docomo

docomoのiPhone 8/iPhone 7、値下げ後の価格と維持費 機種変更の契約を安くてお得な価格で手に入れる方法

iPhone 8の値下げが行われたのでこんな記事を。

iPhone 11 Proの高額な価格について、流石に手が出せないという人も多いと思われるため、ここではハイエンドiPhoneと比べて価格が安くて買いやすいiPhone 8とiPhone 7について再評価する形で現在の契約情報をまとめていきます。

ここではdocomoで発売されている

  • iPhone 8/iPhone 7の価格と維持費
  • iPhone 8/iPhone 7をオトクに契約する方法

というのをまとめていきたいと思います。

iPhone 11 Proの価格の高さに対して「値下げの実施」が行われたことによって比較的安価に契約できるiPhoneとして用意されているiPhone 8/iPhone 7の価格と毎月の維持費。それにこれらのモデルをオトクに契約できる方法やキャンペーンについてもまとめてあるので、これからの契約スマホとしてiPhone 8/iPhone 7に興味があるという人に参考してもらえればと思います。

iPhone 8とiPhone 7の特徴

今回のピックアップスマホはiPhone 8とiPhone 7です。

iPhone 11 Proといった最新モデルに比べた時には「型落ち」にはなってしまうものの、性能でみた場合にはまだまだ現役で長く使える機種であるのは間違いなく、またiPhone 11 Proと比べても価格が抑えられており買いやすいという特徴があります。

また最新のモデルにはないサイズ感といったところも特徴的であり、高性能ではあるものの高額で重さや大きさが目立つようになってしまう最新のiPhone 11 Proよりも、扱いやすく買いやすいiPhoneとなるのは間違いないでしょう。

iPhone 8/iPhone 7の主だった特徴は繰り返しになるものの次の通りです。

  • 価格の安さ
  • 必要十分な性能の高さ
  • コンパクトなサイズ感
  • 軽さ
  • 指紋認証
  • 防水・Apple Pay

といったものが得られます。

こうした特徴の中で最も大きい要素が価格の安さでしょう。

iPhone 11 Proの価格と比較したときにその価格の安さは間違いなく魅力的です。

2年、あるいはそれ以上の型落ちになるものの、性能自体は普段の利用においては何も影響がないものではあるため、ゲームなんかをしないユーザーにとっては影響は少ないかと思います。

また4.7インチで最近のモデルとしてはコンパクトで手に持ちやすく、さらに150g以下と軽さもある点はiPhone 11 Proなんかと比較しても優れた特徴であると言えます。

さらに指紋認証への対応、そして防水機能という利便性の高さ、さらにさらにApple Pay対応による実質的なおサイフケータイ機能も持った機種となるため、便利さといったところも揃えています。

数年後を考えた時に若干ゲームアプリへの対応が難しくなるといった性能ではありますが、そこさえ問題なければ今購入しても今後数年は普通の用途であれば長く使い続けることができるため、安さ重視で選ぶべきコストパフォーマンスの高いiPhoneといった役割になるでしょう。

iPhone 11 Proよりも安い価格でありながら、当時のフラグシップiPhoneだけあって性能も機能も十分に備わっている小型ハイエンドとなっているため、iPhone 8/iPhone 7といった機種をあえて今このタイミングで購入するというのも賢い選択になるでしょう。

 

性能・機能・価格でオススメできるiPhone 8/iPhone 7について、その価格と安く契約する方法というのを以下では案内していきます。

iPhone 8/iPhone 7の価格

  • iPhone 8
iPhone 8 契約形式 販売価格
一括購入 6万7320円
24回分割契約 2805円×24回
36回分割契約 1870円×36回
  • iPhone 7
iPhone 7 契約形式 販売価格
一括購入 4万3560円
24回分割契約 1815円×24回
36回分割契約 1210円×36回

iPhone 8とiPhone 7の価格は値下げがされたとはいえ結構な差があります。

iPhone 7は4万円台というiPhoneとしては比較的安価な金額。性能は最新のモデルよりも低いものの、iPhone 7に使われているCPUであるA10 Fusionは2019年に発売された最新のiPadに搭載されているCPUとなっているので、現行で利用しても十分なパワーを持ったスマホになっています。

iPhone 8はそこからさらに高性能化・高機能化を果たしたために価格の方は上がっていますが、指紋認証と3D Touchが使える最も高性能なiPhoneになっています。

地味に3D TouchはiPhone 11 Proから廃止されてしまい、既読にせずにLINEの内容を読むという裏技が使えなくなってしまうなど支障があります。それがiPhone 8では利用できるというのはメリットがあるでしょう。

定価自体も10万円を余裕で超えてきたiPhone 11 ProやiPhone XSといった契約に比べればどちらも価格は安価になっているのは確かです。

 

分割では24回払いと36回払いを選択することができます。

維持費参考

維持費についても本体代金込みでの金額を出してみます。

24回分割・36回分割の維持費例はiPhone 8をベースにしています。

ギガライト
ステップ1
~1GB
ステップ2
~3GB
ステップ3
~5GB
ステップ4
~7GB
一括購入/回線料金のみ 3278円 4378円 5478円 6578円
36回分割 5148円 6248円 7348円 8448円
ギガホ
一括購入/回線料金のみ 7678円
36回分割 9543円

こちらはベースの維持費となります。

ここに更に家族回線数やドコモ光の有無によって割引が追加されます。

みんなドコモ割

1回線 2回線 3回線
ギガライト ▲550円 ▲1100円
ギガホ ▲550円 ▲1100円

ドコモ光セット割

ギガライト
ステップ1
ギガライト
ステップ2
ギガライト
ステップ3~4
ギガホ
ドコモ光セット割 ▲550円 ▲1100円 ▲1100円

維持費に関しては自身の回線状況から適用できるものを反映させてみてください。

 

この他に古い料金プランのままでも契約をすることが出来ます。

その際月々サポートは引継ぎできませんが、docomo withであれば割引を引き継いだまま機種変更できるため、安い維持費のままスマホを購入することができる可能性があります。

スマホおかえしプログラム

 

iPhone 8
通常価格 6万7320円
36回払い設定:スマホおかえしプログラム利用時の実質価格 4万4880円
(1870円×24回)

iPhone 8に関してはスマホおかえしプログラムを利用することが出来ます。

こちらは

  1. 36回払いを選択
  2. 24回分を支払い後docomoへ端末返却で残りの12回の支払い残債が解消される

という仕組みのものになっています。

スマホおかえしプログラムを利用するにはスマホ本体の2年後の返却が必要になってきます。

スマホおかえしプログラムについての利用は任意のため、必ず2年後に端末を返却しなければいけないということではありません。電池持ちや性能が良好なままであればそのまま使い続けることができます。

逆に2年後に新しい機種を使ってみたくなった時には残債を払わなくても良いということになるため、スマホ購入・契約の選択肢を幅広くしてくれることになります。

なおスマホおかえしプログラム利用時のiPhone 8の実質価格は2年間で44064円です。

 

機種変更するなら絶対使いたい契約方法

ここからはiPhone 8/iPhone 7をよりオトクに契約するための方法についてをまとめていきます。

全てを利用するというのは困難だと思いますが、なるべく多くの項目を満たすことによってiPhone 8/iPhone 7をより安価に契約できる可能性が高まるため、利用できるものはどんどん活用してみてください。

ドコモオンラインショップを使って機種変更をする

MNPだとdocomoショップ辺りでキャッシュバックなんかが期待できますが、機種変更においてはキャッシュバックなんてものはまず存在しません。

そのため機種変更をするなら「頭金」と「事務手数料」が無料になるドコモオンラインショップを使うことがまずオトクに契約できる第一歩となります。

頭金が無料(約5,000円~10,000円程度)

ドコモオンラインショップではその特典の一つとして頭金が無料になります。

頭金は通常のショップでは約5000円から10000円ほど付けられており、これを回避することができるだけでオトクに契約することができます。

頭金は支払いとして必要なもの、では全くありません。これはショップが勝手に付けている販売手数料みたいなもので、スマホ本体価格とは全く関係がなく利用者側にも一切利益のない支払いです。

この頭金はスマホの定価にさらに上乗せされて値上げさせられてしまうため、今回のiPhone 8だと7万円台だった定価が8万円を超える価格に変化してしまいます。

支払っても何も契約上優遇はされないため、この頭金はできうる限り0円に近い方が良いですが、今多くのショップでは頭金を5000円から10000円ほどつけています。

そうした中でドコモオンラインショップはこの頭金が0円になるため、メリットとして非常に強いものになります。

キャッシュバックなどがあるMNPならショップもありですが、機種変更では頭金0円という「値上げされない」「損をしない」契約ができるオンラインショップの方が確実にオトクになります。

事務手数料が無料(2,000円)

頭金と共にドコモオンラインショップを利用すべき理由に「事務手数料が無料」というメリットがあります。

事務手数料は機種変更の場合だと2000円かかります。

これは機種変更をした場合必ず発生する費用です。

ショップによっては無料にしている、ということはなくどこのショップで契約しても機種変更する際の手数料として2000円が発生します。

そのためスマホの本体価格を考える時は、この2000円の追加支払いというものも一緒に考える必要があります。

今回のiPhone 8だと事務手数料を加えた価格だと以下のようになります。

価格対比
iPhone 8通常価格 6万7320円
iPhone 8通常価格+事務手数料 6万9520円

 

この事務手数料が通常だとどこのショップで契約しても2000円かかるわけですが、これがドコモオンラインショップならば無料です。

2000円の必ずかかる追加支払いがオンラインショップのみ特別に0円となっているため、オトクな機種変更をするならばやはりドコモオンラインショップが第一候補になります。

頭金と事務手数料で約7000円以上はオトクになるのがドコモオンラインショップ

上記のようにまずドコモオンラインショップを使って機種変更するだけで

  • 頭金分(約5000円~10000円程度)
  • 事務手数料分(2000円)

の合計約7000円~の支払いというものを0円にすることができ、オトクな機種変更をするという意味において非常に大きな効果を発揮してくれることになります。

機種変更をするならまずドコモオンラインショップを使いましょう。

 

はじめてスマホ割

ガラケーからはじめてスマホを使うことになる場合、はじめてスマホ割が適用されて毎月1000円引きが12ヶ月間適用されることになります。

FOMAからの契約変更に限り、18ヶ月以上同じガラケー相当の機種を利用していることが条件になります。

対象はFOMAガラケーはもちろん、らくらくホンとキッズケータイもこの割引適用の対象になるため、必ずしも古い契約の利用者が対象ということではなく若いユーザーも対象となります。

下取りプログラム

もしも今使っているスマホを下取りに出せば、その機種に応じたdポイント還元を得ることができます。

直接の値引きではないものの、1ポイント1円相当で利用できて使い道もそこそこ多いdポイントが手に入るので、実質的な値引き相当に近いメリットを受けられるのが下取りプログラムです。

Android系のスマホの下取りは高くならないですが、それでもある程度小キズとかがあっても満額で下取りしてくれる良心的なところがあるので、中古ショップでの買取金額が安くなってしまうような状態のスマホはこちらの下取りプログラムを利用しましょう。

docomoクーポン

docomoのクーポンもスマホ代を安くしてくれる効果があります。

ただdocomoおよびキャリア全体の傾向として、機種変更で割引をしてくれるクーポンというのはまず中々出てこないものになっており、基本的に案内を送られてきた人のみが対象になります。

クーポンの案内は以下の主に以下のような形です。

  • Webクーポン
  • メッセージRを中心としたdocomoユーザー向けのメール
  • 郵送のシークレットクーポン

2つ目3つ目のクーポンに関してはdocomo側でクーポン対象のユーザーの属性や条件を決め、そちらに該当したユーザーに対して送付されるクーポンになっており、条件を満たさない限りは入手が非常に厳しいものになっています。

多くのユーザーにねらい目となるのは1つ目のWebクーポンです。

こちらはドコモオンラインショップ限定で使えるクーポンを以下のWebサイトにおいてシリアルコードを入力することによって獲得できます。

https://ndp.docomo-de.net/doscpn/pc/coupon.jsp

問題はシリアルコードの配布といったものが非常に限定的かつ限られた期間のみとなっているので、やはりこちらも入手は難しいです。

過去には当サイトでも配布を実施しため、こちらのシリアルコードの情報が入ればこのサイトでお知らせしたいと思いますのでチェックし続けてもらえればと思います。

MNP引き止めクーポン・ポイント

限られた利用者が貰えるクーポン・割引ポイントとしてはMNP引き止めポイント(通称コジポ・コジ割)といったものも用意されています。

こちらは151へと問い合わせ、他社へのMNPを行う手続きを申し込むとオペレーターからdocomoへの引き止めが行われ、機種変更に使えるポイントやクーポンが提案されるというものです。

auやSoftBankはこのMNP引き止めポイントをMNPしようとするユーザーに対して無差別に配っていますが、docomoの場合引き止め対象のユーザーが限られており、中々ポイントやクーポンを貰える可能性というのは低くなっています。

傾向として10年近くの長期間利用しているユーザーであればMNPを申し込んだ際に引き止めが発生する可能性があります。

一応こちらもクーポンの類として入手できるかどうか試してみる価値のある内容です。

 

dカードによる一括支払いでポイント2倍

ドコモオンラインショップでの購入に関連してもう一つオトクな方法が用意されています。

それがdカードで一括購入した場合にdポイントが2倍貰える、というものです。

通常の買い物だとdカードの還元率は1%となりますが、ドコモオンラインショップでの端末一括購入であればポイント還元率が2%になります。

高額な機種になると約1000~2000ポイントが還元されることになるため、こちらも積極的に狙いたい特典です。

dカードは通常の券種なら年会費が無料のため、docomoユーザーなら持っておいた方が良いでしょう。

またメインカードとして利用するのであればdカード GOLDを申し込んでおくと後述しているメリットをさらに得ることができます。

dカード GOLDと組み合わせて維持費の10%を毎月dポイントで還元

dカードについてはdカード GOLDの特典がdocomoユーザーであれば魅力的なものが多いです。

dカード GOLDには継続的にオトクな状態を提供してくれる特典として「docomo回線の維持費の10%が毎月dポイントで還元される」というものがあります。

これはdocomoのスマホ回線とドコモ光の料金に適用されるdカード GOLDの特典となっており、例えば毎月8000円かかるとすると800dポイントが戻ってくるということになります。

ある程度高額な金額が毎月かかっているようであれば、この特典によって毎月結構なポイント還元を受けることができるため、dカード GOLDはdocomoのヘビーユーザーなら持っておくべきカードになっています。

注意点としてはスマホの本体代の分割代金は対象外となっていて、スマホ回線と光回線の維持費のみが対象になります。

docomoのスマホ料金を安くする方法 【dカード GOLD活用編】docomoのスマホ料金を間接的にではあるものの安くする方法について、一つの方法を提案しましょう。 docomoのスマホ料...

dカード GOLDの加入特典や年間利用料に応じた特典も結果的にスマホ代を安くしてくれる

他にもdカード GOLDには特典が用意されており、そちらもdocomoのスマホ代に充てることができるために利用次第ではオトクさを押し上げてくれます。

具体的にはこちらの内容です。

  1. dカード GOLD加入特典として最大15000円相当のキャッシュバック
  2. 年間100万円利用で1万円分、年間200万円利用で2万円分の還元
  3. dカード GOLD補償で10万円分までスマホの補償対応

まずdカード GOLD加入かつ条件を満たすことでキャッシュバックがもらえます。

また年間利用金額に応じて1万円からのクーポンやポイント還元を選ぶことができます(詳細はこちら→dカード GOLD)。

そしてdカード GOLD補償の存在によって通常の補償オプションを契約していなくても補償を受けることができ、オプション代の節約になります。

どれも直接今すぐに値引きや割引につながるものではないものの、将来的・長期的な視点から効果のある値下げ・還元効果を見せてくれる特典が揃っています。

 

利用できるものは多くないがオンラインショップ・下取り・dカード利用でオトクに契約可能

決して利用できるキャンペーンは多くないものの、

  1. ドコモオンラインショップ
  2. プログラム
  3. dカード(GOLD)

辺りはこれといって難しい条件もなく満たすことが出来る方法・キャンペーンであるため、こちらはiPhone 8/iPhone 7をオトクに契約するためにも使っていきたいものになっています。

これらを利用すれば機種変更でも高くなりすぎない価格で契約することができるので、iPhone 8/iPhone 7を契約の際には利用をしてみてください。

 

 

10万円を超える価格が目立つiPhone 11 ProやiPhone XSといった機種と比較すると、このdocomoのiPhone 8とiPhone 7は性能こそ落ちるものの価格の安さは魅力的に感じられるものかと思います。

性能が落ちるといっても普段使いには影響なく、機能性はiPhone 7以降はほぼ充実している状況のため、どうしても「最新」にこだわりたいということでなければ、iPhone 8とiPhone 7はコストパフォーマンスを考えた時に間違いなく「アリ」な選択でしょう。

最新モデルにこだわらなければこちらの機種もオススメの一つに挙げられます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です