docomo

2019年5月中に契約しておきたい特価スマホ・格安SIM契約のまとめ【docomo/UQモバイル】

 

280円運用のiPhoneも1万円のスナドラ845機種も5月で終わるよ~

 

docomoの新プラン開始、学割終了といったところでスマホ界は6月より大きな環境変化が起こりそうです。

特にスマホの安売りは分離プランの開始直後ということで自主規制的な感じでしばらくは目にできないものになる可能性があります。

そうした中でこの記事を書いている5月中ならばまだ高額な値引きを可能にしている割引付きの契約というものが出来るようになっており、安くスマホを買いたいのであればこの5月中ならば多くの案件が揃っています。

 

スマホ界は夏モデルに盛り上がっていますが、そうした高額機種よりも型落ちでもいいから安さを重視して契約したい、という人はこの5月中であれば割引施策によって安くなっている機種と言うのがあるため、そちらを狙う事で6月以降の端末代の値上げというものに対処できるかと思います。

5月ももうまもなく終わってしまいますが、6月には買えなくなるお得な安売りを中心にこの5月中に契約しておくべきスマホというものをピックアップしておきました。夏モデルよりも安価な機種を購入したいという人は、こちらのピックアップ機種を5月中に買っておくと結構満足のいく契約というものができると思います。

ぜひ参考にしてもらえれば。

docomoは新プラン開始・従来割引廃止で安く買いたいなら5月中

今回の5月中に安く契約できるスマホ、に関する話題の中心はdocomoです。

docomoでは6月から新プランのギガホ・ギガライトの受け付けが開始、それに伴い従来のカケホーダイプランの受け付けが停止してそこで利用されていた割引といったところも廃止となります。

docomoではこうした5月と6月で全く契約できるプランや割引といったものが異なるものになるという、大きな変化というものが起きてしまうため、5月に契約できる内容と6月に契約できる内容というものが大きく異なってきます。

特にスマホ端末を安く買いたいとなると、プランを安くする方に力を入れている6月からの契約よりも端末値引きに力を入れている5月の方が良いタイミングになります。

というわけでそんな5月中に安いdocomoスマホについてをいくつかまとめました。

iPhone XRの新規契約+学割で280円(5月26日まで)

5月中の安売りの中でもコスパの「パフォーマンス」の部分で満足できる契約が可能になっており、さらに25歳以下のユーザーが契約を行うと1年間のみではあるものの驚異的な安さで利用できるというのがiPhone XRです。

このdocomoのiPhone XRは安く契約するのにいくつか条件があります。

価格は

  • 新規契約時のみ一括25920円(ドコモオンラインショップ限定特典5184円引きを適用時)

維持費も安くするには

  • 25歳以下で学割適用

という条件が必要になってきます。

安く買うだけなら新規契約だけでいいですが、維持費をより安いものにしたいのであれば25歳以下だと学割が適用することが出来て低維持費を実現できます。

25歳以下が新規契約をした場合、iPhone XRが一括25920円で契約できた上で最安の維持費が280円になる、という契約を実現可能です。

 

新規のみとは言えiPhone XRの一括25920円は間違いなく特価でしょう。

この価格は端末購入サポートによる特価となるため、14ヶ月間の短期契約解除料縛りというものが存在しますが、ぶっちゃけ一括3万円以下で買えるのであれば端サポの縛りとか大したもんではないでしょう。

端サポ同様5月31日に受け付けが終わる学割も利用できれば子回線280円運用というものが出来るために、25歳以下のユーザーであれば新たに回線契約をしてサブ的な使い方や思い切って電話番号を変えてしまうという使い方も良いと思います。それだけの価値がある契約です。

5月中の契約かつ審査にはある程度時間がかかってしまうため、オンラインショップ限定特典の5184円引きを適用させて契約したい場合には早めに契約を済ませておく必要があります。

その点だけは注意してください。

まず5月中に契約してもらいたい特価iPhone契約となっています。

※なおこちらの「新規」契約は5月26日までのドコモオンラインショップ受付となっており、以降は新規契約は6月の新プラン導入まで受付ができなくなります。

そのためこちらの新規一括iPhone XRを契約できるのは26日までとなるので注意してください。

より詳しい内容はこちらの記事を参考に。

ドコモの学割+iPhone XRの組み合わせ 25歳以下ならあえて新規280円運用で追加するのもありドコモの学割を活かしたiPhoneの格安購入術というのを考えてみたいと思います。 25歳以下であれば普通にdocomoで機種変更す...

Xperia XZ2 compact SO-05Kが機種変更一括10368円

docomoで機種変更をするならこちら。

機種変更という契約方法であることを考えれば、iPhone XR特価以上のコスパの良さにあると言えるのがXperia XZ2 compact SO-05Kの契約です。

こちらのXperia XZ2 compactはやはり端末購入サポートの適用になりますが、機種変更でもなんと一括10368円。

スナドラ845の高性能モデルがこの価格はコスパが良いなんてもんじゃないでしょう。

機種変更でこの価格でこの性能のスマホが手に入ったら数年は買い替えの必要を感じさせないレベルになっています。

5月中の特価スマホとしては買いやすくスマホの性能・評価も高いものになっているため、機種変更でとにかく安くて良いものを、と考えていたならばこちらはオススメです。

在庫も比較的にまだ残っているために駆け込み的でも契約することが出来ます。端末購入サポートの14ヶ月の縛り期間が終わったら新プランに切り替えることで、人によってはより安い維持費で使えるというメリットも用意されています。

【2020年8月1日更新】docomoの値下げで安いiPhone・スマホ一覧【機種変更/MNP/新規】docomoが現在安売りしているスマホ、値下げしているスマホについて、その対象機種の価格と契約方法についてまとめました。 doco...
docomoのXperia Ace SO-02LよりもXZ2 compactの方が機種変更するなら良いのではないか問題 5月中にのみ通用する話題になりますけど docomoの夏モデルが発表されましたがその中で特にハイエンドモデル・フラ...

繰り返しになりますが、こちらの一括契約は、「端末購入サポート契約」という形になります。

そのため一括で安く契約できる条件として「14ヶ月間の短期解約および短期での機種変更を行ったら端末購入サポートの契約解除料が発生する」というのが付けられています。

こちらは14ヶ月以上継続して利用すれば全く問題ないのですが、それより短い期間で解約や機種変更をしてしまうと、約3~5万円ほどの解約金同等の契約解除料が発生してしまいます。

なのでこちらのXperia XZ2 compactを契約する場合は、最低でも14ヶ月は継続して利用する必要があります。

夏モデル以降にも適用できるdocomo with契約ができるのも今月まで

docomo withも5月中で新規受付が終了。

これまでのカケホーダイ系のプランで家族複数人でシェアする形に満足していたユーザーにとって、割引が長期間続くdocomo with回線の確保というのはこの5月中にしかできません。

親回線に対して割引を積み増すほどの割引金額にはなりませんが、最安維持費280円が2年間のみならずずっと続くという長期的な格安回線を子回線として複数持つことが出来ます。

このdocomo withを中心とした回線運用を行うことによって、カケホーダイ系の従来プランは安く回線をシェア出来ていたわけですが、そうしたdocomo withを回線に適用できるチャンスというのも5月までとなっています。

このdocomo with回線を今のうちに作っておくことは今後のためにもメリットがあります。

そのメリットとは「分離プラン後のスマホ購入、2019年夏モデル以降のスマホ購入においてdocomo withを維持したまま機種変更が可能」という点です。

今のうちにdocomo withを契約しておけば、夏モデル以降のスマホの購入には新プランへの変更が条件にはならないため、docomo withの1500円引きを従来のプランに適用させたままに新機種を利用することが出来るようになるわけです。

 

docomoは分離プラン移行後のスマホ価格というのをこれまでよりも割安にしてきているため、そうした安いハイエンドをdocomo withの安い回線で使うことができるというのはかなり大きなメリットになるでしょう。

こうしたdocomo withを契約できるのも5月まで。新プランよりもカケホの方が合っている、安くなるという場合には複数回線においてdocomo withを適用させておくといいでしょう。

オススメ機種辺りはこちらから

docomo withスマホ比較とオススメランキング 2019年280円から利用できるdocomo withスマホについて、どのスマホが最も使いやすいのかということをオススメランキングとして紹介してい...

UQモバイルキャッシュバック内容が劣化?

基本的に5月中に契約しておけ!と言えるのは大きな変化が起こるdocomoが中心となります。

その中でUQモバイルのキャッシュバックが5月中と6月(正確には6月3日から)で金額が異なってくることになるため、5月中に契約しておいた方がキャッシュバックが高い状態で契約することが出来ます。

正確な金額の変化は不明ですが、プランSでも1万円キャッシュバックを受け取れていたこれまでとは違い6月3日以降は金額が下がることが予想され1万円に満たない可能性があります。

このためUQモバイルを契約するのなら5月中か6月1,2日までがより高額なキャッシュバックが貰える期間と考えておきたいものになります。

機種によってはキャッシュバックによって実質0円やそれ以下での契約というものが出来るようになっているため、オトクな形で格安スマホを契約したい人はキャッシュバックが高いうちに契約すべきでしょう。

キャッシュバック等に関する情報はこちら。

https://smakoji.info/archives/5603

 

5月と6月で大きな変化が入るdocomo中心の内容にはなりますが、こちらが5月中にスマホを契約するのならば逃したくない特価案件ということになります。

安さを重視するならiPhone XRやXperia XZ2 compact、将来の維持費も安いままにしたいのであればdocomo withといった契約をしておきたいところです。

5月中の契約、スマホ端末を安く契約したいならこれらの契約内容がオススメです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です