docomo

docomo/Y!mobile/UQモバイルがMNP乗り換え契約に対して上限ギリギリの値下げ・安売りを実施中 iPhoneやXperia対象

 

のりかえなら、ね。

上限2万円までしか値引きができない中で、これはまあ限界ギリギリということで頑張っている値引きじゃないですかね。

今の水準を考えれば。

 

総務省の「値引き上限2万円まで!」というのをまさか法律で定められてしまった結果、スマホの値引きや値下げというのが現在絶望的な感じになっちゃってますが、そんな中にあって上限ギリギリまで値引きをしているキャリアというのが出てきました。

それがdocomoでありY!mobileでありUQモバイルです。

この3キャリアが程度の差こそあれ「上限が決まってるなら上限まで値引きしてやる!」って感じで割引をしてきています。

Y!mobileとUQモバイルなんかはSoftBankとKDDIのサブブランドなので、実質主要3キャリアが法施行開始初月から上限ギリギリまで値下げしてきてるってことですね。サブブランドでやってるのは思いっきり様子見してる感ありますけど。

過去の7万8万なんて値引きと比べたら悲しいぐらいにショボショボーンな感じで辛いんですけど、それでも安くなっているってことで今回は取り上げてみます。

 

ちなみに値下げの条件がMNPでの契約、となってるキャリアがほとんどなんで、そこだけは注意してください。

のりかえ限定、機種変更は対象外っていうちょっと悲しい限定的な値引きです。

 

MNP限定値引き、条件ほぼ無し

まあMNP限定といっても最近の値下げヒエヒエの環境下では値下げしてくれるだけでも十分なんで、金額低くて他社からののりかえだけが対象といはいっても喜ぶべき内容ではありますかね。

これがいつか機種変更に来てくれることを願って、とりあえず今回のMNP値引きの内容について確認していきます。

今回の値下げは大体共通して以下のような内容になっています。

  1. MNPが対象(Y!mobileは他の契約方法にも割引用意)
  2. 対象機種は限定されている
  3. 全体的に安価なモデルが値下がりしておりより契約しやすいものに

こんな感じで「安いスマホがさらに値下がって買いやすくなってる(主にMNP限定)」っていうのが今回の割引の概要です。

元から安かったスマホがさらに追加で安くなるって感じなので、ハイエンドが欲しいユーザーではなくて格安スマホに興味があるユーザー向けの「キャリアの格安スマホ潰し施策」ってのが今回の値引きの趣旨になりますかね。

解約金が1,000円とか0円になってるんだからそりゃMNPは優遇しますわな。

と、こんな感じになっているので安いスマホが欲しい・安い料金で使いたい、といった格安スマホで十分っていうユーザーへと向けた安売りとなっているので、そちらはこれらの契約をする前に把握しておいてください。

次の項目ではそれぞれのMNP値引きの内容を掘り下げていきます。興味のあるキャリアで契約してみてください。

 

docomo:スタンダードモデルが安い 2万円弱のスマホも登場

docomoではMNPの契約で次のような施策を用意してます。

  • MNP限定で端末購入割引を用意
  • 条件は端末契約。その他の条件や縛りはなし
  • 対象機種はスタンダードモデルのスマートフォンとiPhone、それにガラケー・ガラホ・らくらくスマホといったモデル
  • 値引き金額は11,000円

値引き金額は11,000円と上限にまで達していません。上限ギリギリ攻めてるのはサブブランドの2社になっており、流石にメインキャリアのdocomoはいきなり冒険できなかった模様。

スマホだけでなくガラケーとかも安くなるんで、新作ガラケーが出ない!安いガラケーが出ない!とお悩みの人は電話番号そのままにdocomoへ変更して良いのでは?

対象機種の値引き後の価格は次の通り。

 

MNP価格
(定価から11,000円引き)
iPhone 8 64GB 56,320円
iPhone 7 32GB 32,560円
arrows Be3 F-02L 23,056円
Xperia Ace SO-02L 38,896円
Google Pixel3a 35,728円
LG Style2 L-01L 27,016円
らくらくスマホ me F-01L 30,184円
arrows ケータイ F-03L 20,680円
AQUOSケータイ SH-02L 20,680円
P-smartケータイ P-01J 20,680円

地味なラインナップですが安いことは安いです。

特にarrows Be3とGoogle Pixel3aはスマホ契約予定なら狙い目です。というかこの2つはマジでオススメです。

 

arrows Be3は性能は大したことないものの、機能が充実。ワンセグ・おサイフ・防水・防塵を中心としてMIL規格に準拠した「壊れにくいスマホ」という特徴を持っています。

いわゆるガラケーからの乗り換えやスマホ初心者に適したスマホになっており、中高年世代に最適の1台として評価の高いスマホです。

そうしたarrows Be3がMNPならなんと2万円台前半というのは相当にコスパが良くてお得です。ドコモオンラインショップでランキング1位になるぐらいに人気の高いスマホなわけですが、そんなスマホがMNPなら2万円台で契約できるというのはオススメしやすいです。

 

性能を重視したいならGoogle Pixel3aのMNP契約がベスト。

日本向けの機能というか防水とかがないんですけど、単純な性能だけだったら間違いなくこのラインナップの中ではベストに近いです。カメラもめっちゃ綺麗に撮れますしね。

 

ただ防水とかが欲しいならiPhone 7の方が良いかもしれません。32GBなのでクラウド利用必須ですが。

あとは高くなるもののiPhone 8が10月19日から値引き機種に追加されたのでこちらも地味にいいっすね。というかこのiPhone 8だけ格安スマホが欲しいユーザー向けではなく、全ユーザーにオススメできる内容になってます。

 

とりあえずdocomoは

  • arrows Be3
  • Google Pixel3a
  • iPhone 7or8

といった辺りがMNPだと普通に安い感じで売られているんで、docomo回線に興味がある人はこれらのスマホが組み合わせるならオススメです。

まずこちらの内容がdocomoが今やっている「解約金1000~0円記念での格安スマホ潰し施策」となっています。

 

Y!mobile:iPhone 7が安いし新製品のXperia 8も安い

Y!mobileのMNPもようやく新モデルでの受付が開始されたので紹介します。

MNPでの施策は次の通り。

  • Y!mobileオンラインストア限定の機種代金割引
  • 条件はオンラインストアでの契約のみ、他に縛りなどは発生しない
  • 対象機種はオンラインストア取り扱いのスマホほぼ全機種
  • MNP値引きは高額の18,216円
  • 新規とMNPが同額の値下げ、機種変更は7,128円

Y!mobileはMNPだけでなく新規も割引しており、MNPと同額の減額。機種変更は1万円ほど割引が少なくなってます。

このMNP値下げは2019年10月の時点でほぼ全てのY!mobile取り扱い機種で適用されているので、割と選り取り見取りです。

その中でも個人的にオススメするのが

  • iPhone 7
  • Xperia 8

この2つ。

MNP/新規
(18,216円引き)
機種変更
(7,128円引き)
iPhone 7 32GB 35,784円 46,872円
iPhone 7 128GB 46,585円 57,673円
Xperia 8 35,784円 46,872円

iPhone 7は今さら説明不要ですが、docomoと違って128GBモデルも用意されていて尚且つ価格も4万円台というそこそこ安いものになっているために買いやすいです。

32GBなら3万円台半ばでの契約が可能ということで、結構コスパが良くなっています。

ちなみにiPhone 7の持つ防水やApple Payといった機能が必要ではないのであれば、iPhone 6sがなんと1万円台からで発売されているので、こちらも「格安iPhone」としてオススメすることができます。

 

そしてオススメ機種のもう一つとなるのがXperia 8

こちらは2019年冬モデルの中でもかなり注目されてますよね。

多くのキャリアで契約できる廉価版のXperiaということで、かなり存在感を放っています。

そんな新製品がY!mobileではMNPでいきなり値引き対象となります。いきなり3万円台半ばの価格で購入できるというのは他のキャリアの販売モデルと比較しても安い金額。

割とY!mobile回線の性能とかを考えたらXperia 8の性能となんかピッタリな感じが強いので、安いXperiaが欲しい人とか21:9のディスプレイを持ったスマホを安く欲しい人はマジで良い選択かと思います。

別記事でも特集してますが、Y!mobileのこの2つの機種セットは格安スマホとして理想的な端末の安さ・維持費の安さを実現しているのでオススメです。

Y!mobileのXperia 8、発売前からオンラインストア限定値引きが1.8万円発生 定価とは何だったのかと感じる一括3.6万円での販売 定価ってなんだよ・・・。 いや、契約する側からすれば嬉しいんですが。 でも発売前から定価から2万円近く安くなるって、...

 

UQモバイル:iPhone 7が安い

UQモバイルもdocomoやY!mobileに触発されてか、MNP限定で一括価格を安くする仕組みを実施してます。

  • MNP限定で条件等は特になしで縛りはない
  • 対象スマホはiPhoneと一部のAndroid、iPhone 6sは在庫がないので実質iPhone 7向けの施策
  • 割引額は高額な19,800円

UQモバイルのMNP値下げは若干まだ方針が定まっていないようで、とりあえずY!mobile対抗のiPhone向けに用意されているものだけを確認しておけばOKでしょう。

Androidも一応MNP値引き対象の機種はあるものの、基本的に目ぼしいモデルとなるのはiPhoneになります。その中でも在庫があるiPhone 7が対象となってくるでしょう。

MNP価格
iPhone 7 32GB 34,980円
iPhone 7 128GB 46,860円

iPhone 7は性能が高いために今契約しても不満が出にくいモデルですし、防水・Apple Payが備わっているということで単純に使い勝手が良いです。

格安スマホの一部に組み込むにはちょっと他の機種に申し訳ないレベルの性能を持ったスマホなわけですが、UQモバイルへとMNPすれば3万円台半ばで契約できてしまうために、紛れもなく格安スマホとして利用できるでしょう。

 

本来だとここにUQモバイルはキャッシュバックが利用できて5,000円分さらに安くなるんですが、現状キャッシュバックページから申し込んでいくとMNPの価格変更が反映されないものになっています。

そのためキャッシュバックを貰うよりも通常の契約ページからMNPを申し込んだ方がお得です。

多分まだキャッシュバックページに反映されていないだけ・・・の可能性があるため、もしも申し込む場合にはとりあえずキャッシュバックページ経由でのMNP価格を見ておいてください。更新されてれば29,980円でiPhone 7を契約することができます。

 

解約金がほぼかからなくなった現状では積極的なMNPはあり プランの特徴も分かれているので自分にあったものを選びやすい

現状、各キャリアやMVNOの回線も条件などは異なるものの解約金が0円や1,000円という金額でMNPできるようなプランが用意されているため、従来よりもMNPはしやすいものになっているはずです。

そうした環境下においてこうしたMNPで端末代を安くしている3キャリアの施策というのは、少しでもスマホを安く契約していこうという時に役立ってくれるはずでしょう。

 

とりあえず今回の3キャリアはプランの内容とか特徴が結構異なっているので、欲しいスマホで選ぶ以外にも使いたいプランで選ぶというのもできます。

ザっとまとめるとそれぞれの回線を選ぶとしては次のような理由も出てくるんじゃないでしょうか。

docomo

  • 1GBからの段階性のプランで安く使いたい
  • 通信量を気にしないフラットタイプのプランを使いたい
  • 光回線と組み合わせて割引を得たい
  • キャリア決済・キャリア認証を利用してネット上の決済や会員登録を便利に安全に使いたい
  • d払いキャンペーンでお得に買いものをしたい

Y!moble

  • 格安SIMに近い料金でスマホを運用したい
  • 比較的安い料金でギガ容量の多いプランを使いたい
  • 通話をするため通話定額付きのプランが欲しい
  • ヤフーショッピングでの買い物をお得に行いたい
  • 格安SIMでもLINEの年齢認証ができるようにしておきたい

UQモバイル

  • 格安SIMに近い料金でスマホを運用したい
  • 比較的安い料金でギガ容量の多いプランを使いたい
  • 通話はあんまりしないため、通話定額のない分安いプランを使いたい
  • SoftBankグループを信用していないからそれ以外のキャリアを使って安くしたい

 

プランがそれぞれ違う上に特徴も異なるため、結構選べる幅は広がってるんじゃないでしょうか。

ショッピング系の特典を重視するならdocomoやY!mobileは使いやすいですし、電話をしないならUQモバイルの通話定額がオプション化されることで最小構成では安く持てる、という特徴は合うユーザーも多いと思います。

今回のメインの話題は上限2万円に近い金額にまで値引きが行われて安いスマホが買えるぞ!ってところですが、そうした施策を行っているそれぞれのキャリアの特徴も面白いものになっているんで、地味にこちらも注目してみて欲しいところです。

もしもMNPする予定があるならこの3キャリアは安いだけでなく、面白い特徴を持ったプランを選ぶことができるので結構前向きに考えちゃっていいと思います。

 

まあオススメは

  1. docomo:arrows Be3 初心者向け、ガラケーユーザー向け
  2. docomo:Google Pixel3a 性能重視、カメラ重視
  3. docomo:iPhone 8 性能重視、長期利用の安定感重視
  4. Y!moble:Xperia 8 価格重視、独特な21:9ディスプレイ重視
  5. docomo&Y!moble&UQモバイル:iPhone 7 安価で性能や機能のバランスが良い、いわゆるコスパ重視

この辺りはマジで後悔少なく契約できる格安スマホになってるんで、あとはプランの特徴とか確認してもらってMNPすれば良いと思います。

機種変更とかが対象外なんで契約できる人は限られるわけですけど、今なら解約金もほぼ発生しなくなってMNPのデメリットがキャリアメールぐらいしかないんで、今後も続くキャリアの「MNP値引きによる格安スマホ潰し施策」を享受し続けるためにもMNPすることを前向きに考えておいた方がいいと思いますね。

過去に比べると安さに限界はありますが、上限が決められた今になってはお得な契約ができる方法の一つになってます。

 

頭金・事務手数料がかからない契約はオンラインショップ・オンラインストアで。

期間限定!最大14,000分お得にスマホを購入する方法もある

そしてこれらの機種をより安く購入する方法というのも紹介しておこうと思います。

それはイオンカードに新規入会してそのクレジットカードで端末代を一括で決済する、という方法です。

この方法を使えば今回の紹介したスマホを一括で購入する時に

2,800円か7,000円相当のポイント還元を得られて実質価格が安くなる

といった形でよりお得にスマホを契約することができます。

またスマホの契約だけでなく他の支払いとも合わせて10万円分を使うことによって、14,000円相当のポイント還元を得ることもできます。

最大で14.5%還元をこのイオンカードの新規入会キャンペーンを利用することによって得ることができ、その分お得にスマホを契約できるということになります。

もしもすぐにスマホが欲しいということでなければこちらのイオンカードのキャンペーンに参加した上で購入をするといいでしょう。

イオンカードのキャンペーン詳細はこちら。

  • 新規入会を2020年2月29日までに行う
  • 4月10日までにクレジット決済をした場合に最大で14%還元
  • 金額は指定範囲
  • 2万円以上5万円未満の場合は2,800ときめきポイントを還元
  • 5万円以上10万円未満で7,000ときめきポイントを還元
  • 10万円以上で14,000ときめきポイントを還元
  • ときめきポイントは商品ギフトと交換できる他、1ポイント=1円相当で電子マネーWAONに変換できる
  • これとは別に通常0.5%還元も付与される(またイオン系列での買い物の場合さらに追加で0.5%で最大15%還元)
  • 対象外の商品などは今のところなく、過去のキャンペーンより大幅に条件が緩和されて誰でも還元を受けやすい
  • その他詳しい条件は⇒https://www.aeon.co.jp/campaign/lp/aeoncardwaon.html

今回の紹介している安いスマホ購入によって2万円以上の条件は確実に満たせると思うので、その時点で2,800円相当が還元されます。

さらに4月10日までに日々の支払いでイオンカードを使っていくことで、5万円以上で7,000ポイント、10万円以上で14,000ポイントという条件も満たせてくると思うので、こちらのキャンペーンは今回のスマホをより安く契約するためにも積極的に使っていきたい内容になっています。

クレカ到着まで時間はかかるものの、確実に安く購入する方法・キャンペーンとして結構強烈なお得な内容が用意されているので、うまくこちらを利用して賢くスマホを購入するようにするといいでしょう。

もしも紹介コードを利用する場合は「6778YJ」となります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です