au、iPhone5を一括0円で投げ売りへ 最低維持費も毎月わずか3円で祭り開始

 

※追記:現在はauにかえる割が変更され、3円維持は不可能に。980円/月の維持費になります。その代わりに3円維持なんかよりももっと得するキャッシュバックモリモリの状態に変わっています。

EVO3D祭り再来!MNP一括0円のHTC J One HTL22に5万円近いキャッシュバックがのる事態に iPhone5にも3万円

HTL22がキャッシュバック額の歴史を塗り替える 単品10万超えの伝説に

 

先日お伝えした通り、23日からau版iPhone5がMNP一括価格が大幅に安くなる。それも今回はコンテンツやmamorinoなどの抱き合わせがなくても安売りされる模様だ。

これまで一部地域、一部店舗でしか行われてこなかった「ゴミなし」でのiPhone5学割MNP一括0円、非学割ならMNP一括10500円前後の投げ売り案件が、今度は全国的に広い範囲でスタートしそうだ。

今までのゴミ付き、抱き合わせなどでの安売りに抵抗があった人にとって、今回の値下げ&ゴミなし条件のiPhone5案件登場は待ちに待った状況だろう。いよいよ本格的にauの庭で林檎狩りのシーズン到来といったところだろうか。

au版はMNPでの購入でWi-Fi運用を目的とした維持費も非常に安くできるため、ソフトバンク版以上にお得度は高いので積極的に狙っていきたい案件である。

 

値下げが始まるのは23日からで確定のようだ。数々の携帯ショップが事前に告知を行っている。

 

 

 

個人的に信頼している携帯ショップテレワールドさんの学割なし一括10500円というのがコンなし価格の目安相場になるだろう。5~10のコンテンツ契約があれば学割なしで一括0円も出てきそうだ。注目すべきはフラット契約がオプションとして必須でない店が多いということだ。au側も寝かせ契約を前提で投げ売るつもりであるらしい。そうとくれば林檎狩り技能習得者は全力でもらいに行くしかないだろう。

なお、今回の値下げに伴い、毎月割が減額している。フラット運用をしようとしている人はほんの少しだけ運用費が値上がりする。Wi-Fiなどで利用し、回線を寝かせる人には特に運用費には関係してこない。

 

 

このように毎月割が2570円→2140円へと減額するようだ。

これまでゴミなし条件になるとiPhone5はMNP一括19800円ほどであった。今回の毎月割の減額分が10080円になるため、この毎月割減額分が本体代金値引きへと回されたようだ。フラット回線で利用する人には本体代の値引きと運用費の値上がり(2年運用時)がほぼプラスマイナスゼロで特に恩恵はないが、回線を寝かす人には端末代の純値引きへと繋がっているため、機種目当ての人にとっては非常にお得な状態となっている。

 

運用費&最低維持費

 

さて、ここからは23日以降にiPhone5を購入した際のフラット回線運用費と最低維持費について計算してみたいと思う。

今回はMNPでの値引きを利用した購入方法になるため、auが現在展開しているMNPを利用した転入者限定キャンペーンである「ウェルカム割」が利用できる。

この「ウェルカム割」を利用することで、フラット回線は劇的に安くなり、最低維持費に至っては信じられない利用額になる。以下でその計算式を載せているので、プラン作成にぜひ利用してほしい。

 

フラット回線運用費

 

LTEプラン 980円
ウェルカム割 ▲980円
LTEネット 315円
LTEフラット(LTEフラットスタート割(i)適用) 5460円
毎月割 ▲2140円
合計 3635円
スマートバリュー ▲955円
合計(スマートバリュー適用時) 2680円

※スマートバリューの値引き額は1480円だが、スマートバリューを適用させるとフラット定額料金が5985円へと525円値上がりする。そのため表の見栄えを考えてスマートバリューの値引き額を955円と計算させてもらった。

フラット料金が3600円or2600円となるため、通信費をかなり節約することができる。auのLTEもまだまだ快適な速度を保っており、この月額料金で利用可能であれば下手なMVNOやモバイルルーターを契約するよりもよっぽど快適だ。(iPhone5でのau LTEが快適かどうかは別であるが・・・。)

本格的にこの回線を使いたい場合は、さらにテザリングオプションや24時間通話定額などのオプションに加入してほしい。

 

 

最低維持費

 

au版iPhone5の最低維持は以下のようになる。

パケットプランを0円~21000円の従量制のプランにすることで、パケット料金を(使わなければ)大幅に節約することができる。

そして基本料に値するLTEプランがMNP特典である「ウェルカム割」によって0円になるため、その他多数のオプションを外してしまえば、ユニバーサル料と呼ばれる料金のみの3円で回線を寝かし維持することができる。

 

LTEプラン 980円
ウェルカム割 ▲980円
ユニバーサル料 3円
合計 3円

 

 

さらに手を加えると・・・。

 

「iPhone5の最低維持費が3円」

あのiPhone5が毎月3円で持てるということで驚いた方もいることだろう。iPhone5自体まだまだ人気も高く、白ロムショップでの買い取り価格も高額を維持している優良機種だ。

そんな人気の機種を毎月3円だけで維持できるというだけでも驚きではあるが、ここにほんのちょっとした手間を加えるだけで3円すらかからずに持つことができる。

その手間というのも本当に簡単なことで、紙の請求書を廃止してネットで請求書を受け取るようにするだけ。

請求書の通知を毎月21円値引きが行われる「WEB de 請求書」というサービスに切り替えるだけで、毎月の維持費が3円から0円へとさらに下がってしまうのだ!(LTE機は非対応でした。申し訳ない。)

月3円でも安すぎるというのに、請求書をネット上での請求にするだけで3円すらかからずタダでiPhoneが持ててしまう。
(しかも、この21円の値引きは実際には余った値引き分がプールされるため、請求書上は0円となっているが内部の処理では毎月-17円というお金が繰越扱いで貯められている状態が作られている。この貯められた料金は他のオプション代などに利用可能。)

 

iPhone5が一括0円で購入でき、毎月の維持費も0円で利用できる。MNPでの購入というハードルこそあるものの、ここまでお得な機会はそうそうないはずだ。今回のauのiPhone5投げ売り祭りを逃してはいけない。

iPhoneを購入したら「ガラスの保護フィルム」で液晶保護をしっかり行おう。

SPIGEN SGP iPhone5 GLAS.t R SPIGEN SGP iPhone5 GLAS.t R SPIGEN SGP
売り上げランキング : 478Amazonで詳しく見る

さて、MNPでiPhone5がほしいけどキャリアメールの都合などでMNPしたくないorできない!という人もいることだろう。
そんな人にはMNP弾の作成をオススメしておく。プリモバイルやスマホ電話SIMなどを利用すれば簡単にMNPが可能になる。
もちろん2回線持ち、場合によってはそれ以上の携帯回線を持つことになってしまうが、前述のように毎月3円で維持可能なため2年後の解約さえ忘れなければ大きな出費にはならないはずだ。
特にオススメなのがスマホ電話SIMだ。これは契約からMNP予約番号発行までの手続きを全てネット上で済ませることができる。手順が非常に簡単なため初心者にはもってこいだろう。

スマホ電話SIMについては以下の記事を参照していただきたい。
スマホ電話SIMをMNP弾として使用する際の費用・方法・維持費





Comments
  1. 菜奈し7
    |    返信
  2. kankeri02
    |    返信
  3. UKUSAJP
    |    返信
  4. グリチルリチン
    |    返信
    • smakoji
      |    返信
  5. 牛田モウ
    |    返信
    • smakoji
      |    返信
  6. Daru
    |    返信
  7. さか
    |    返信
    • smakoji
      |    返信
    • あふん
      |    返信
  8. おまかせ
    |    返信
  9. Sem
    |    返信
    • smakoji
      |    返信
  10. ざるうどん
    |    返信
    • smakoji
      |    返信
  11. ざるうどん
    |    返信

Post A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です