの兼ね合いで高くできないんでしょうが、ここも褒めていいポイントかと思います。

どっちも性能とか機能だけじゃなくカメラも良いっていう使い勝手の良さもあるんで、そこも求める使い方であればこの2つはハイスペック系のモデルの中では価格は抑えめです。

 

3~8万円の中で高性能機種を選べるのが今のSoftBank

 

これはガチで褒めて良い内容のはずです。

 

3万円台と安いPixel3aから始まり、5万・6万・8万円台でしっかりしたスマホが買えるように揃えてきてるSoftBankのこのラインナップはユーザーにとって選びやすく買いやすくなっているでしょう。

3万円台のPixel3aですら比較的高性能なスマホの部類に入り、5万円台という安さのG8X ThinQではスナドラ855を使っているというコスパの良さです。

iPhoneも機種変更しやすいレベルの安さを2つのモデルで実現していて買いやすく、2年後の返却を前提としたトクするサポートを使うことで半額+9,360円の価格で使うことも出来るというさらに安い運用というのも出来るようになっています。

 

10月直後の高額な値付けには正直これからどうなるんだとビビりましたけど、様子見期間が終わってからのこの幅広い価格帯に高性能なスマホが散りばめられている今のSoftBankのこの価格ってのはユーザーに優しいものになっているのは確かです。

G8X ThinQとかGoogle Pixel3a、あとはiPhone 11とかなんかは普通にコスパ良すぎる機種変更しやすいスマホになってるんで、SoftBank回線を持っている人は今ならスマホが買いやすくてお買い得だと言えます。

 

あとは学割目当てでどこかのキャリアを契約しようとしてた人にもこの選べる価格帯の多さは魅力的に映るはずです。

学割によってさらに安くなる他、Twitterやインスタグラム・Amazonプライムの通信量がカウントフリーになったりYahoo!ショッピングで買い物10倍、PayPay連携のしやすさなど価格以外にもメリットが多く出てきたSoftBank回線でこれらのスマホを使うというのは賢い選択の一つになるんじゃないかと思います。

契約はオンラインショップで(特に機種変更)

なお今回の安いモデルを契約しようという場合には、SoftBankのオンラインショップをオススメしています。

その理由は簡単で、オンラインショップでならばお得に機種変更が簡単に出来てしまうからです。

オンラインショップでは

  • 頭金が0円
  • ネットから簡単に手続きが可能
  • 送料無料で最短翌日には自宅に届けてくれる
  • チャットサポートで自宅からプランや端末比較の相談ができる

こんなにお得で便利に契約できるメリットが数多くあります。

特に頭金といったスマホ契約では必須の支払いがオンラインショップであれば無条件に0円に出来るのはオンラインショップが持つ強烈なメリットなのは間違いないです。

こうした端末価格以外の支払い金額というものを気にせずに契約できる、しかも全国から契約可能というのは間違いなくオンラインショップがお得な点と言えます。

他にも自宅から全ての手続きが可能なため、わざわざ時間をかけて契約に行く必要もありません。即日スマホが手に入るというスピード感はありませんが、手続きが本当に5分以内に終えることが出来る上に最短翌日には到着するのは楽です。時間を気にせず契約できて無駄にもしないのは社会人や主婦の方に大きなメリットになるはずです。

それにオンラインショップの販売ページ内ではチャットサポートが最近では行われており、店頭の便利な要素であるプラン相談や端末の相談といったものも行うことが可能になっています。オンライン契約に抵抗感がある人でもこれなら契約しやすいでしょう。

こうした理由から機種変更をするのならばオンラインショップをオススメしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です