docomo

docomo、機種変更648円の安売り機種増加、ガラケーの月サポ適用条件が緩和 下取り額変更 2018年11月より

docomoが11月から値下げや一部プランの月サポ適用条件なんかを変更してきていますので、そちらの内容をまとめようと思います。

値下げは夏モデルと去年の冬モデルが対象になり、結構盛り上がるレベルの値下げが行われています。

年末も近くなってきたことでセール契約が性能の高いスマホでもできるようになっているので、docomoユーザーはチェックしておきましょう。

docomo値下げ 11/1~

docomoの値下げは機種変更を中心に全オーダーがほぼどの機種でも対象になっています。

夏モデルは月々サポート増額による値下げ、去年の冬モデルは月々サポート増額と一部契約の端末購入サポート入りという形になります。

機種がかなり多く、しかもどれも高性能モデルで評価が高いものばかりで「安かろう悪かろう」な契約は生まれておらず「安いのに高性能」という契約が今回一部機種で実現可能になっています。

こちらの内容はdocomoユーザーならば契約を積極的に考えても良いレベルの内容になっているため、機種変更予定や家族がMNPを予定しているなんてことであればこちらの値下げ機種から選ぶと良い契約というものができてくるでしょう。

  • 2018夏モデル機種
MNP 機種変更
Xperia XZ2 SO-03K 20736円 37584円
Xperia XZ2 Premium SO-04K 40176円 27216円
Xperia XZ2 compact SO-05K 15552円 57024円
Galaxy S9 SC-02K 23328円 34992円
Galaxy S9+ SC-03K 37584円 54432円
AQUOS R2 SH-03K 22032円 38880円
Huawei P20 Pro HW-01K 15552円 23976円
  • 2017冬モデル機種
MNP 機種変更
V30+ L-01K 15552円 15552円
arrows NX F-01K 端サポ一括5832円 5832円
AXON M Z-01K 端サポ一括5832円 5832円
JOJO L-02K 端サポ一括43416円 端サポ一括43416円

結構選り取り見取りといった感じでしょうか。

XperiaやGalaxyの高額な大画面モデルも大分安くなっているのを感じます。

この中で特に安いのは

  • arrows NX
  • Axon M
  • V30+
  • Xperia XZ2 compact
  • Huawei P20 Pro

どれも3万円以下となっています。

しかもここにオンラインショップ限定特典の適用がドコモオンラインショップで機種変更などをすることで適用されるため、実際の価格は5184円相当dポイントの還元などが入り実質的に下がります。

そうした時に

  • 0円に近いスマホにarrows NXとAxon M(648円)
  • 1万円のスマホにV30+(10368円)
  • 2万円以下のスマホにHuawei P20 Pro(18792円)

という形にさらに安くなることとなり、機種変更やMNPでの契約のしやすさが向上していきます。

特にV30+やP20 Proは安さだけではない性能の良さというのも考えることができるため、コスパの良い機種変更向けスマホとして11月以降契約するのをオススメできる機種です。

この値下げにより一部のスマホはかなり安くなってきているので、docomoユーザーなら機種変更を考えるに値すると思います。

ガラケープランの月サポ適用条件が変更の模様

もう一つ11月からの変更としては、ガラケー周りのプランや価格が変わります。

  • ガラケープランの月サポ適用条件
  • spモードケータイを中心とした端末の値下げ

といった変化が起こるとのこと。

 

まず価格についてはこのようになります。

販売価格 実質価格
P-smartケータイ P-01J
AQUOSケータイ SH-01J
らくらくホン F-02J
31104円 10368円

実質価格は変わらないものの、端末の販売価格自体が値下げ。その代わり月々サポートが減額となります。

料金プランについてはガラケーの月々サポート適用条件が変わります。

その変化というのは、カケホ・カケホライト選択時のパケットパック/シェアオプションの加入が必要なくなった、というものです。

これによりspモードもパケットパックも外した音声プランのみでの運用でも月々サポートが適用されることになります。最安だとカケホライトの1296円となります。ここに月々サポートが適用可能です。

端末を一括で契約してしまえば、5分定額の通話回線を格安で利用できる様になっているので、案件があればかなり面白い料金で利用することができそうです。

シンプルプランではパケットパック必須になるため、シンプルプランオンリーで月々サポートを適用することはできません。

下取り減額

11月からは高額だった旧機種の下取り価格が減額されます。

結構な金額を付けていたiPhone Xの下取り価格が60000円に。iPhone 8も38000円からとなってしまっています。また今回値下げされる2017年の冬モデルも大幅に減額されることになっているので、一部のスマホは買い取りを利用した方がまともな値段がつくことになりそうです。

iPhone XRやGalaxy Note9を買った人なんかで郵送下取りを利用しようとした人はちょっとこの変化で予定が狂ってしまうかもしれません。

 

 

11月からの変化はこちらのようになります。

安売りの開始は好ニュースです。P20 ProやV30+、そして648円機種の価格の安さはdocomoの契約の中でもお得度を感じられます。

オンラインショップ限定特典を適用させてしっかり安く契約しましょう。2年前後機種変更していない人なら低コストで結構な性能のスマホを契約することができます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です