mineo Amazonギフト券 紹介キャンペーン&エントリーコード併用で契約初期費用を0円にする方法

MVNOの中でも何かと人気のmineo。

フリータンク機能で無料で1GB、パケットギフトを活用したオークションで500円以下で3GBのデータ通信量を補充出来たりと、機能を活用することで実はMVNOの中でも容量比において最も安くデータプランを使えます。

また繰り越し機能や友人とパケットを交換しあって実質的に繰り越し期限を無期限にするパケットロンダリングなどが使えるため、このmineoは特にデータ通信量を気にしがちなユーザーに強い人気となっています。

他にも定期的な通信帯域の増強報告などを行ってくれるので、速度が良くなり改善されるタイミングがわかりやすいなどの、ユーザー主義なMVNOとしても高評価を受けており、一般的なブランド力やネームバリューはあまりないものの、MVNOに関する知識がある人からは優先的に選ばれている知る人ぞ知る格安SIMです。

 

このmineoについて、今うまく工夫をして契約をすることで、普通に契約する人よりもはるかに安く初期費用を抑えての契約が出来る方法というものがあります。この方法を使えば初期費用として掛かってくる3000円前後の支払いがほぼ0円になるため、気軽にmineoの回線を所有することが出来ます。

まずはお試し、サブ回線としてmineoを使ってみてから本格的に利用開始するのも良いかと思うので、そのための初期費用のかからない方法についてここでは解説をします。

 

mineoにかかる初期費用とそれを0円にする流れ

まずはmineoの初期費用について。

mineoの契約にかかる初期費用は 契約事務手数料の3240円(税込) が必要になります。

これ以外にももちろん月額などが発生するものの、契約の純粋な初期費用となるとこの3240円が対象となってきます。

そしてこれを0円にするのが今回の記事の主題です。mineoの回線をデータプランでお試し利用やサブ回線に使うにしろ、この初期費用3240円というのは気軽には試せない金額になるでしょう。

この料金を0円にするための流れは非常に簡単です。

エントリーパッケージと呼ばれるものを用意する

Amazonギフト券紹介コードを利用かつエントリーパッケージを利用して契約する

これだけです。これだけで3240円の初期費用が実質的にほぼ0円になります。

通常の契約方法だと3240円をフルで支払う必要が出てきてしまいますが、この流れに沿った方法で契約することで費用負担がほぼなくなります。

 

mineoエントリーコードについて

初期手数料を0円にする方法としてまず一つ目に必要となってくるのが『エントリーパッケージ』の存在です。

エントリーパッケージとはmineoの初期費用である契約事務手数料3240円を無料化することのできるエントリーコードが内包された商品です。SIMカードが入っているパッケージではなく、あくまでも事務手数料が無料になるコードを商品としてパッケージングしたものになります。

内包されているエントリーコードをmineoの契約手続きの際に登録すると事務手数料が0円になるので、まずこのエントリーパッケージを入手することが初期費用0円でmineoを契約するための一つポイントです。

 

このエントリーパッケージについてはAmazonやヨドバシカメラなどで1000円ほどで購入できます。1000円ほどで3240円の事務手数料をなくすことが出来ます。

mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)

まずこのエントリーパッケージを利用することによって、3240円の初期費用が1000円までに下げることが出来るようになっているのです。

 

12月からはヨドバシのエントリーパッケージが断然オススメ!!!

こちらは追記の項目になります。

2016年12月からこの後説明する紹介キャンペーンを利用する際に、同時にヨドバシカメラで販売している(ヨドバシ.com含む)mineoのエントリーパッケージを使うと、本来ならばAmazonで使えるギフト券が貰えるはずが別のギフト券へと変更になります。

このギフト券というのが「EJOICAセレクトギフト」と呼ばれるものです。

ぶっちゃけ初耳なのですが、このEJOICAセレクトギフトはかなり使える便利なギフト券で、Amazonギフト券を貰うよりも何倍も使い勝手の良いものになっています。

EJOICAセレクトギフトはNTTカードソリューションの提供する電子マネーギフトです。

このギフトの特徴は、複数の電子マネーの中から好きな電子マネーへと100%の還元で交換できるという点です。今回ですとEJOICAセレクトギフトは1000円分なので、別の電子マネー1000円分に交換できるギフトが貰えるというわけです。

そしてこの交換可能なその他の電子マネーというのが結構ヤバいです。かなりのオトク度を見せます。具体的にまずはどの電子マネーに変えられるのかを下の一覧からみて下さい。

  • nanaco
  • 楽天Edy
  • 出光キャッシュプリカ
  • カエトクカード
  • HMV Gift
  • Amazonギフト券
  • モバイルSuica
  • Vプリカ発行コード
  • NET Cash
  • iTunesギフトコード
  • リンベルイーギフト

この11の電子マネーへと1000円分変換できるのがEJOICAセレクトギフトです。

通常の方法で紹介キャンペーンを使ってもらえるはずのAmazonギフト券にも交換可能でありながら、その他10個の別の電子マネーにも変更できる優れたギフトなのです。

特にnanacoや楽天Edy、モバイルSuica、iTunesギフトに変更可能なのは大きいでしょう。今までAmazonでの買い物にしか使えなかった1000円分の特典が、電子マネーが使えるショップなら恐らくは9割が対応可能になるであろう使い道の広がりを見せる特典に変化しています。

 

このように今まで以上に便利なセレクトギフトが貰えるようになっているので、mineoのエントリーパッケージを購入するならばAmazon経由ではなくヨドバシカメラやヨドバシの通販サイト経由で購入するようにしましょう。

そして下記の紹介コードについての説明にもあるように、紹介コードを使うことによってよりお得にmineoを契約するようにしましょう。

 

mineoのAmazonギフト券紹介コードについて

このエントリーパッケージを使うことで初期費用が3240円⇒1000円となるわけですが、この1000円の料金をどうにかしない限りは初期費用を0円にすることはできません。

この1000円の部分を解決してくれるのは、現在mineoで長期間実施中のキャンペーンであるmineo紹介キャンペーンによってAmazonギフト券を得ることが一つの方法として挙げられます。

このキャンペーンを使うとAmazonで使えるギフトコードが1000円分、ユーザーにプレゼントされることになります。

 

紹介キャンペーンではエントリーコードとの併用が可能になっており、このキャンペーンを適用させると紹介した側はもちろんのことこれからmineoを契約する紹介された側も1000円分のAmazonギフト券を得ることができ、お互いにwin-winの関係で契約することが出来ます。

1000円分のAmazonギフト券ということで、実質的な形にはなってしまうもののエントリーコード購入費用を相殺することができるようになっているので、この紹介キャンペーン+エントリーコード併用のmineo加入によって、無事初期費用は0円とすることができ、気軽にお試しの契約をすることが可能になっています。

紹介コードは周りにmineoユーザーがいるのならばそちらの方から紹介してもらうようにしましょう。ただし解約予定の人から紹介してもらった場合、翌々月末付近に届くはずのAmazonギフトコードが届かなくなってしまう可能性があり、その辺り信頼のおける相手を選んで紹介してもらうようにしましょう。

もしも紹介してくれるユーザーがいないようならばこちら当サイトの紹介コードをお使いください。特に解約予定は一切ないので正確に手続きをしてもらえれば紹介キャンペーンの適用がなされます。

すまコジmineo紹介コード⇒http://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&kyb=F7W9C2S1S4

 

mineoを賢く安く契約しよう

この方法(エントリーコード+紹介キャンペーン)でmineoと契約することによって、普通に契約するよりも3240円分契約にかかる費用をお得にすることができます。

普通に契約すると勿体ない形になるので、この方法で初期費用を実質的に0円としてmineoを契約するようにしてください。

MVNO, 乞知識

Posted by smakoji


PAGE TOP