docomo

総務省主導のスマホ「値上げ」前、安いスマホを契約する最後のチャンスを逃すな!docomoの648円スマホ、10,368円スマホを総まとめ

docomoが2019年4月から6月ごろを目処に総務省の意見に従っていわゆる「分離プラン」を用意すると発表しています。

この分離プラン、もしも既存プランとの併用ではなく完全分離プランになった場合には、

スマホの端末代が大きく値上がりする

のがほぼ確定になっています。

docomoはおろか総務省すらも完全分離プランによって端末の値上げが避けられないと理解しながら、対策としてまさかの中古スマホ市場の活性化などという控えめに言ってアホな事をやるつもりです。

この分離プラン化が推し進められた先には「キャリア主導のスマホの安売りが終了する」ことがほぼ確定されており、4月以降は近年でも稀に見る「スマホの価格が高い」状態が続くと見られています。

そのため2月3月といった分離プランが出る前に、月々サポートや端末サポートといった形によるキャリア主導の高額値下げ機種を買っておかないと、以降は特にハイエンドモデルにおいて「高額なまま」で古いモデルですら値下げのされない状態になってしまいます。

つまり今(2月3月のセール)の期間中というのは、「2度と安く買えなくなる」かもしれない「スマホを安く契約する最後のチャンスと言っても過言ではありません。(過言かもしれませんが。)

分離プランの併設、完全分離プラン化のいずれにせよ、キャリア主導の値下げが総務省によって大きく規制されることは間違いないために、とりあえずこの2月3月と4月以降の価格には大きな差があるのは確実でしょう。

というわけで今回の記事では2月3月中に契約しておきたいdocomoの値下げ中のスマホ、特に価格の安さが目立つ648円機種・10368円機種のスマホをまとめておこうと思います。

648円・10368円スマホとは

今docomoでは「最後の値下げ機種」になり得るであろう安売りされているスマホがあります。

それらは648円または10368円といった価格がつけられており、機種変更などによって非常に契約しやすくなっています。

まずはそうした648円からの非常に安い価格で販売されているスマホについて、どのような種類があるのかをまとめてみましょう。

M Z-01K 648円
Xperia XZ1 compact SO-02K 648円
arrows NX F-01K 648円
V30+ L-01K 10368円
Xperia XZ1 SO-01K 10368円
Galaxy S9 SC-02K 10368円
Xperia XZ2 SO-03K 22032円
Xperia XZ2 compact SO-05K 10368円
AQUOS R2 23328円
P20 Pro HW-01K 10368円

その他の機種情報についてはこちら。

【2020年8月1日更新】docomoの値下げで安いiPhone・スマホ一覧【機種変更/MNP/新規】docomoが現在安売りしているスマホ、値下げしているスマホについて、その対象機種の価格と契約方法についてまとめました。 doco...

機種変更で破格に近いレベルで安く契約することができるスマホが、今ならこれだけ揃っているのです。

2月3月という年度末の商戦期ということでこれらはお買い得なのは間違いないですが、それ以上に今回は4月以降は値下げができなくなる可能性もあるために逃したくはない契約内容となっています。

 

これらの安売り機種はどれもオンラインショップ限定の5184円引きを適用した価格のため、実際のドコモショップなどでは5184円分の値上げかつ頭金と事務手数料の値上げといったところもかかるので注意してください。

あくまでもオンラインショップ限定の価格です。

 

最安では一括648円という価格が実現されているこれらの激安スマホが今docomoにおいて安いスマホが欲しい場合に狙うべき機種です。

ほとんどのモデルが高性能なSoCであるSnapdragon 835やSnapdragon 845を搭載し、RAMも4GB以上を搭載したモデルとなっているため、性能面で「安かろう悪かろう」感のないスマホを契約できるようになっています。

というかSnapdragon 845に至っては最新性能のSoCとなるため、最新のモデルがこの安さで売られているというのはなかなかに衝撃的な内容と言えます。

こうした安売りがされているスマホが多く、価格だけでなく性能も良いということでdocomoでこれからスマホ契約をするならばこれらの機種から選ぶのがオススメです。

ただ種類が結構多いために、この中からどれを選んで契約すればいいのかわからないという人もいるかと思うので、次の項目からはこの値下げ安売りスマホについて個々の機種にどういった特徴があるのか、どういった人にオススメなのかということに触れていきたいと思います。

実質価格で値下げされている機種は24ヶ月間の月々サポート適用が条件です。

そのため24ヶ月以内に機種変更や解約をしてしまうと、月々サポートの適用が終了してしまうために今回の実質価格で契約できないという問題が生じます。期間内に解約や機種変更をしてしまうと月々サポートが終了してしまうため、通信費への割引が一切なくなった状態で24回の端末代が割引なしでかかってしまうことになります。

 

一括価格で値下げされている機種は端末購入サポートの適用が条件です。

端末購入サポートの適用されたスマホはすぐに一括払いきりで利用することが出来ますが、契約から14ヶ月以内に解約や機種変更をしてしまうと一括値引きに使った割引相当分が解除料として発生します。期間内の解約や機種変更によって一括で支払った金額とはまた別にかかってきてしまうことになります。

 

このため実質価格での契約は24ヶ月縛り、一括価格での契約は14ヶ月縛りというものが発生してしまうので契約後の利用期間というものに注意してください。

端末購入サポートの解除料については端末ごとの販売ページに用意されているのでオンラインショップで各機種を確認をしてから契約をしてみて下さい。

 

最安一括648円:2画面変態スマホM Z-01K

  • 最安の一括648円
  • 在庫僅少かつ超個性的なデザインのスマホ
  • Snapdragon 820
  • 発熱は高めでバッテリー持ちも良くはない

今回の安売りスマホの中から最も安いスマホを契約したい場合には『M Z-01K』が当てはまります。

M Z-01Kは648円販売、それも端末購入サポートによって一括で契約できるという安さを誇るスマホです。

元々が9万円近くしたスマホであることを考えれば大幅な値引きが実施された機種の一つです。

このM Z-01Kは値下げスマホの中では性能が一段劣るスマホです。Snapdragon 820を使っているため、若干発熱が他のスマホと比べてもしやすく電池持ちといったところも他の機種と比べても劣るところが見られます。

動作もSDM820機種としては少しカクつくところが見られやすく、今回の値下げ機種の中では性能面では劣るところのあるスマホであることは否めません。

ただM Z-01Kの良さというのはそうした性能面よりも、「2画面・折りたたみ」という特殊な形状に集約されています。

2画面という非常に個性のあるデザインのスマホとなっており、普通のスマホとしてだけでなく大画面のタブレット化、2画面で別々のアプリ展開など他のスマホではできない利用方法が可能になっています。

性能よりもこうした個性のある特徴的な使い方ができるという点がM Z-01Kの強みといえます。

2画面・折りたたみスマホという存在に興味があるようならば、このM Z-01Kは大変魅力的でありながら非常に安いスマホとなっているためにお買い得です。

ただ2画面の活用シーンが思い浮かばなかったり、もう少し性能が高くて普通の安いスマホが良いという場合にはちょっとオススメはできません。

特徴的なスマホを使ってみたいという意欲のあるユーザー向けになっており、個性的なスマホを安く買って試してみたい人向けと言えるスマホではあります。

今回の値下げでは最安なものの、ある程度契約対象の人は限られているのが現状です。

普通の最安一括648円:4.6インチ小型モデルXperia XZ1 compact SO-02K

  • 最安の機種変更一括648円
  • 持ちやすくiPhone 8とほぼ同サイズの小型モデル
  • Snapdragon 835搭載
  • バッテリー持ちがよく広角インカメラでセルフィーも特徴的
  • 無難な1台として普通のスマホの最安機

2月8日からようやく価格が実質から一括に変更となったことで、M Z-01K同様に最安で機種変更することができるスマホになりました。

端末購入サポートの適用は変わらず、月々サポートをなくして一括648円という安さにしてきています。

先ほどのM Z-01Kは特殊で特徴的な端末となっていましたが、このXperia XZ1 compactの場合は極めて「普通」のスマホとなっています。

4.6インチの最近のスマホとしては小型のモデル、それでいてSnapdragon 835という高性能なSoCを使ったスマホということで、コストパフォーマンスはとてつもなく良いスマホです。

普通のデザインの普通のスマホ、高性能なCPU、それでいながら一括648円ということで格安系のスマホを契約したかった人にまずオススメできる万能性を持ったスマホになっています。

性能面以外で高く評価されているのは広角なインカメラの存在。広い範囲を撮影できるセルフィーが可能になっているため、これまでとはまた違った自撮りというものができます。

またバッテリー持ちも高く評価されており、高性能コンパクトモデルであり電池も1日中使えるスマホということでその使い勝手の良さというのは大変優れた存在になっています。女性なんかにはそのデザインや機能というのはかなり求めているポイントと近くなってくるのではないでしょうか。

普通の高性能スマホが最安価格での機種変更ができるようになっているため、Xperia XZ1 compactはこれから契約するスマホの中でオススメの1台として挙げることができます。

機能豊かたな一括648円:割れないスマホarrows NX F-01K

  • 最安の一括648円
  • 割れない耐久性の高さ
  • Snapdragon 660機種
  • Exliderを中心にオリジナル機能

富士通のスマホの中では最も高性能でバランスの良い機種

もう一つ2月8日から値下げによって実質から一括価格へと変更され、最安の648円で契約できるスマホとしてラインナップされているのがこのarrow NXです。

こちらもXperia XZ1 compactと同じように「普通のスマホ」が一括648円という特価販売されているモデルとなっています。

ただこちらのarrows NXは性能はそこまで高くないために、単純な性能比較ではXperia XZ1 compactに劣るという弱点を持っています。

Snapdragon 835のXperiaに対して、arrows NXはSnapdragon 660となり、Antutuのスコアも13万点ギリギリといったところのためにゲームなどの用途にはそこまで向いていません。

といってもゲーム以外の操作であれば十分に快適サクサクな操作をできるようになっているため、そこまで高い性能を必要としていないようであれば問題はないでしょう。

arrows NXはそうした性能よりも独自の機能や特徴の方に力を入れており、そちらに魅力を感じるのであればあえて性能の高いXperiaではなくarrowsの方を選ぶというのも十分に良い選択です。

arrows NXには、

  • 割れない機能
  • フレーム一体型アブショックフロントホルダー
  • 画面保護フレーム(フチ高3mm)
  • ゴリラガラス5採用
  • MNIL規格準拠

といった「割れないスマホ」としての特徴が用意されています。

加えてオリジナルなハード・ソフトウェアとして、

  • Exlider
  • スライドイン機能・スライドインランチャー
  • ATOL for ULTIAS
  • シンプルホーム用意

といった使いやすさを重視させた機能というのが用意されています。

性能ではなくこうした付加価値的な機能による使いやすさといったところを重視するならarrows NXはXperia XZ1 compactよりもオススメしやすい機種です。

5インチの大画面というところもXperia XZ1Cにはなかったところなので、大画面高機能スマホとして購入できる648円機種として後悔のしにくい契約となっています。

性能よりも割れにくさや使いやすさの機能を重視するならこちらです。

高機能高性能な一括10368円:隙のない万能スマホV30+ L-01K

  • 一括10368円
  • Snapdragon 835
  • 6インチ有機EL、18:9ワイドディスプレイ
  • 広角カメラ・DAC・スマートドクター等の高機能性
  • バッテリー持ちの良さもあり隙のない1台

ここからは648円の次に安い価格帯になっている10368円の価格をつけるスマホを紹介していきます。

10368円スマホの中で一括価格で契約できた上にこれまで紹介してきたスマホにはない特徴を持った機種としてV30+が挙げられます。

V30+はXperia XZ1Cと同じSnapdragon 835という高性能SoCを搭載しています。これだけならXperiaとは性能自体は大きく変わらないため、1万円差が大きいと感じられてしまいますが、V30+はXperiaとは違ったポイントとして有機ELの6インチという大画面ディスプレイを搭載、しかも18:9のワイドディスプレイとなっているために、またXZ1Cとは異なる特徴を持っています。

さらに多機能という点でもV30+は優れており、

  • デュアルレンズで標準+広角カメラ撮影が可能
  • スマートドクターでバッテリーやメモリ周りの最適化が容易
  • DAC搭載によって音質の向上
  • 画面上にショートカット可能なフローティングバーを設置可能

といったXperiaやその他のスマホにもないような機能を用意しています。

648円ではないものの、一括10368円という価格がコスパが良く感じられる性能及び機能を持ったスマホとなっているので、より万能性が高く非常に良い形のバランスの良いスマホが欲しい場合にはこのV30+をオススメできます。

特に広角カメラはSNSなんかに、有機EL6インチディスプレイとDACは映像コンテンツと相性が良いために、スマホとしてもっと多くのことを楽しめるようになっています。

またSnapdragon 835機種特有のバッテリー持ちの良さというのもしっかり身に付けており、Xperia XZ1C同様に充電なしでも丸1日余裕を持って利用できます。

性能自体はXZ1Cと大きく変わらないですが、10368円という金額を払うだけの価値がある多機能性が魅力のスマホとなっているので、購入資金に余裕があるようならこちらはまず一つ購入を考えてもらいたいスマホです。

最高性能の実質10368円:ハイエンドモデルでコスパの良いGalaxy S9 SC-02K

  • 高額月々サポートで実質10368円
  • Snapdragon 845
  • ゲーミング性能が高くカメラも高画質
  • 大画面有機ELながら軽さと持ちやすさも備わる

ここからは実質価格の機種の紹介になります。

一括契約はないものの、24ヶ月の利用を前提とした実質価格で10368円という価格をつける機種というのも今出てきています。

その中でも特に性能が良い機種として「Galaxy S9 SC-02K」があります。こちらはSnapdragon 845という現行では最新性能のSoCを使ったスマホになっています。Antutuのスコアでは非常にパワーのある28万点というモンスタースペックっぷりを見せており、性能を考慮した時にこの10368円というのは安すぎると感じられるほどのコスパの良さを持っています。

ここまで紹介してきたスマホが13~18万点ぐらいの性能であるため、そこから10万点近く処理能力を上げてきていながら実質10368円という安さを実現したGalaxy S9は本当に驚異的なコスパを持った機種となっています。

Snapdragon 845は2019年2月現在でAndroidに使われるSoCとしては最上位モデル。そのためゲーミング性能なんかは飛び抜けており、スペック不足で遊べないゲームといったものがないレベルです。

ディスプレイは有機EL、5.8インチながらディスプレイが曲がっているため幅は68mmに抑えられていて持ちやすさがあります。

カメラもスマホのレンズの中では最も明るいF値のレンズを用意し、少ない光でも被写体をはっきり写すことができるようになっています。

ゲームやカメラといったところの性能が高いために長期間支障なく使い続けられるという良さを持ったスマホです。

現状ほぼ最強のスペックスマホが実質とはいえ10368円となっているため、特にパフォーマンスの面で優れたコスパ最高機種となっています。

性能を考えたらめちゃくちゃ安くなっているスマホです。一括契約ではない24ヶ月利用前提の安さですが、それでも大丈夫なようなら最もオススメな高性能スマホの一つです。

スマホ最高のカメラ性能が実質10368円:カメラスマホとして最強なP20 Pro HW-01K

  • 高額月々サポートで実質10368円
  • Kirin970+RAM6GB(Antutu20万点ほど)
  • とにかくカメラ性能が良い
  • カメラ込みで考えた時のコスパが最強

スマホ機能の中でカメラを使う頻度が高いならこれしかないレベル

最後に紹介するのはHuawei P20 Pro HW-01Kです。

こちらもGalaxy S9と同じく24ヶ月の利用を前提とした実質10368円スマホです。

SoCにはSnapdragon 845ではなく、Kirin 970をつかっておりRAMは今回紹介しているスマホの中で最大の6GBを有しています。AntutuベンチマークではSnapdragon 845には劣るものの、Snapdragon 835を超える20万点ほどのスコアを付けているため、性能面で文句はないスマホです。

ただこのP20 Proに関しては単純なスマホとしての性能についてみるべきところは多くなく、最も注目すべき点としてそのカメラの能力にあります。

P20 Proはスマホの機能の中で特にカメラ機能をよく使うという人であれば、今回紹介したどのスマホよりも選ぶべき価値のあるスマホです。

P20 Proのカメラは今一番カメラレビューサイトの中でも評価軸にされているDxOMarkにおいても、iPhone XS(105点)やGalaxy Note9(103点)といった名だたるハイスペック機種を抑えてカメラの性能に関してはMate 20 Proと同率で1位となる109点を記録しています。

特に夜景撮影についてはノイズも少なめでありながら、黒く潰れることも白く飛ぶことのないかなり安定した絵を作ることができるようになっています。

コンデジレベルのカメラなら不要になるぐらいにスマホカメラとしては非常に性能の高いものを持っているため、スマホ+カメラが一体になった機器として考えると価格が実質10368円というのは他のスマホ機能が中心の特価と比べてもよりコストパフォーマンスの高さといったところを感じられる内容になっています。

スマホとしての性能も高いためにそれだけで実質10368円というのは破格の安さをつけているわけですが、そこにP20 Proの場合はカメラの性能が高いといった他にはない付加価値の高さというのも持っているため、実質10368円でこれが買えてしまうというのは破格中の破格です。

単純にスマホとしてはGalaxy S9のほうがゲームなどがしやすくなっているものの、カメラの方により価値を感じるのであればこのP20 Proの方が圧倒的に価値のある買い物になるはずです。

こうした写真が撮れるというところに魅力を感じるのであれば、P20 Proは今回の安売りスマホの中でも特段にオススメしたいカメラスマホです。

その他安売り機種

その他にも安売りされている機種がありますが、特に触れるべきところが少ないものなのでこちらでまとめて確認してもらえれえば。

  • Xperia XZ1:同価格ではV30+のほうが機能面で優れているのでそちらを優先的に考えたい。16:9ディスプレイの大画面モデルが欲しいならあり
  • Xperia XZ2 compact:性能ではGalaxy S9、カメラではP20 Proに劣ってしまう。サイズ感がコンパクトで良いために、そこに魅力を感じるのであれば十分にオススメできる機種
  • Xperia XZ2:若干高めの価格設定、それに端末自体が重いということであえて選ぶほどではない
  • AQUOS R2:若干高めの価格設定、これといって特筆すべき特徴がない。無難な1台ではあるもののそれならGalaxy S9やP20 Proでも代替可能ではある

Xperia XZ1は上位互換的なV30+の存在があるため目立たず、Xperia XZ2 compactもサイズ以外はこれと言って目立たないためにあえて推しづらいのが正直な感想です。

値下げ終了に伴う値上げ前に!安くなっている機種への変更をオススメ

4月以降、分離プラン導入が加速していくことによってスマホに対する値下げというのがなくなってきてしまいます。

そのためこの2月3月といったキャリアからの値下げ・安売りが続いている間に機種変更できる人は機種変更しておいた方がいいでしょう。

  • 前回の機種変更から24ヶ月近く経過して月々サポートが無くなっている・残り少ない状態
  • 去年の端末購入サポート機種の契約から14ヶ月以上経過して解除料がかからない状態

こうした状態であるならば今のうちに機種変更をしておかないと後々後悔してしまう可能性があるため、値下げ終了前にコスパの良いこれらの紹介したスマホ契約を手にしてもらえたらと思います。

 

iPhone 8/iPhone Xの契約から頭金がかかるって知ってた?特にauやソフトバンクで問題になっているスマホの頭金問題。 これまでも度々その高額さや悪徳さ(?)といったものに批判が出ていました...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です