docomo

docomoの機種変更・MNP値下げで安いiPhone 8/iPhone X/iPhone XRの価格と在庫と予約の有効性について

高額な価格設定で話題を呼んだiPhone XS。その価格は10万円を超えて、割引を考慮しても2年間で6万円を超える金額をつけています。

最新のiPhoneということで高い注目がありながらも、この価格の高さというところで流石に契約する気が起きない、という人も多いのではないかと思います。

こうした中で最新のiPhone XSではないものの、ゲーム以外の性能面ではほぼ遜色のなさを見せてくれる高性能で機能にも優れたiPhoneというのが安売りされていて、こちらを選ぶことによって十分な性能を備えた上で価格が安いままに準新作のiPhoneというものを手に入れることが出来ます。

※追記:3月20日からはiPhone XSも安売りが開始されたため、こちらの機種も同様に今回の値下げで安いiPhoneの仲間として紹介したいと思います。

 

今回の値下げされて安くなっているiPhoneとして紹介するのはiPhone 8/iPhone X/iPhone XRの3機種です(+iPhone XS)。iPhone XSでなくても良いのであれば、これらの機種がMNPのみならず機種変更でも安く契約することができます。

iPhone 8/iPhone Xも1つ前の機種と言えども性能は間違いなくトップレベルですし、iPhone XRに至っては2018年10月末に発売された最新モデルです。そうした機種が今だと安くなっていて、コストパフォーマンスというところではiPhone XSを上回るものになっています。

ここでは安いiPhone 8/X/XR/XSの特徴と具体的な価格と契約別の安くなる仕組み、そして一部機種における在庫とオンライン予約の有効性についての詳細をまとめていきます。

値下げがされたiPhone、それぞれの安い契約方法

それぞれの安さについてを詳しく掘り下げる前に、大まかな安さの特徴をまとめます。

各モデルのiPhoneがどのような形で安くなっているのかを確認してもらい、自分の想定する契約方法と合ったものなのかをチェックしてください。

  1. iPhone 8:機種変更/MNP/新規
  2. iPhone X:MNP/新規
  3. iPhone XR:MNP/新規
  4. iPhone XS:MNP/新規

機種変更ではiPhone 8のみが主だった機種となります。実質価格/月々サポートを適用しての契約になるので、2年間の利用が前提となります。

MNPでは全機種が端末購入サポートの対象によって一括契約が出来るようになっています。価格帯はそれぞれちょうどいい塩梅で分かれており、予算に合わせてMNP機種を選ぶことができるでしょう。

どの契約方法であってもオトクな価格で準新作のiPhoneを、MNPに至っては最新作のiPhone XRを手に入れられるということで、iPhone XSから視点をずらすと意外にも安いiPhoneというのが揃っているのがわかります。

 

こうした形で安い契約がそれぞれのiPhoneには用意されてるので、気になっているモデルや契約方法における価格や注意点については以下の個別の詳細から確認してもらえればと思います。

iPhone 8:機種変更で安価な最後の指紋認証搭載、高性能iPhone

iPhone 8 機種変更/新規 MNP
64GB 実質19440円 一括10368円
256GB 実質38232円 一括28512円

※機種変更の実質価格は24ヶ月間の月々サポート適用を前提とした価格

※MNPは端末購入サポートの対象に。一括で安いですが14ヶ月以内に解約や機種変更をしてしまった場合、端末割引金額の一部を短期契約解除料として支払う必要があります。

 

 

まずはiPhone 8について見ていきます。

iPhone 8は機種変更とMNPや新規で安くなっているために全ユーザーが安く買えるiPhoneとなっています。

最も需要の多い機種変更に関しては19440円という非常に購入しやすい価格を実現しています。この安さなら例え2年間の運用が前提の実質価格であるといっても、契約価値は十分に高いものであるのは確実です。

価格も2万円以下からとAndroidの安売りスマホに近いレベルの大きな値下げになっており、dポイントなどが貯まっていれば1万円以下にもしやすい価格の安さとなっているため、機種変更で契約できるiPhoneとしては本当に安い価格設定を実現しています。

 

iPhone 8はiPhone XSから1年ほどしか経っていない準新作のモデルです。

性能面ではゲーミング性能でiPhone XSに差を広げられていますが、それでもほとんどのゲームはサクサク動きますし、普通の利用においては性能差を感じさせないヌルサク動作となっているので、価格の安さを考えればその性能の良さというのはコストパフォーマンスという点でかなり優れているのを感じます。

新作がベゼルレスモデルになってきている中でベゼルの広い従来デザインのiPhoneですが、非常に便利に使える指紋認証が搭載されているために扱いやすさでは最新モデルよりもシンプルでわかりやすいものになるでしょう。

特にこのiPhone 8は現存する指紋認証モデルとしては最後のモデルであり、最も高性能なモデルとなるため、これからも指紋認証を使っていきたいと考えている場合には、最も長期的に性能面でも安心して使える指紋認証iPhoneとして入手しておきたいところです。

防水・防塵対応、Apple Pay対応とその他の機能も用意されており使いにくさといのはほとんどない優秀なモデルです。

 

維持費は次の表の例を参考にしてください。

基本プラン パケット 月サポ込み分割総額
シンプルプラン(通話無料なし最安基本料) シェアオプション(家族子回線) 2732円/月
ベーシックパック~5GB(個人回線) 7592円/月
ベーシックシェアパック=15GB(家族代表回線) 15152円/月

新規とMNPでは一括10368円とこちらもiPhoneということを考えるととんでもない安さを実現しています。

端末購入サポートの対象ではありますが、それも全く問題にならない安さでしょう。これなら家族の乗り換えや新たなスマホ契約として購入しても良い内容だと思います。

新規とMNPの維持費総額は機種変更から約1万円を引いた金額になりますが、この記事の後半で説明しているdカード GOLDとの組み合わせでもっと安くすることが可能になっています。

MNP一括10368円に値下げされたiPhone 8、dカード GOLDと一緒に持てば毎月10%還元|すまコジ

 

 

機種変更ではこのiPhone 8が安くなっている唯一の高性能iPhoneなので絶対に狙うべきです。

在庫は僅少も予約分は必ず手に入るようになっているので予約だけでもしておくべき

64GB以外はすべて在庫がなく予約もしていないですが、64GBならば予約を受け付けているので予約をしておきましょう。

ドコモオンラインショップでは予約分は確実に入荷するように手配をするとのことで、時間は1週間程度かかるものの確実に安く契約できるようになっているので、購入意思があるならば予約必須です。

店頭でもほぼ在庫がなくなっている上に、在庫分には頭金などを課して値上げをしてきているため、安心に安く契約をしたいのであればオンラインショップで予約をするようにしましょう。

 

※1月11日よりドコモオンラインショップにおいてiPhone 8の在庫が大量に入荷しています。

この影響によって従来予約が必要だったiPhone 8の機種変更契約が在庫入荷待ちをせずに行えるようになっています。

現状Androidスマホと比較してもこの性能でこの安さを実現したコストパフォーマンスの高いスマホというのはまず見られないものになっているため、在庫があるようであればぜひ契約をしてもらえればと思います。

 

実質価格で値下げされている機種は24ヶ月間の月々サポート適用が条件です。

そのため24ヶ月以内に機種変更や解約をしてしまうと、月々サポートの適用が終了してしまうために今回の実質価格で契約できないという問題が生じます。期間内に解約や機種変更をしてしまうと月々サポートが終了してしまうため、通信費への割引が一切なくなった状態で24回の端末代が割引なしでかかってしまうことになります。

 

一括価格で値下げされている機種は端末購入サポートの適用が条件です。

端末購入サポートの適用されたスマホはすぐに一括払いきりで利用することが出来ますが、契約から14ヶ月以内に解約や機種変更をしてしまうと一括値引きに使った割引相当分が解除料として発生します。期間内の解約や機種変更によって一括で支払った金額とはまた別にかかってきてしまうことになります。

 

このため実質価格での契約は24ヶ月縛り、一括価格での契約は14ヶ月縛りというものが発生してしまうので契約後の利用期間というものに注意してください。

端末購入サポートの解除料については端末ごとの販売ページに用意されているのでオンラインショップで各機種を確認をしてから契約をしてみて下さい。

iPhone X:MNPで安価な意外とサイズ感が小さいフルスクリーンモデル

iPhone X 機種変更/新規 MNP
64GB 実質50544円 一括15552円
256GB 実質75816円 実質70632円

※MNPは端末購入サポートの対象に。一括で安いですが14ヶ月以内に解約や機種変更をしてしまった場合、端末割引金額の一部を短期契約解除料として支払う必要があります。

 

続いてはiPhone Xについて。

こちらはMNPでの値下げが中心となります。安くなっているのは64GBのみではありますが、元々10万円を超えるモデルということを考えると一括15552円で済んでしまうというのはオトク度は高いものになっています。

 

有機EL、Face IDを搭載した最初のモデルとなっており、性能自体はiPhone 8と大きく変わりありません。性能も機能も非常に高いレベルにあるので、1年前とはいえ契約後は2年や3年使い続けても全く不満を感じない機種となっています。

ノッチ付きのフルディスプレイモデルとなっており、画面サイズの割に意外にも端末自体のサイズはそこまで大きくなっていないため、使いやすさのあるスマホとなっています。

こちらもしっかり防水やApple Payなど日々の生活において便利に使うことができるスマホですので、実利用において支障が出るようなところは一切ありません。

 

維持費は端末購入サポートによる一括支払いなので次のようになります。

基本料 パケット 一括15552円支払い時
シンプルプラン シェアオプション 1922円
ベーシック~5GB 6782円
ベーシックシェア~15GB 14342円

端末購入サポートの契約であるため、こちらもiPhone 8同様にdカード GOLDのメリットを最大限に活かせるので、こちらを契約する際には記事後半の内容を確認してもらいdカード GOLDと共に維持することで料金を安くすることが出来ます。

MNP一括20,736円に値下げのiPhone X、dカード GOLDと合わせて毎月10%の維持費還元と10,260dポイントを手に入れる|すまコジ

 

 

MNPのみでの安売りになりますが、docomoの安売りの中ではかなりコスパの良い契約の筆頭となっており、docomoとの契約に問題がなければオススメしたい一台となっています。

値下げ・安売りは64GBモデルのみとなっているため、256GBモデルは割高になってしまっています。また64GBモデルのオンライン契約はこちらも予約が必須となっており、iPhone 8に比べて待ち時間として長くなってしまっている点に注意が必要です。多少余裕をもって予約し、入荷までにMNPする準備を終えてしまいましょう。

 

iPhone XR:発売1ヶ月で一括25920円の超お買い得iPhone

容量 MNP/新規店頭一括価格 MNP/新規オンラインショップ限定価格
iPhone XR 64GB 31104円 25920円
128GB 37584円 32400円
256GB 49248円 44064円

※MNPは端末購入サポートの対象に。一括で安いですが14ヶ月以内に解約や機種変更をしてしまった場合、端末割引金額の一部を短期契約解除料として支払う必要があります。

続いてはiPhone XRの話題です。

iPhone XRは2018年10月26日に発売されながら、11月26日には新規とMNPで端末購入サポートの対象スマホとなってしまっています。

しかも価格の落ち方もiPhone Xのように数回の値下げで段階的に下がるというものではなく、最初の一回目から一括価格が31104円にまで落ちています。

この価格に対してオンラインショップでは特別に割引を増額、5184円さらに値下がって一括25920円からとなりました。

こちらもiPhoneとしては安すぎる価格です。iPhone 8やiPhone Xのように1年前のモデルの見せる値下げとは異なり、最新モデルがこの安さでいきなり買えるというのはかなり熱い契約です。

 

iPhone XRは性能はほぼiPhone XSと一緒です。iPhone 8やiPhone Xよりも特にゲーミング性能で大きく優れており、ベンチマークアプリのAntutuでは10万点近い差をつけるほどに高性能となっています。

画面サイズも大きく、より大画面でゲームや動画などのコンテンツを楽しみたい人には何年も快適に使うことのできる機種の一つとなっています。

有機ELではなく液晶ディスプレイではありますが、その影響によって電池持ちも良いものになっているため、使いやすさが目立ったスマホとなっています。

ここに防水・Apple Payも当然用意されているので、性能も機能も揃った優れたiPhoneでありながら猛烈な安さを見せる契約となっています。

 

維持費はこちらも端末購入サポートが適用されているので、このようになります。

基本料 パケット 一括25920円支払い時
シンプルプラン シェアオプション 1922円
ベーシック~5GB 6782円
ベーシックシェア~15GB 14342円

端末購入サポートの適用によって端末価格は大きく値下げされましたが、月々サポートが用意されていないために月額でかかる料金は高めになっています。

このため料金の割引方法として、後述しているdカード GOLDの利用というものが求められます。

MNP一括10368円に値下げされたiPhone 8、dカード GOLDと一緒に持てば毎月10%還元|すまコジ

 

 

価格面の高さで不人気ではあったものの、性能の高さなどではほぼiPhone XSと変わらない機種というiPhone XRが、その価格という不人気の原因を克服してきたことによってかなり買いであるモデルとなりました。

流石にまだ機種変更で安いということにはなりませんが、MNPや新規で回線追加ができるならば契約をしてしまうことをオススメしたいお得な価格の内容で登場してきています。

 

iPhone XS:3月20日から期間限定の新規/MNPで端末購入サポート入りに

 

MNP/新規 MNP/新規オンラインショップ価格
iPhone XS 64GB 一括69,984円 一括64,800円
256GB 一括88,128円 一括82,944円
512GB 一括112,752円 一括107,568円
iPhone XS Max 64GB 一括82,944円 一括77,760円
256GB 一括101,088円 一括95,904円
512GB 一括125,712円 一括120,528円

3月20日よりiPhone XSも端末購入サポートが適用される契約というものが出てきました。

期間限定の値下げとなるためまたすぐに高くなってしまうかと思いますが、割引期間中は結構な安価な価格での契約というものが可能になっています。

iPhone XRに比べるとまだ2倍以上価格としての差がありますが、最新モデルの契約価格としては安いものになっているのは間違いないでしょう。

他の安売りiPhoneに比べると価格面のインパクトはありませんが、一括で12~18万していた価格と比較すると安価には落ちてきています。

 

コスパの良さといったところではiPhone 8/X/XRの方が圧倒的に良いものになっているため、価格を重視する選び方だとiPhone XSを選ぶ理由というものは少ないですが、どうしてもiPhone XSが欲しいという方にはこの価格というのは魅力があるといえるでしょう。

ただ基本的に安いのはiPhone 8/X/XRの3機種となっています。

 

 

ドコモオンラインショップの在庫状況と予約の有効性の高さについて

これら3つのiPhoneはそれぞれの契約方法であれば今だと非常に安い価格での契約というものが可能になっています。

高額なiPhone XSと比較してもそれぞれの性能の高さにも関わらずこの安さを実現しているこの契約内容は非常に魅力的なものとなっています。機種変更やMNPでdocomoと契約する予定があり、iPhoneを契約したいということであればこれらのモデルがオススメです。

ただiPhone 8やiPhone Xなんかでは、そもそもの在庫が少なくなってしまっているということもあり、現在ドコモオンラインショップでは既にiPhone 8やiPhone 8 Plus、iPhone Xの在庫というものが一部を除いて販売終了となっています。

これは店頭のショップでも同様で、各モデル在庫があるiPhoneというのはわずかとなってしまっており、せっかく安くなっているのに中々購入できないものが多くなっています。

そうした中でオンラインショップではiPhone 8/Xの64GBを中心に、在庫入荷時に確保してくれる予約サービスを実施しており、こちらを利用することで対象のモデルは手に入りやすくなっています。

店頭とは違いオンラインショップでは予約を受け付けている分はほぼ確実に入荷するようになっているため、1週間前後在庫確保に時間が必要とは言え、確実に入手したいのならばオンラインショップの予約受付分に申し込むという方法が最も有効です。

在庫の少ない機種が一部モデルで出てしまっていますが、なるべく早めに予約することで完全に在庫がなくなる前にオンライン予約分はしっかり取りおいて貰える状況になっています。

このため確実性の低くなった店頭よりも、確実な入手がしやすいドコモオンラインショップの予約サービスを使うことによって、在庫の少なくなったiPhone 8やXは時間がかかるものの確保することが出来ます。

ちょっと面倒でも予約をしておくようにしましょう。

 

iPhone 8の機種変更は必ずドコモオンラインショップで、iPhone XRの契約もメリットあり

 

この在庫確保という観点以外にもドコモオンラインショップで契約すべき理由というのがあります。

特にiPhone 8の機種変更なんかではメリットとして確実に実感できるのですが、オンラインショップでは頭金や事務手数料がかからないことによって安く契約できる、という良さがあります。

オンラインショップではこの点において安く契約できるようになっており、しかも事務手数料も無料確実に店頭よりも安く契約することが出来ます。

またiPhone XRのMNP契約もこれらのメリットが付いた上に5,184円引きのオンラインショップ限定の特典が適用されるため、ショップよりも安い価格での契約というものを実現しやすいです。

 

購入サポート契約にはdカード GOLDが有効

個別の紹介のところでも触れていますが、MNPと新規で適用されている端末購入サポート契約を行う場合(iPhone 8に関しては機種変更も対象)にはdカード GOLDを一緒に持っておくと維持費が実質的に安くなります。

dカード GOLDには、維持費の10%がdポイントという形で還元される、という特典が用意されているのですが、こちらが端末購入サポートの契約体系と相性が非常に良くて効果的となっているため、こちらを保有することで維持費の高さを和らげると同時に複数の特典を得ることが出来ます。

詳しくは以下の記事を見てもらいたいですが、大体の特典は次の通りです。
docomoのスマホ料金を安くする方法 【dカード GOLD活用編】|すまコジ

  • 加入特典で最大15000円分をiDでキャッシュバック
  • 1年間の利用金額100万円で1万円、200万円で2万円分のクーポンやポイント付与
  • dポイント加盟店・特約店での利用で還元率アップ
  • 旅行保険や空港ラウンジなど一般的なゴールドカードと同等の特典も

dポイントを維持費の10%分得られる特典は、その条件として月々サポートで割引した後の料金かつ端末を含まない維持費から、という制約があるのですが、これを端末購入サポート契約ならば制約がほぼ関係ない形の契約となるため、同じ料金でも月々サポートが適用された維持費よりもポイント還元が高額になります。

その他にもポイントの倍増やオプションの節約といった効果もあるため、このdカード GOLDは端末購入サポート契約と特に合わせておきたいカード契約です。

 

紛れもなく安いiPhone3種

こちらの内容が今安くて値下げされている3種類のiPhoneに関する情報となります。

機種変更・MNP・新規契約全てにおいてこれらのiPhoneモデルならば安さといったところを提供してくれているので、価格面でお得なiPhoneを契約したい場合にはこれらから選ぶと良いでしょう。

機種変更でもMNPでも最安2万円以下でiPhoneを契約できるようになっているため、価格の高さに悩まされていた人であってもこの契約内容は手が出しやすいと思います。

そして価格が安くありながらどのiPhoneも高性能で利便性も高いものになっていますので、あまり頻繁に機種変更をしないという人でも長く性能において不満を感じないで使い続けられるスマホです。

最新のiPhone XSとはそこまで性能も機能も大きな変化が無い中で、価格の安さは相当に下げられていますので、コストパフォーマンスの良さといったものを追求していくのならば今回の値下げiPhoneを契約していきたいところです。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です