docomo、旧プランのXiプラン継続機種変更に月々サポートの割引を適用外へ 新プランと8万円近い料金差が生まれる可能性も

 

そこまでやるのかぁ・・・。

docomoの月々サポートの概要ページに、9月以降の月々サポート適用条件の変更内容が追記されている。これまでは基本的にパケット定額プランへ加入の場合は月々サポートの適用が可能だったが、9月以降からはパケット定額プランへ加入していても一部のプランには月々サポートが適用されないということになるようだ。

以下docomoの月々サポートのページより変更点の引用。

月々サポートの割引条件変更について
2014年9月1日(月曜)以降に対象機種をご購入のお客様の場合、適用条件2として定める指定パケットパック/シェアオプション/パケット定額サービス/定額データプランが変更となります。
「Xi総合プラン」をご契約のまま対象機種をご購入の方は、本割引の対象外です。

https://www.nttdocomo.co.jp/charge/discount/monthly_support/

旧料金プランであるタイプXiプランを維持したまま機種変更した場合、これまで普通に適用されてきた月々サポートがどんなパケット定額プランに加入しようがタイプXiの時点で新たに月々サポートを付けることは出来なくなってしまう。

月サポ非適用では場合によって8万円近い差

この旧料金プランへの月々サポート適用外の問題点について例をあげてみたい。

例えば現在実質0円で機種変更が可能なARROWS NX F-01F。こちらへ9月以降にXiプランを継続して機種変更しようとした場合、本来ならば本体価格分の割引が月々サポートとして受けられるはずが、今回の変更でXiプランを継続したままだと月々サポートが適用外となる。

そうすると月々サポートが適用される新料金プランのカケホーダイと比較すると以下のような差が発生する。

旧料金プラン 新料金プラン
基本料 802円 2916円
spモード 324円 324円
パケット定額プラン 6156円 3780円
月々サポート ▲3024円
F-01F本体分割支払い 3024円 3024円
合計 10306円 7020円

 

実質0円で機種変更が出来るARROWS NXも、旧料金プランを維持したままだと月々サポートが適用出来ないためにその料金は一月あたり3,286円の差、2年間だと本体価格に近い78,864円という差がカケホーダイとの間に生まれてしまう(従来は2年間6,288円の差)。

これは9月以降の機種変更時に起こってくるため、現在旧料金プランで月々サポートを適用している場合は問題ないが、次の機種変更時には半強制的に基本料金が高い新料金プランカケホーダイへの変更をせざるを得なくなるだろう。

 

4,000万だか5,000万だかあるdocomo契約回線の内、700万回線がカケホーダイになっているようである。半数の支持もないプランへの今回のような優遇と言うか半強制変更を促す規約の変更は、ちょっと急ぎすぎじゃないですかね。

ショップの店員さん的にはこの変更のおかげで新旧プランの比較において「お客様の場合はカケホーダイのほうが安くなりますねー^^」と訴求しやすくなりそうなんで良かったですね。

回線を沢山持っている人の場合はシェアオプションでも月サポ付くのも親回線へ余剰分を分け合えるのも変わってないので、月サポ回線を多く集めてシェアパック10で維持していくのがもはや基礎っぽい感じに。

なおFOMA機種およびプランについてはこの変更の影響を受けないため、ガラケーユーザーの方は心配しなくてもこれまで通りのプランで月々サポートが受けられる。スマホユーザーで通話よりも通信重視で旧料金プランを継続したかった人には結構大きなダメージに。ますますMVNOが話題になるんっすかね。


PAGE TOP