au

iPhone 12 miniはSoftBankなら3万円引き、docomo/auなら2万円引きでいきなり安売りスタート

iPhone 12 miniを安く契約する方法について。

元々の定価といったところが安く設定されているiPhone 12 miniは、購入方法を工夫すればさらに買いやすい価格でキャリア契約できるようになっています。

ここでは誰でも使える方法で最も安く契約できる方法というのを紹介していきます。

iPhone 12 miniはMNPで高額割引、6万円台での契約が可能

iPhone 12 miniを安く契約する方法はMNPです。

一応3G契約からの契約変更の方がもっと安い価格になる可能性はあるものの誰でも使える術ではないため、誰でもできる方法となるとMNPでの契約が最も安く契約する方法になります。

そのMNPでiPhone 12 miniを契約した場合、各キャリアの割引額は次の通りに。

  • docomo:22,000円引き
  • au:22,000円引き
  • SoftBank:21,600円引き+10,000円キャッシュバック

どのキャリアも値引き規制上限の22,000円に近いものになっています。

SoftBankだけは反則技で10,000円分のPayPayボーナスが貰えるキャッシュバッククーポンが利用できるため、3万円相当の還元というものに。

高額な割引が各キャリア用意されており、これらの値引きが最初から定価の安いiPhone 12 miniに適用することができます。

 

具体的に割引を適用した場合の価格を見てみましょう。

iPhone 12 mini 価格 MNP還元 MNP後の価格
docomo 64GB 87,912円
128GB 95,832円
256GB 110,088円
22,000円引き
(5G WELCOME割)
65,912円
73,832円
88,088円
au 90,065円
95,240円
109,305円
22,000円引き
(au online shopお得割)
68,065円
73,240円
87,305円
SoftBank 96,480円
102,960円
116,640円
21,600円引き
(web割)
+10,000円クーポン
実質65,240円
実質71,360円
実質85,040円

どのキャリアもMNPで契約するだけで実質もあるが6万円台で買えるようになります。

この安さでiPhone 12 miniを契約することができるなら、MNPを考えてもいいはずです。MNP向けの他のキャンペーンとして高額な下取りプログラムなんかも利用することができるため、単純な価格以外のところでも機種変更なんかよりも安く契約できるようになります。

docomoとSoftBankはここに3,300円分の事務手数料が無料になる特典がオンラインショップで用意されているため、そちらを利用すればさらにお買い得な契約が可能です。

 

特にこの中ではSoftBankは実質3万円引き、なおかつトクするサポート+で半額化することができるため(2年約4万円から)、この2つの割引施策を組み合わせると相当に安く2年間iPhone 12 miniを利用することができます。

クーポン取得には取得から1ヶ月は経過したYahoo! IDが必要なため、そちらを持っていない場合には21,600円引きのみになりますが、Yahoo! IDを取得済みでクーポンが使えるならばSoftBankへのMNPというのも考えてみて良いでしょう。

Yahoo!携帯ショップクーポン

 

とりあえず元々価格が安くなってるiPhone 12 miniはMNPで契約することでミドルハイクラスのスマホと同じぐらいの価格で買えるようになるんで、メイン回線だけじゃなくサブのMVNO回線でMNPする余裕があるならば今回紹介している割引金額で契約をしてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です