docomo

docomo、P30 Pro/iPhone 11/Xperia 5等を安売り

 

現状コスパ最強スマホのP30 Proの在庫がまだ手に入る

しかもそれに加えてiPhoneやXperiaまでほぼ無条件での値下げが実施

docomoは機種変更しやすくて素でいいわ・・・

 

ということでこれまで実施されてたP30 Pro/P20 Proの定価値下げ、それにiPhone XSの端末購入割引による値下げに追加機種の登場です。

今回も端末購入割引による値下げとなり、やはり同じような高性能なモデルを従来よりも買いやすく値下げをしてきています。

機種変更でも安く買える機会を何度も用意してくれるってdocomoは3キャリアの中でもかなり良いすよね・・・。

既に値下げされているP30 Proなどに加えて、4月17日10時から値下げ開始される機種をまとめて紹介。

iPhone 11やXperia 5が値下げスマホに追加 機種変更でほぼ無条件

iPhone XS 6456GB

端末購入割引
22,000円引き

機種変更一括57,200円

こちらのスマホの特徴

  • 機種変更かつiPhone XSでこの安さ
  • 一括57,200円と、性能で考えたら本当に特価レベルの安さ
  • iPhone XSならゲームも動画も余裕でサクサク遊べる
  • 2眼レンズで動画や夜景にも強い高いカメラ性能
  • 防水やおサイフケータイ(Apple Pay)はもちろん搭載、Face IDも

iPhone XS 256GB

端末購入割引
22,000円引き

機種変更一括61,160円

こちらのスマホの特徴

  • 機種変更かつ256GBでこの安さ
  • 一括61,160円と、性能で考えたら本当に特価レベルの安さ
  • iPhone XSならゲームも動画も余裕でサクサク遊べる
  • 2眼レンズで動画や夜景にも強い高いカメラ性能
  • 防水やおサイフケータイ(Apple Pay)はもちろん搭載、Face IDも

iPhone XR 64GB

端末購入割引
22,000円引き

機種変更一括53,240円

こちらのスマホの特徴

  • 機種変更かつiPhone XRでこの安さ
  • 一括53,240円と、性能で考えたら本当に特価レベルの安さ
  • iPhone XRはXS同等の性能なのでゲームも動画も余裕でサクサク遊べる
  • カメラ性能も高い
  • 防水やおサイフケータイ(Apple Pay)はもちろん搭載、Face IDも

Huawei P30 Pro

定価値下げ

機種変更一括48,312円

こちらのスマホの特徴

  • ハイエンドモデルなのに48,312円という破格すぎる安さ
  • カメラ性能ではdocomoスマホどころか全スマホの中でもトップレベル
  • 高性能なのにバッテリー持ちがかなり良く、こちらもハイエンドモデルの中でトップレベル
  • 防水やおサイフにも対応して海外モデルよりも使いやすい
  • カメラ含めて万能性が高いスマホ

P20 Pro

定価値下げ

機種変更一括30,096円

こちらのスマホの特徴

  • 性能がかなり良いのに価格がミドルレンジ級の30,096円
  • Antutu20万点以上なので性能面は本当に不足がない
  • カメラ性能が高くてこの価格帯で買えるスマホの中ではトップクラス
  • バッテリー持ちも高いために長期間使っても安心できる

iPhone 11

端末購入割引11,000円引き

機種変更一括76,120円~

こちらのスマホの特徴

  • iPhone 11各容量が11,000円引き
  • 最安では76,120円とかなりのコスパが良い価格に
  • 性のはiPhone 11 Proと一緒
  • 望遠レンズ無し、有機ELではないという差しか11 Proとはない
  • それで約4万円近い差額で安く買える

iPhone 11 Pro

端末購入割引11,000円引き

機種変更一括115,720円~

こちらのスマホの特徴

  • iPhone 11 Pro各容量が11,000円引き
  • 最安でも10万円を超える
  • iPhone 11にはない望遠レンズ、有機ELディスプレイを採用

Xperia 5

端末購入割引11,000円引き

機種変更一括76,912円

こちらのスマホの特徴

  • スナドラ855で7万円台
  • 21:9のディスプレイでスマホ向けのコンテンツと相性が良い
  • 比較的軽くて横幅も狭く持ちやすい
  • デザイン面ではXperia 1以上にスタイリッシュさが増している

Galaxy S10

端末購入割引11,000円引き

機種変更一括79,288円

こちらのスマホの特徴

  • スナドラ855でほぼ8万円
  • 軽くて大画面、しかも持ちやすいために使っていて快適度が高い
  • 機能も充実しており万能性は高い
  • ただしバッテリー持ちは弱点

AQUOS zero2

端末購入割引11,000円引き

機種変更一括76,912円

こちらのスマホの特徴

  • スナドラ855で7万円台
  • 141gと6インチを超えるモデルでは最軽量
  • 疑似240Hzの高リフレッシュレートを実現
  • ただし横幅はあるので持ちやすさには欠ける

 

相変わらずヤバいP30 Pro/P20 Proの値下げは、継続中な上に在庫も結構復活してくるためにまだまだ買いやすいはず。

価格の安さ、性能の良さ、カメラの良さ、バッテリー持ちの良さを兼ね備えた本当にコスパ最強のスマホなんで、在庫があるならまずこちらを。

後継機を扱わないからこんな投げ売り価格にされてますけど性能考えたらこれ安すぎでしょう、どっちも。

この2つが凄いのはキャンペーンの値下げじゃなくて定価値下げってところ。
だから条件とかほとんどないのが大きいです。

 

P30 Proはスナドラ845~855級の性能を持っており、その割に発熱もバッテリー持ちも非常に優秀。さらにカメラ性能がめちゃくちゃに高すぎるため、このカメラだけでも価格分はあるんじゃないかという機種です。
価格自体は劇的に安いわけではないものの、スマホ性能・バッテリー性能・カメラ性能といったところを全て考慮すれば5万円以下で買えるこの価格は安すぎます。

iPhoneほどの人気はないですが、コスパの最強すぎる価格変更になっており古いAndroid使っているなら絶対に買い替え推奨したい。そんな特価かつ高性能スマホです。

P20 Proはスナドラ835~845級の性能を持つスマホ。こっちも性能がいいだけでなくバッテリー持ちが良いというP30 Proと同じ特徴をもってます。
カメラも良いものの、少し彩度高めな写真が撮れてしまうので自然派の人は断然P30 Pro。Twitterとかインスタ派はP20 Proといった感じ。

性能が高いのに価格がほぼ3万円ちょうどというのはやっぱりこちらもコスパが良すぎる契約に。極端に安くないものの下手なミドルレンジスマホを買うなんかよりよっぽどお得です。

この2つの安さはほんとに凄い。

 

カメラ性能だけでもP30 Proなんかは5万払っても良いと思えるレベルなんで、それが全部込みで5万円以下は反則な投げ売りでしょう。
Androidユーザーなら買い替えといたほうがいいです。マジオススメの1台なんで。

 

iPhone 11とiPhone XSも安くなってて普通にコスパ良いのは強い。

機種変更で5万円台から7万円台で高性能iPhoneが契約できてしまうのは普通に特価でしょう。

後述しているeSIM対応の楽天モバイル UN-LIMITと合わせることでデュアルSIMにすることも出来てしまうんで、それ込みで考えてもこの2つのiPhoneの安売りは狙っていきたいです。

特にiPhone 11が8万円以下になってるのは普通にお買い得かと思いますけどね。グリーンカラーが安くなってるのは神じゃないでしょうか。

まあiPhone SEの価格見ちゃうとあれですけど。

 

iPhoneの値下げと共にスナドラ855スマホ3機種も値下げで8万円以下。

どれも軽い機種となってるんで、扱いやすいスマホであるのは間違いないです。

特にバッテリー持ちがこの中では良いXperia 5がオススメとして第一候補になるかと思います。

最新のGalaxy/Xperia/AQUOSがどれも10万円以上になってくることを考えたら、そこまで体感性能が変わらないで安く買えるのは中々の内容でしょう。

 

まあどれも機種変更でこの価格になるということを考えたらかなりの安さであることは間違いない件。

在庫はiPhone XSとP20 Pro、たまにP30 Proは無くなりがちだけど、その他はある程度余裕があるんで購入したいスマホに応じて動くタイミングを考えてもらえれば。

iPhone XR以降を1年間無料でデュアルSIM化できる楽天モバイル UN-LIMITも一緒に契約しておくべき!

もしもiPhone XR以降のスマホ、

  • iPhone XR
  • iPhone XS/XS Max
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro/Pro Max
  • iPhone SE(2020)

を契約・購入する場合には、そのiPhoneを更に便利にしてくれる楽天モバイル UN-LIMITも一緒に契約すべきです。

というか絶対に契約しておいてください。

なぜこれらのiPhoneと一緒に楽天モバイル UN-LIMITを契約すべきなのかというと、どちらもeSIMに対応しているからです。

このeSIMは物理SIMを使ったまま追加できるようになっているんで、eSIM側に契約を加えることによってこれらの対応iPhoneはデュアルSIM化が可能になります。

つまりこの楽天モバイル UN-LIMITの契約を今回契約したdocomoのiPhone XR以降の機種に追加すれば、デュアルSIM iPhoneというこれまで以上に便利な使い方が出来るようになります。

 

しかもこの楽天モバイル UN-LIMITは

1年間無料

で使えるという特徴を持っています。そのため1年もの間、支払い金額が変わらないのにデュアルSIMでiPhoneを使い続けることが可能なわけです。

その他にも楽天モバイル UN-LIMITには、

  • 1年間無料
  • 楽天エリアでの通信は無制限(1日10GBを超えると当日は1Mbpsの速度規制、翌日解除)
  • 楽天エリア圏外のところはauの回線にローミングして繋がる
  • auエリアでの通信は5GB/月
  • auエリアで通信量を使い切ったら1Mbpsの速度規制、当月末まで
  • Web申し込みで3,000楽天ポイントが貰える

といった1年間無料以外にもお得すぎる契約回線となっています。

特にデータ通信量が実質的に使い放題というのはデカいです。速度規制されても1Mbpsまで出せるんで、普通のスマホとしての用途だったらauエリアでもほぼ無制限で使い放題ということになります。

これだけのコスパ最強回線を1年間無料でiPhoneに加えてデュアルSIM運用ができるため、iPhone XR以降のモデルを契約したら必ずこちらも申し込むべき、です。

特に今回はdocomoのiPhoneのため、docomoの契約と両立させてeSIMを加えることによって

  • docomoエリア
  • 楽天エリア
  • auエリア

で繋がる最強クラスのiPhoneへと進化させることが出来ます。

これならどれかのキャリアが通信障害になっても余裕で別のエリアを使ってスマホの通信を利用することが出来るでしょう。

便利なだけじゃなく通信障害にも強くなってくれるので、この楽天モバイル UN-LIMITはeSIM対応したiPhoneを契約したら必ず一緒に契約しておきましょう。

無料で使えるのですからほとんどデメリットはありません。

むしろメリット多すぎて「これ無料で使えちゃっていいの!?」っていうレベルです。

キャンペーンが終了する前に、iPhoneと共にこちらの楽天モバイル UN-LIMITは申し込んでおきましょう。

楽天モバイル UN-LIMITがガチで神回線すぎる iPhone利用方法を公式が案内、『実質マイナス1,000円スマホ』もあり 三木谷さま神過ぎるでしょ・・・ もうヤフーショッピング使いません・・・ いや、マジで楽天モバイル UN-LI...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です