Xperia Z1f SO-02Fも0円で!MNP一括0円で契約できる最新冬モデルスマートフォン一覧

 

SoftBankの一部機種を除き、3キャリアの2013年冬モデルがほぼ全て発売されている。

年こそ跨いではいるがこの2013年の冬モデルのスマートフォン達が2014年1月時点で世に出ているスマートフォンの中で最新モデルの位置づけとなる。

これら最新モデルの中で今回はMNP一括0円機種へと落ちてきているスマートフォンをお伝えしたい。どれも広い範囲で正式にMNP一括0円で契約できるレベルにはなっていないものの、大きめの量販店ならば休日に出現する確率が今のところ高いので、狙っていた最新機種があるようならば正月休みの期間中に探してみるのも良いかもしれない。

 

isai LGL22

isai

ヤマダ電機などの量販店を中心にMNP一括0円で売られている確率が非常に高い冬モデルスマートフォン。auとLGが一応共同開発した戦略的なモデルで、冬モデルのラインナップの中では最もauが力を入れていた機種であったが、売り上げ指標となるBCNランキングではトップ10からはるか彼方な位置で推移している。HTL21のようにはならずHTL22のような売られ方をされることが濃厚になっている“戦略”機種だ。

年末から1月5日、あるいは1月13日までの特別価格として出している量販店が多い。休日の都内量販店なら苦もなく案件に巡り会えることだろう。

 

AQUOS PHONE 302SH

302

SoftBankというと、最新モデルの投げ売りからはこれまで最も遠かった存在だったと記憶している。MNP一括0円へ落ちてくるのは最低でも次のモデルが発売して型落ち化してようやく、というイメージだったが、docomoのiPhoneの影響なのかこれまでにない速さで冬モデル2機種をMNP一括0円端末として投げ売り始めている。

302SH、301F共にMNP一括0円となっているが、注目なのは狭額縁ベゼルで特徴的なデザインを見せてくれる302SHだろう。独特な見た目のスマートフォンということで、所有欲を満たしてくれる端末だ。ガジェット好きの人はすぐにでも飛びついても問題のない案件になっている。

月月割も2800円とSoftBankにしてはかなり高いサポート額であるため、パケットを開放してもコスパは良さげだろう。

 

Nexus5 EM01L

nexus5

MNPどころか純新規での一括0円も出てきているNexus5。といっても純新規よりはMNPのほうが探しやすい案件になるだろう。

詳細は既にいくつか過去の記事で触れているためそちらに譲るが、月2,515円でパケット定額を使った運用が出来るのは魅力的かと思われる。

Nexus5、超ド級の投げ売り開始 MNP不要の「純新規一括0円」案件登場中 月2,515円とMVNO以上のコスパ

EMOBILE版のNexus5、一括0円案件が登場中※ 最新機種でも投げ売り対象へ

 

iPhone 5c

5c

docomoがほぼMNP一括0円で売り出していることで3キャリアで投げ売りが開始されているiPhone 5c。冬モデルではないとも言えるが、まぁ細かいことは気にせずに。

au・SoftBankでは既に一括0円にキャッシュバックと共に投げ売られているので、これからはどこまでキャッシュバックが増えていくのかというところに注目が集まりそうだ。

3キャリア共サポート額が多いため通信費の節約が可能でありながら、性能の良さと現金のおまけがついてくる安さのカタマリのような機種だ。

 

これらはスマホ電話SIMからのMNPに対応している場合があるので、MNP弾を持たない人はこれらを準備しておきたいところか。

スマホ電話SIMをMNP弾として使用する際の費用・方法・維持費

 

おまけ

上記の機種よりは広がってはいないが、特定地域において探せばあるMNP一括特価機種について。

2014-01-02 12.32.31

iPhone 5s (SB)

iphone5s

年末の数日間、SoftBank版iPhone 5sが一部のケーズやイオン、SoftBankショップで一括0円として登場。年始でもセールとの関係もあるだろうが定価に6万円以上のキャッシュバックがSoftBankショップではまだ見られるため、探せば一括1万~0円台は見つけやすいはずだ。

最近のSoftBankを見れば3キャリア内で確実に最速でiPhone 5sが投げ売られることだろう。我慢が出来るならもう少し投げ売りが広がってから探しに行くと労力をかけずに済むかと思う。

 

Xperia Z1f SO-02F

2014-01-02

Xperia ZやGALAXY S4の次の0円機種はこれか。docomoの人気スマートフォンであるXperia Z1f SO-02Fが「一部地域において」MNP一括0円となっている。

表記では抱き合わせで0円&5日までの施策となるため、完全にタイトルで釣ったことを謝罪したいが、単品でも9,800円と言うところは十分高案件と呼べるだろう。比較的小型・Snap dragon 800採用ということで、携帯性と性能の良さを合わせ持った良機種かと思われる。

MNPなら最低維持費で3円維持が可能、データプランならば973円で使い放題にすることが可能であり、回線を寝かすにしてもフルに使うにしても本体代金だけでなく回線運用の面でも非常にお得な案件になっている(音声通話を含めた通常運用での維持費は1,928円からとなる)。安く買えてしまうだけでなく2年間安く運用もできる案件であるため、メイン回線の乗り換え先としても十分考慮に値することだろう。

Xperia Z1 f SO-02Fの価格と月々サポート、最低維持費 新規・機種変更・MNPの場合

場所については察しのいい人は気づいているであろうから省略。過去記事を見ていただければ大体分かっていただけるだろう。目にした施策表には多くの実施店舗名が書かれていたが、御殿場が含まれていないのは確認できているのでお店へ向かう場合は注意して欲しい。


PAGE TOP