お役立ち知識

「携帯電話SIM」等のMNP弾がAmazonでちょっとだけ安い

 

日本通信から発表された音声回線付きdocomoMVNO契約SIMである「携帯電話SIM」と「スマホ電話SIMフリーData」。

音声契約が含まれるということでMNPの転出入にも対応しているのが特徴だろう。前身、と言っていいのかわからないが、talkingSIMやスマホ電話SIMにはお世話になった人も多いはずだ。BLを気にせず撃てるMNP弾として初心者向けと言えるSIMである。

「携帯電話SIM」と「スマホ電話SIMフリーData」は「スマホ電話SIM」と比べるとMNP弾としての費用は値上がりしているものの、弾以外にも活用方法が用意されている新世代の弾になっている。

この「携帯電話SIM」と「スマホ電話SIMフリーData」のAmazonパッケージ版が通常の価格よりも値下げされているのでお伝えしておきたい。

 

11月30日現在のAmazon上での「携帯電話SIM」の価格は以下のとおり。

  • 標準SIM  2,432
  • マイクロSIM  2,492

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00GOPY4SY/

「スマホ電話SIMフリーData」の価格は以下のとおり。

  • 標準SIM  2,421
  • マイクロSIM  2,506
  • ナノSIM  2,425

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00GOPXS2C/

 

仮に契約1ヶ月目で他社への転出をした場合の費用は以下のとおり。

携帯電話SIM

契約事務手数料 3150円
基本料金 1354円
契約解除料金 9450円
転出事務手数料 3150円
合計 17104円

携帯電話SIMでは1,300円分の無料通話がついてくるため、案件問い合わせのための回線として利用価値がある。弾として使えるだけなく、docomoガラケーに適当に入れておくだけでも使い勝手のいいSIMになっている。

 

スマホ電話SIMフリーData

契約事務手数料 3150円
基本料金 1638円
契約解除料金 8400円
転出事務手数料 3150円
合計 16338円

スマホ電話SIMフリーDataでは基本料金にデータプランが組み込まれており、追加料金無しで200kbpsのデータ通信が利用できる。MNP弾として以外にも、スマホに適当に入れておけばTwitterでの案件探し等にも利用できる。

 

Amazonパッケージ版ではこの中の契約事務手数料の部分がパッケージ販売の価格と重なることになる。その場合での料金を全て比較した場合は以下のとおり。

携帯:標準 16,386円
携帯:マイクロ 16,446円
スマホ:標準 15,609円
スマホ:マイクロ 15,694円
スマホ:ナノ 15,613円

というわけてこれを見ると、スマホ電話SIMフリーDataの標準SIMが今回のパッケージ料金値下げで最も安いMNP弾となる。

 

大した値下げでは無いもののauの喪明け等のタイミングに偶然重なることから、弾としての需要は幾分あるものと思われる。Amazonパッケージ版の場合は開通のタイミングをこちらで調整出来るため、いくつか仕入れておくのもいいかもしれない。

POSTED COMMENT

  1. RC より:

    MNP騨を初めて作ろうと思っています。スマホ電話SIM フリーDataの標準SIMでiPhoneにMNPしようと思っているのですが、こちらは即解約しても支障はないのでしょうか?無知なのでアドバイスあればお願いしたいです。

  2. RC より:

    返信ありがとうございます。ではこのスマホ電話SIM フリーDataの標準SIMを購入し、iPhone等に転出してみます!ちなみにすまこじさんはここのSIMいくつくらい購入し動かしていますか?

    • smakoji より:

      最近はキャリアの回線で埋まってて動かす機会が少なすぎますが、auがBL始める前は本当にアホみたいに使ってました。いくつとか正直覚えてないレベルですかね。

  3. ぱるせん より:

    ヨドバシでも2690円のp10%(実質2421円)で売ってますね。こちらはどのサイズも同じ料金です。昨日アキバ淀で購入しましたが、Webでも同価格で販売しています。
    アマゾンが入荷待ちのようですので、急ぐ場合はこちらで購入するとよいかもしれません。
    私はアマゾンで発売日に購入したのですが、まだ利用開始前だったので返品→再購入しました。

    • smakoji より:

      ヨドバシでもやってるんですね。Amazonは値上がってますしそちらでの購入も良さそうですね。
      というか返品出来るんですね・・・。

  4. RC より:

    やはりみなさんたくさん持ってるんですね。標準15609円の費用をかけ、騨を作り、auのiPhone5(買い取り38000円)ブラックを一括CB10000円で行おうとおもってます。費用au半年契約980円×六ヶ月、 利益約26511円、(au解約金は費用に入れていないです。)です。利益はこんなもんなんでしょうか…?CB金額によって大分変わってくるとは思いますが…初心者の為全く無知で質問して申し訳ないです…。それと知人はソフバンは維持費が高いのでMNPお勧めしない。と言われましたが同じ意見でしょうか?

    • smakoji より:

      基本その認識かと。もうちょっとキャッシュバックが欲しいところですが。
      SoftBankは慣れないうちは維持費や特典の適用条件などが複雑なので、料金プランの計算やMNPの方法に慣れるまでは手を付けないほうが損はしないはずです。
      まぁ今のSoftBankは複雑なプランこそありますが、キャッシュバックが凄いのでMNP候補に入れてもいいかもしれませんが。

  5. stereoman より:

    いまみたら、Amazon、ヨドバシ共に値段が元に戻ってますね。

  6. RC より:

    やはりCB少ないですよね。auの5自体全然在庫が無いようでCB1万のところが私が見つけた在庫持っている唯一の店舗です。5Cの買い取り価格が上がるという記事も見つけました。非常に迷ってます…MNP難しいですね…

    • smakoji より:

      iPhone5は一部販売終了のところも出てますし、HTL22の4万円キャッシュバックが月末に出るのを期待するほうがいいのかなぁ、なんて思います。

  7. RC より:

    HTLも買い取り価格結構いいんですね。焦らずちょっと待ってみます。一括ゼロでCB40000だったらすごいいいですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です