docomo

docomoのiPhone 8とiPhone XRが値下げによりコスパ最強価格へ 安いiPhoneとして投げ売り開始

 

これまたiPhone 8が販売ランキング上位占めるでしょ・・・
なんならiPhone XRもiPhone 11とか超えてくるでしょ・・・

 

 

みんなが求める「安いiPhone」がdocomoから出ちゃいました。

 

iPhone 8とiPhone XRが9月14日から値下げされて価格変更。

「カメラなんて一つあればいいんだよ!」

なんて考えてる人なんかにとってはiPhone 11やiPhone 11 Proなんかよりも圧倒的にこっちの値下げされたiPhone 8とiPhone XRの方がお買い得になります。

 

というかですね、性能と価格のバランスを考えたら今回のdocomoの値下げされたiPhone 8とXRはコスパ最強すぎるぐらいの特価級価格がデフォルト化してるんで、マジでカメラとか1つで十分って人にはオトクすぎる「安いiPhone」が生まれたことになります。

なんというか、もう少し考えて古いモデル値下げしないと最新のiPhone売れにくくなっちゃわない?って感じで心配になりますが、とりあえず「安いiPhone」が欲しかった人にとっては理想の値下げがdocomoで行われてるんで要チェックです。

 

iPhone 8が5.8万、iPhone XRが7.3万円からという衝撃価格に

9月14日からのiPhone 8とiPhone XRの価格は衝撃的です。

わざわざ新しい機種なんて買わなくてもこれで良くない?っていう感じに「iPhoneなのに安く」なってます。

衝撃価格は次の表の通り。

※iPhone 8が10月から更なる値下げの対象になってます・・・。

  • iPhone 8
iPhone 8 64GB
価格 5万8520円
(1625円×36回)
スマホおかえしプログラム なし
  • iPhone XR
iPhone XR 64GB 128GB 256GB
価格 7万5240円
(2,080円×36回)
10万6920円
(2,970円×36回)
11万8800円
(3,300円×36回)
スマホおかえしプログラム 5万0160円
(2,080円×24回)
7万1280円
(2,970円×24回)
7万9200円
(3,300円×24回)

ちなみにこっちはiPhone 11 Proの価格

  • iPhone 11 Pro
iPhone 11Pro 64GB 256GB 512GB
価格 12万6720円
(3,520円×36回)
14万2560円
(3,960円×36回)
16万6320円
(4,620円×36回)
スマホおかえしプログラム 8万4480円
(3,520円×24回)
9万5040円
(3,960円×24回)
11万0880円
(4,620円×24回)

 

凄くないですか?

iPhone 8もiPhone XRもiPhone 11 Proの半額近い価格で買えるようになってます。

まあiPhone 11 Proが高すぎるっているツッコミが入るものとは思いますが、ちょっと型落ちになっただけで割とハイエンドスマホ全体と比較しても「安いじゃん!」って思える価格なっているのがiPhone 8とiPhone XRです。

 

特にコスパ良いのがiPhone XR。

64GBで7.5万は相当狂った安さです。このサイズやデザインで全然問題ないってんならiPhone 11 ProよりiPhone XR買ったほうがマジでお買い得です。

iPhone XRは性能はほぼiPhone XSと一緒。つまり高性能なモデルなわけです。

しかもカメラもiPhone XSの通常広角レンズが同じものなんで、普通に写真を撮る分にはiPhone XS級のしっかりした写真を撮ることが出来ます。

つまり細かい違い(有機EL/望遠レンズ等)以外はほとんどiPhone XSとして使える「安いiPhone」がiPhone XRなわけです。

今iPhone XSを買ったとして何か不都合があるかといえばまずないわけで、そんなiPhone XS同等品たるiPhone XRがたったの、という言い方はちょっと語弊があるかもしれませんが、7.5万円というハイスペックiPhoneとしてはあるまじき安さで買えるのはコスパが良い以外の何物でもないはずです。

今古いモデルを使ってるなら単純にiPhoneとして性能アップが期待出来ますし、

ちょっと良いカメラのスマホに変えたいという人にもわざわざ10万円以上出さずにそれを実現可能になってますし、

あとはゲームをやる人なら間違いなくゲーミングスマホ兼日常のスマホとしてコスパ良すぎな端末になります。

出た当初はカラーバリエーションとかiPhone XSとの差別化があんまりないのに高いってことで評価されませんでしたが、ここまで価格差が明確になると「コスパの良さ」「安いiPhone」としてめっちゃ良い評価ができるiPhoneになるでしょう。

価格が抑えられながら性能とかカメラとかでトップレベルの品質を実現しているのがiPhone XRであり、この値下げ後の契約というのは万人にオススメできる大特価です。

追記になりますが、10月1日からiPhone XRの128GB以降が値引きの対象外になってしまったことで、安売りが終了してしまっています。
安く購入できるのは今のところ64GBのみなのでその点は注意をしてください。

 

 

 

ここまでiPhone XRのコスパを褒めるともう一つのiPhone 8の方を褒めにくい感じも出ちゃうんですが、これはこれで用途が違いますし価格もさらに安いというコスパを見せるiPhoneです。

iPhone 8はもはや説明不要かと思いますが、現状最後のコンパクトサイズのiPhoneとなっています。

iPhone SE2なんて噂ありますけど、小型モデルは価格安くなってAppleにしてみたら利益でないし、何より噂もアクセス数稼ぎでしょ?

なので4.7インチというちょうどいいサイズで使えるiPhoneの中で一番性能が良いのはこのiPhone 8になっており、価格もこの値下げでめちゃくちゃいい感じの安さになってます。

auもSoftBankもまだまだ8万円前後の価格を付けている中で、docomoのiPhone 8なら5.8万円というこちらも間違いなく「安いiPhone」になってます。

一応型落ちではあるものの、余程のゲームでもしない限りは体感としてiPhone XRやiPhone 11 Proとも変わらないサクサクな動作ができる性能があり、廃止されてしまった指紋認証ややっぱりそのコンパクトさみたいなところはiPhoneのラインナップの現状では唯一無二感があります。

このiPhone 8もiPhone XRとはまた違った良さと同じような良コスパを持った「安いiPhone」になっているので、性能よりもサイズとか指紋とかその辺りの使いやすい部分を重視したいなら余裕でオススメです。

 

まあこの価格なんで2台ともオススメってか2台買ってもいいんじゃないか感もあるぐらいに安くなった上に、性能とか使いやすさとかの諸々を期待できるってのはマジで良案件なんで安いiPhoneが欲しかったという人は在庫消えない内に買っておきましょう。

冗談抜きに安い上に性能全般が高いという衝撃の特価です。

 

 

機種変更するなら絶対使いたい契約方法

以下では値下げされたiPhone 8とiPhone XRをよりオトクに契約するための方法についてをまとめていきます。

全てを利用するというのは困難だと思いますが、なるべく多くの項目を満たすことによってiPhone 8とiPhone XRをより安価に契約できる可能性が高まるため、利用できるものはどんどん活用してみてください。

ドコモオンラインショップを使って機種変更をする

MNPだとdocomoショップ辺りでキャッシュバックなんかが期待できますが、機種変更においてはキャッシュバックなんてものはまず存在しません。

そのため機種変更をするなら「頭金」と「事務手数料」が無料になるドコモオンラインショップを使うことがまずオトクに契約できる第一歩となります。

頭金が無料(約5,000円~10,000円程度)

ドコモオンラインショップではその特典の一つとして頭金が無料になります。

頭金は通常のショップでは約5000円から10000円ほど付けられており、これを回避することができるだけでオトクに契約することができます。

頭金は支払いとして必要なもの、では全くありません。これはショップが勝手に付けている販売手数料みたいなもので、スマホ本体価格とは全く関係がなく利用者側にも一切利益のない支払いです。

この頭金はスマホの定価にさらに上乗せされて値上げさせられてしまうため、今回のiPhone XRだと7.3万円~だった定価が8.3万円を超える価格に変化してしまいます。

これだったらiPhone 11買ったほうが良いじゃん!ってなっちゃいますよね。

支払っても何も契約上優遇はされないため、この頭金はできうる限り0円に近い方が良いですが、今多くのショップでは頭金を5000円から10000円ほどつけています。

そうした中でドコモオンラインショップはこの頭金が0円になるため、メリットとして非常に強いものになります。

キャッシュバックなどがあるMNPならショップもありですが、機種変更では頭金0円という「値上げされない」「損をしない」契約ができるオンラインショップの方が確実にオトクになります。

事務手数料が無料(2,000円)

頭金と共にドコモオンラインショップを利用すべき理由に「事務手数料が無料」というメリットがあります。

事務手数料は機種変更の場合だと2000円かかります。

これは機種変更をした場合必ず発生する費用です。

ショップによっては無料にしている、ということはなくどこのショップで契約しても機種変更する際の手数料として2000円が発生します。

そのためスマホの本体価格を考える時は、この2000円の追加支払いというものも一緒に考える必要があります。

今回のiPhone XRだと事務手数料を加えた価格だと以下のようになります。

価格対比
iPhone XR通常価格 73,872円
iPhone XR通常価格+事務手数料 76,032円

 

この事務手数料が通常だとどこのショップで契約しても2000円かかるわけですが、これがドコモオンラインショップならば無料です。

2000円の必ずかかる追加支払いがオンラインショップのみ特別に0円となっているため、オトクな機種変更をするならばやはりドコモオンラインショップが第一候補になります。

頭金と事務手数料で約7000円以上はオトクになるのがドコモオンラインショップ

上記のようにまずドコモオンラインショップを使って機種変更するだけで

  • 頭金分(約5000円~10000円程度)
  • 事務手数料分(2000円)

の合計約7000円~の支払いというものを0円にすることができ、オトクな機種変更をするという意味において非常に大きな効果を発揮してくれることになります。

機種変更をするならまずドコモオンラインショップを使いましょう。

 

はじめてスマホ割

ガラケーからはじめてスマホを使うことになる場合、はじめてスマホ割が適用されて毎月1000円引きが12ヶ月間適用されることになります。

FOMAからの契約変更に限り、18ヶ月以上同じガラケー相当の機種を利用していることが条件になります。

対象はFOMAガラケーはもちろん、らくらくホンとキッズケータイもこの割引適用の対象になるため、必ずしも古い契約の利用者が対象ということではなく若いユーザーも対象となります。

iPhone 8もiPhone XRもスマホ初心者向けに使いやすいので、家族にガラケーやキッズケータイを持っている人がいたら機種変更させちゃっていいと思います。さらに安くなるんで。

下取りプログラム

もしも今使っているスマホを下取りに出せば、その機種に応じたdポイント還元を得ることができます。

直接の値引きではないものの、1ポイント1円相当で利用できて使い道もそこそこ多いdポイントが手に入るので、実質的な値引き相当に近いメリットを受けられるのが下取りプログラムです。

iPhone系をこれまで使ってたなら下取りを。Androidを使ってて古いモデルなら白ロム屋に買取に出すのもいいかもです。

 

 

dカードによる一括支払いでポイント2倍

ドコモオンラインショップでの購入に関連してもう一つオトクな方法が用意されています。

それがdカードで一括購入した場合にdポイントが2倍貰える、というものです。

通常の買い物だとdカードの還元率は1%となりますが、ドコモオンラインショップでの端末一括購入であればポイント還元率が2%になります。

iPhone購入のポイントはどこに行っても普通1%なので、それを考えると2%になるのは地味にデカイです。

dカードは通常の券種なら年会費が無料のため、docomoユーザーなら持っておいた方が良いでしょう。

またメインカードとして利用するのであればdカード GOLDを申し込んでおくと後述しているメリットをさらに得ることができます。

dカード GOLDと組み合わせて維持費の10%を毎月dポイントで還元

dカードについてはdカード GOLDの特典がdocomoユーザーであれば魅力的なものが多いです。

dカード GOLDには継続的にオトクな状態を提供してくれる特典として「docomo回線の維持費の10%が毎月dポイントで還元される」というものがあります。

これはdocomoのスマホ回線とドコモ光の料金に適用されるdカード GOLDの特典となっており、例えば毎月8000円かかるとすると800dポイントが戻ってくるということになります。

ある程度高額な金額が毎月かかっているようであれば、この特典によって毎月結構なポイント還元を受けることができるため、dカード GOLDはdocomoのヘビーユーザーなら持っておくべきカードになっています。

注意点としてはスマホの本体代の分割代金は対象外となっていて、スマホ回線と光回線の維持費のみが対象になります。

docomoのスマホ料金を安くする方法 【dカード GOLD活用編】docomoのスマホ料金を間接的にではあるものの安くする方法について、一つの方法を提案しましょう。 docomoのスマホ料...

dカード GOLDの加入特典や年間利用料に応じた特典も結果的にスマホ代を安くしてくれる

他にもdカード GOLDには特典が用意されており、そちらもdocomoのスマホ代に充てることができるために利用次第ではオトクさを押し上げてくれます。

具体的にはこちらの内容です。

  1. dカード GOLD加入特典として最大15000円相当のキャッシュバック
  2. 年間100万円利用で1万円分、年間200万円利用で2万円分の還元
  3. dカード GOLD補償で10万円分までスマホの補償対応

まずdカード GOLD加入かつ条件を満たすことでキャッシュバックがもらえます。

また年間利用金額に応じて1万円からのクーポンやポイント還元を選ぶことができます(詳細はこちら→dカード GOLD)。

そしてdカード GOLD補償の存在によって通常の補償オプションを契約していなくても補償を受けることができ、オプション代の節約になります。

どれも直接今すぐに値引きや割引につながるものではないものの、将来的・長期的な視点から効果のある値下げ・還元効果を見せてくれる特典が揃っています。

 

利用できるものは多くないがオンラインショップ・下取り・dカード利用でオトクに契約可能

決して利用できるキャンペーンは多くないものの、

  1. ドコモオンラインショップ
  2. 下取りプログラム
  3. dカード(GOLD)

辺りはこれといって難しい条件もなく満たすことが出来る方法・キャンペーンであるため、こちらはiPhone 8やiPhone XRをオトクに契約するためにも使っていきましょう。

 

ただでさえ安いiPhone 8とiPhone XRをさらに安く買うのは気が引けますが、利用できるものはガンガン使っていってこの総務省による値引き縮小化が進む世界を渡り歩いていきましょう。

安いiPhoneをそのまま安く契約できるオンラインショップの利用を中心にして、下取りとかdカード GOLDとか組み合わせられるものを組み合わせていってオトクに契約してみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です