docomo・au・SoftBank 各社で作れる3円運用回線まとめ

 

docomo、au、SoftBankで作成可能な3円回線をまとめてみた。

Xiスマホ割など一部の割引が終了間近ではあるが(12月31日まで(予定、docomoショップでは13年1月17日まで延長とのこと))、一応ここで紹介させてもらっている。割引サービスは一定期間がくると終了してしまうので、利用する際はその都度公式HPなどで確認してもらいたい。

3円回線には寝かせ用、無料通話付き、データ通信し放題などいろいろな形があるが、今回はキャリア別にごちゃまぜにして紹介している。なおここに書いてある回線は12年12月時点のものである。今後3月頃から学割回線なども加わってくるので、その都度紹介していきたい。

追記:いくつかの施策は既に終了済み

docomo

 

Xiスマホ割(新規・機種変更・MNP)(終了)

docomoは現在、Xiスマホの購入を伴うすべての音声契約に対して1年間の基本料無料キャンペーンを行なっている。新規やMNPに限らず、機種変更によってもこの割引を適用できるため既存のdocomoユーザーにとってもお得なキャンペーンとなっている。特に利用条件は設定されておらず、音声契約をデータ契約に変更や解約といったことをしなければ、この割引は継続される。そのため契約内容を基本料金であるタイプXiにねんのみにすることで毎月3円で回線を維持できるようになる。eビリングと呼ばれる請求書のネット発行による割引を受ければ3円すらかからず、毎月0円でdocomo回線を維持できる。

 

タイプXiにねん 780円
Xiスマホ割 ▲780円
ユニバーサル料 3円
合計 3円

 

10年xiスマホ割(機種変更)

こちらは10年以上のdocomoユーザーに向けたXiスマホ割で、10年以上の継続利用者に対して2年間基本料を無料にするというものだ。対象は機種変更のみではあるが、既存ユーザー向けのサービスとしては最もお得な部類にはいるだろう。こちらの場合は2年間毎月3円維持可能だ。しかし3円維持にはメールアドレスなどのサービスも捨ててしまうため、10年以上の回線においてはあまり現実的ではない。最低でもSPモード、次点でXiトーク、Xiパケホなどをつけるというのが10年回線向けであろう。

 

タイプXiにねん 780円
10年Xiスマホ割 ▲780円
ユニバーサル料 3円
合計 3円

 

月サポ回線(新規・機種変更・MNP)

月々サポートと呼ばれる端末ごとに設定された割引を使うことでも月3円で回線を維持できる。この月サポ回線は3つに分けることができ、1つは3円で寝かせる回線、1つは3円で通話し放題の回線、3つ目は3円でパケット通信し放題の回線というのが作ることができる。特に後者の2つの使い放題回線はたったの3円で電話もネットも利用できるという、日本どころかおそらく世界で最も安く利用できる電話&ネット回線である。

寝かし回線はXiならば月サポ額2100円以上(Xiスマホ割適用時)、通話し放題回線は月サポ額2800円以上(Xiスマホ割適用時)、ネット使い放題回線は月サポ額3295円以上・もしくは4295円以上が必要になってくる。月サポは新規や機種変更では高くても2000円前後までしかつかないが、MNPならば3000~4000円近い高額月サポがついてくる。そのため通話やネットのし放題回線はMNP弾経由で作る必要がでてくる。

 

タイプXi2ねん(Xiスマホ割適用で1年間無料)にXiパケホーダイ・ダブルをつけて2100円以上の月サポで毎月3円寝かし回線が、

 

タイプXiにねん 780円
Xiスマホ割 ▲780円
Xiパケホーダイダブル 2100円~
月々サポート ▲2100円~
ユニバーサル料 3円
合計 3円

 

ここにXiトークをつけて月サポ2800円以上で毎月3円でdocomo間通話し放題回線が、

 

タイプXiにねん 780円
Xiスマホ割 ▲780円
Xiパケホーダイダブル 2100円~
Xiトーク 700円
月々サポート ▲2800円~
ユニバーサル料 3円
合計 3円

 

プラスXi割の子回線として登録・タブレット運用で月サポが3295円以上で毎月3円で利用できるパケット通信し放題回線(タブレット限定)が、

 

Xiデータプラン フラットにねん
プラスXi割適用
タブレット運用 2980円
SPモード 315円
月々サポート ▲3295円~
ユニバーサル料 3円
合計 3円

 

プラスXi割スマホ運用・あるいはデータ回線化してパケホーダイライトにねんで月サポが4295円以上あれば毎月3円で利用できるパケット通信し放題回線(スマホも対象)ができあがる。

 

Xiデータプラン フラットライトにねん
Xiデータプランライト割 3980円
SPモード 315円
月々サポート ▲4295円~
ユニバーサル料 3円
合計 3円

 

現在月サポの最高値はMEDIAS TAB UL N-08DをMNP契約した際の3885円が最高額となる。そのためスマホでネットし放題の3円回線を作るには月サポが足らない。スマホでネットし放題3円回線を作るにはフォトパネルセット割で月サポを増額させる方法を使うしかない。この方法については以下で説明してあるので参考にして欲しい。

(終了)

月サポガラケー

5月よりdocomoのガラケー一部機種に月々サポートが付くようになった。ガラケーの場合、スマートフォンのようにパケット定額プランへの加入が必要ないため、780円からのタイプシンプルバリューでも月々サポートが適用される。このため780円以上の月々サポートがついたガラケーならば3円からガラケーを持てるようになっている。

 

 au

 

女子割/男子割(MNP)(→ウェルカム割に名称変更)(→auにかえる割に名称変更)(終了)

auでは現在、MNPによる加入者に対して2年間の基本料無料キャンペーンを行なっている。12月以前まではパケホフラットプランとの組み合わせにしか適用されなかったのだが、12月からはパケット定額による縛りが消えたため、対象プランであるプランZのみでも適用されることとなった。そのため契約内容をプランZのみにすると、毎月かかる費用はユニバーサル料金である3円のみということになる。ここ最近ではiPhone4SがMNP一括0円で行われており、この女子割/男子割と併用すれば0円で購入できて2年後の解約月まで3円で維持できるという状態が作られている。(2013年9月からはフラットプランへの加入が必須になるため、3円回線は不可能になる。)

 

プランZ 980円
女子割/男子割 ▲980円
ユニバーサル料 3円
合計 3円

 

毎月割ガラケー(新規・機種変更・MNP)

auでは毎月割と呼ばれる端末ごとに設定された割引を利用して、ガラケーを2年間3円で運用可能だ。なぜここでガラケーのみになるかというと、auではスマホについてくる毎月割の適用範囲をフラット定額のみに設定しており、他の2社が設定しているような2段階制のパケット定額プランからの適用を廃止している。一方でガラケーでは390円からの2段階制パケット定額プランからでも毎月割が適用されるので、これを利用して無料通話のついた音声回線の3円回線を作成可能になる。※プランZからでも毎月割が適用されるようになったため、780円以上の毎月割があれば3円回線が作成可能になっている。

 

プランSS 980円
パケット定額スーパーライト 390円~
毎月割 ▲1370円~
ユニバーサル料 3円
合計 3円

 

フォトU2(新規)

auで販売しているフォトフレームは、一括購入をすればPHOTO-U2おトク割で2年間基本使用料が無料となるキャンペーンを行なっている。そのため一括購入ならば2年間3円維持可能だ。フォトフレームを買う機会というのは殆どないと思うが、抱き合わせ購入などで安くなるならばこちらを購入してもいいだろう。その場合はもちろん本体代が一括0円のものに限るが。

 

mamorino(新規)

一応MNP弾にもなる子供用ケータイ。こちらもキャンペーンで3円維持が可能。ただし新規一括0円で購入しよう。

 

 

SoftBank

 

スマホタダ割(スマートフォン契約・MNP)(終了)

SoftBankでは、現在スマホタダ割と呼ばれるMNP加入者に対する基本料無料キャンペーンを行なっている。こちらはauとは違い、スマホタダ割の適用条件にパケット定額プランの加入が必須になっているので注意してもらいたい。というのもこのスマホタダ割が始まる前ののりかえ割では、パケット定額プランの加入は必須ではなく、外してしまっても割引が適用され簡単に3円回線を作ることができたのだが、スマホタダ割ではパケット定額プランを外すと基本料無料キャンペーンが終了してしまうため、過去のサービスと同じ感覚で運用すると痛い出費が発生してしまう。詳しいことは以下に記載してあるのでこちらを読んでほしい。

 

さて、パケット定額プランが必須化したスマホタダ割での3円回線の作成は、現状iPhoneでは不可能となっており、SoftBank3Gスマートフォンのみが対象になっている。これらの対象機種で月月割が705円以上に設定されている機種をスパボ一括・パケットし放題S for スマートフォンという方法で購入することで3円維持が可能だ。

 

ホワイトプラン 980円
スマホタダ割 ▲980円
パケットし放題Sforスマートフォン 390円
S!ベーシックパック 315円
月月割 ▲705円~
ユニバーサル料 3円
合計 3円

 

フォトビジョン(新規)

SoftBankのフォトビジョンにも2年間3円維持が可能なプランが用意されている。フォトビジョン基本料無料プログラムにより2年間基本料が発生しないというものだ。こちらも一括0円で購入可能ならば欲しいスマートフォンなどと抱き合わせ購入してもいいかもしれない。もちろん2年後の解約は必須だ。フォトビジョンは次の世代からテレビが見られるようになるなど、機種としての魅力が増してきている。

 

みまもりケータイ(新規)

一応MNP弾にもなるみまもりケータイ。こちらもキャンペーンで3円維持が可能。ただし新規一括0円で購入しましょう。株主優待券の対象のため、うまく使えばMNP弾にする際の費用を相殺できる。

 

みまもり化(終了)

月月割のついた音声回線をみまもりケータイに持ち込み機種変更することで、みまもりケータイ専用プランに月月割を効かせることができる。みまもりケータイ専用プランは490円または590円であるため、少額の月月割でも3円維持が可能だ。2013年8月以降はこのみまもりケータイ専用プランへの月月割がつくというバグが修正されており、3円維持は不可能となった。それでもiPhone5やiPhone4Sの最低維持費が高額になってしまうプランを、みまもりケータイ専用プランへすることで490円より持てるため、3円は不可能となったもののSoftBankの中ではこれでも優秀な節約術となる。005Z101ZをSoftBankショップへ持ち寄って機種変更するだけで維持費を節約できるため、一家に一台は欲しいところだ。



Comments
  1. kagemaru
    |    返信
    • smakoji
      |    返信
  2. 肉食人種
    |    返信
    • smakoji
      |    返信
  3. m
    |    返信
  4. yuku
    |    返信
    • smakoji
      |    返信
  5. n
    |    返信
    • smakoji
      |    返信
  6. yuu
    |    返信
    • smakoji
      |    返信
  7. yuu
    |    返信
    • smakoji
      |    返信
      • yuu
        |    返信
  8. ku
    |    返信
    • smakoji
      |    返信
      • ku
        |    返信
  9. sinei
    |    返信
    • smakoji
      |    返信
  10. saba
    |    返信
    • smakoji
      |    返信
  11. saba
    |    返信
  12. アクア
    |    返信
    • smakoji
      |    返信

Post A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です