au

今あえてiPhone SEとiPhone 8の選択 iPhone XSの価格の高さに比べて安いキャリアが複数【docomo/UQmobile/Y!mobile/LINEモバイル】

  • iPhone XSが高い
  • iPhone SEの販売がAppleにおいて終了

iPhone XSの発売が始めることによって次に購入するiPhoneの計画を立てている人も多いと思いますが、今回は最新モデルの価格の高さとコンパクトモデル後継機種の望めなさという点から、最新モデルを購入するのではなくあえて古いモデルというのを選ぶユーザーもいると思います。

特にiPhone 8とiPhone SEは

  • 価格の安さ

といったところでiPhone XSにはない購入のしやすさがある上で、

  • 高いとは言えなくなったが普段使いには十分な性能
  • 4.7インチと4インチというコンパクトなサイズ感
  • iPhone XSには採用されない指紋認証の便利さ

といった同じくiPhone XSにはない良さというものがあります。

 

iPhone XSのその高さと、iPhone SEの販売終了という状況の中で、あえて価格の安いiPhoneや今後手に入りにくくなるiPhone SEの購入を前向きに検討している人も多いでしょう。

今回はそうした人向けにiPhone 8が安くなっているdocomoの契約の紹介と、正規で新品状態のiPhone SEを販売しているUQモバイルと一応同条件のY!mobileの契約というものを紹介してみようと思います。

これから安いiPhoneの契約としてiPhone 8を選ぶ人、バッテリーが悪くなっていないiPhone SEを選びたい人に向けてオススメな契約となっているので、iPhone XSはちょっと手を出せないという人はぜひ参考にしてもらえればと思います。

 

iPhone 8:docomoは機種変更もMNPも安い

  • 機種変更:実質19440円
  • MNP:一括10368円

iPhone 8を現在安売りしているのはdocomoです。3キャリア全て一応値下げはされたのですが、SoftBankはそれでも一括8万円台かつ月月割のない半額サポート前提、auはMNPで安くなりましたがこちらもアップグレードプログラムEXがないと一括価格4万円台とまだまだ高いものになっています。

一方でdocomoは月々サポートの増額によって機種変更の実質価格を19440円という、機種変更にしてはかなり安価な金額に落としており、MNPに至っては端末購入サポートによって一括10368円という安い価格を実現しています。

 

特に機種変更の価格の安さというものが目立っており、高性能かつ高機能のスマホとしてはコストパフォーマンスの良さが光っています。Android含めたスマホ契約全体の中で、このiPhone 8の安さは性能と価格のバランスが良い意味で崩壊してしまっています。

現在オンラインショップではこのiPhone 8の事務手数料も頭金も両方0円ということで、ショップ契約よりも安くなっており契約が殺到してしまい、iPhone 8 64GB以外の在庫というものが長く切れてしまっている状態になるほどの人気になっています。また64GBの一部カラーも品切れを起こしている時もあり、まだ発売から1年にも関わらず入手が困難になってしまっています。

このiPhone 8に性能が近くて安い機種となるとXperia XZ1の2種類ぐらいしかdocomoにはなく、「高性能・低価格」という誰もが望んでいる契約内容を実現させた希少な機種となっています。

 

MNPではさらに一括購入で安いという形になっています。別記事でも案内しているようにdカード GOLDと組み合わせた時にめちゃくちゃお得になるために、価格や維持費還元といったところで非常にオススメできるMNP契約の一つです。

MNP一括10368円に値下げされたiPhone 8、dカード GOLDと一緒に持てば毎月10%還元

iPhone XSではなくiPhone 8を購入しようという人は、docomoなら機種変更もMNPも他のキャリアよりも圧倒的に安い金額での契約というものができます。というよりもまともな値下がりを見せているのが3キャリアでdocomoぐらいとなっており、iPhone 8を安く買うならdocomoです。

最も安いのは事務手数料と頭金が0円のオンラインショップにはなりますが、こちらは64GB以外の在庫が9月17日時点まででなかなか復活しないほどに契約者が殺到しているため、64GB以外を契約する場合には気長に待つ必要があります。

 

iPhone SE:UQモバイルで44317円+1万円のキャッシュバック付き契約

  • 新規・MNP:一括44172円(実質10368円)

iPhone SEはUQモバイルとY!mobileで安く売られており、どちらも中古や新古品ではない新品という他のキャリアやMVNOでは手に入らない品を手に入れることができます。

UQモバイルのiPhone SE契約の場合にはマンスリー割とキャッシュバックという2つの割引が大きな存在感を持っています。

UQモバイルのiPhone SEは32GBで一括44317円、128GBでも50000円とこの一括価格だけでもまあまあの安さになっています。ただこれにマンスリー割が適用されることによって、32GBは実質10368円に、128GBでも12000円という価格で考えることができるようになっています。

実質価格で見ると128GBのモデルの安さが目立ちます。

 

維持費はプランSの分割でも128GBは2678円ほど。32GBの契約やUQ家族割が使えるならばもっと下がります。

一括なら734円以下にもすることができ、分割でも一括でもどちらでも毎月の料金が安くなるというかなり内容的には良い契約をすることができます。

データ3GBも使えた通話定額プランが端末代込で3000円を超えない料金から使えるというのはコスパの良さが目立ちます。

サブブランドということで通信速度もキャリア並になっているため、安さのみではなく使いやすさも兼ね備えた契約となっています。

さらにここに10000円以上のキャッシュバックも用意されているため、実際に契約できる料金としてはこちらの内容よりも更に1段ほど安くなるようになっています。

iPhone SEの契約としてだけでなく、安いスマホ契約としてオススメできる契約です。

iPhone SE:Y!mobileでは302円の維持費で利用可能

  • 32GB:一括30000円
  • 128GB:実質12960円(一括57564円)

Y!mobileでもほぼ似たような総額でiPhone SEは契約することが可能です。

Y!mobileはiPhone SE32GBに一括購入割引が適用。128GBには月額割引が適用されています。

32GBは短期契約解除料の割に値下げ幅がそこまで高くないため、2年間使うつもりがないならば128GBを選んだほうが良いです。

128GBなら一括時の端末価格が高いものの維持費の方が302円で運用できるようになっています。

これなら端末価格が多少高くても非常にバランスの取れた契約を行うことができるでしょう。維持費の安さは1年間のみでありますがワンコイン以下という負担の少ないものになっています。

端末価格は高いものの維持費がその分安いという優れた契約が可能になっています。

iPhone SE:LINEモバイルなら一括30800円からの強烈な安さ

  • 32GB:一括30800円
  • 128GB:一括40800円

iPhone SEの契約の中で今最も注目を浴びているのがLINEモバイルの契約です。

LINEモバイルではSoftBank回線の格安SIMとセットで契約することによってiPhone SEをなんと一括30800円から契約することが可能になっています。

しかもデータプランでの契約ができるために、最低利用期間や解約金といったものがない形での契約も可能になっています。

32GBが一括30800円、128GBが一括40800円という白ロムよりも安く、むしろ買取価格やオークション価格よりも安い金額で発売されているため、転売向けに購入されてしまっている状態で在庫が非常に少なくなっています。

データプラン契約から可能なので維持費は700円や900円といった料金から可能になっており、UQモバイルやY!mobileとはまた違った形で安くiPhone SEを使うことができるようになっています。

iPhone SE単体が欲しい時にはこちらをデータプランで一括購入、そして回線解約をしてしまえば相場よりも安くiPhone SEを手に入れることができます。

 

 

iPhone XSの高さが影響して例年以上に盛り上がりがしにくくなっている新型iPhoneですが、実用性とコスパの良さというものを考えたときには、あえて最新のモデルではなく価格が安くなったモデルの購入を考えるというのも一つの手でしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です